ゆうちょATMの振込手数料が有料化!オンライン移行が目的?

2020年4月1日から、ゆうちょ銀行のATMからの振り込み手数料が有料化されます(参考: ゆうちょ銀ATM送金 初回から有料 通帳の再発行も 4月から)。

これまでゆうちょ銀行のATMは、ゆうちょ銀行口座宛の振り込みは月1回まで手数料が無料でした

しかしながら2020年4月以降は、回数に関わらずに毎回手数料¥100が発生するようになります。

このように、ゆうちょATMの振込手数料が有料化されることになります。

一方で、ゆうちょ銀行のネットバンク版である「ゆうちょダイレクト」は、これまで通りゆうちょ口座宛の振込手数料が月5回まで無料となっています。

このことから、おそらくゆうちょ銀行はATMの利用をやめさせてネットバンクへ移行させたいという狙いがあるように見えます。

銀行を巡っては、最近は他の都市銀行も支店を閉鎖する動きが増えています(参考: 店舗消滅!「駅前の光景」が“荒廃”するこれだけの理由 )。

ゆうちょ銀行も、今後はオンラインのネットバンクへと移行していくのでしょうか。

ゆうちょATMの振込手数料が有料化

2020年4月1日より、ゆうちょ銀行ATMの振込手数料が有料化されます。

これまでは、ゆうちょ銀行ATMを使ってゆうちょ銀行口座宛に振り込みをすると、月1回までは手数料無料、2回目以降は¥125でした。

そのため、ちょっとゆうちょ口座宛に振り込みを用があった時に、ゆうちょATMを使って振り込みをしていた人も多かったと思います。

ところが20年4月からは、ゆうちょATMを使ってゆうちょ口座宛に振り込みをすると、問答無用に手数料が取られてしまうようになるので注意が必要です。

ゆうちょダイレクトを使おう

では、ゆうちょ銀行口座宛に振り込みをしたい場合はどうすればいいかと言うと、「ゆうちょダイレクト」を使う方法がオススメになります。

「ゆうちょダイレクト」では、ゆうちょ口座宛の振り込みが月5回まで無料となっています。

「ゆうちょダイレクト」は、スマホやパソコンなどから利用できるので、ネットにさえ繋がればどこからでも利用できます。

「ゆうちょダイレクト」は、ゆうちょ銀行のネットバンク版で、ゆうちょ銀行の口座を持っている人であれば誰でも利用できます

「ゆうちょダイレクト」を利用するためには、ウェブからゆうちょダイレクトに申し込みをして、名前、生年月日、口座情報等を入力してワンタイムパスワードを入力すれば利用できます。

ウェブサイト: ゆうちょダイレクトのお申し込み

また、「ゆうちょダイレクト」に申し込みをすると、スマホアプリの「残高照会アプリ」から口座の入出金照会をチェックできるので便利です。

このように、ゆうちょ口座宛に振り込みをする場合は、「ゆうちょダイレクト」を利用しましょう。

ゆうちょはATMをやめたい?

ここで、「どうしてゆうちょはAMTの振込手数料を有料化するの?」というのが疑問になると思います。

その理由としては、銀行業界全体の収益悪化や、事務コストが増えていることが原因と言われています。

中でも、ATMは1台あたりの維持コストが月30万円ほどかかると言われてます(参考: 銀行ATM、月30万円の維持費が重荷 共通化の時代へ)。

月30万円となると、人を1人雇えるくらいの額なので、なるべくATMを設置する台数を減らしたいと考えるのは合理的だと思います。

おそらく、今後はATMの振込手数料を有料化し、少しずつ値上げすることで、ATM利用者をオンラインのネットバンクへ移行させるのが狙いだと思います。

もちろん、現金を出し入れするためにはATMが必要なのですが、そこはデビットカードやクレジットカード、あるいは最近流行りのQR決済を使わせてキャッシュレスを普及させることで現金の利用を減らしていくのだと思います。

おそらくATMが完全に無くなることはないと思いますが、それでも設置される数は減らしていって、最終的に郵便局に1台あるかないか程度になるのではないでしょうか(郵便局自体の数も減らしていく可能性あり)。

▼目に優しい「Kindle Paperwhite」もオススメです

created by Rinker
Amazon
¥13,980 (2020/09/29 02:10:37時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『ゆうちょATMの振込手数料が有料化!オンライン移行が目的?』についてご紹介しました。

このように、ゆうちょ銀行ATMからゆうちょ口座への振込手数料が有料化されるので、手数料を払いたくない場合はオンラインである「ゆうちょダイレクト」を利用しましょう。

また、「ゆうちょダイレクト」に登録すると、アプリで口座の入出金照会も利用できるので、紙の通帳に記入することが不要になります。

ちなみに、ゆうちょのネットバンクには紙の通帳と併用する「ゆうちょダイレクト」と、紙の通帳を廃止する「ゆうちょダイレクト+」の2種類があるので、紙の通帳を使いたいか、無くしたいかで最適な方を選択しましょう。

皆さんも、「ゆうちょダイレクト」を使って、ゆうちょ銀行の振込手数料を無料にしてお得に利用しましょう。