「Apple TV+(プラス)」のおすすめ6選!面白い作品を紹介

今回は、「Apple TV+(プラス)のおすすめ」についてご紹介します。

2019年11月より、アップルの定額動画配信サービスである「Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)」が始まりました。

「Apple TV+」は、月額制でアップルが制作するオリジナル作品が見放題になるサービスです。

すでに、「Apple TV+」の作品はゴールデングローブ賞にノミネートされたり、辛口レビューサイトのロッテン・トマトズのオーディエンススコアでも80〜90%を獲得するなど高い評価を得ています。

そんな中、「Apple TV+(プラス)の面白い作品は?」、「Apple TV+(プラス)のおすすめは?」と気になっている方も多いと思います。

そこで今回は、「Apple TV+(プラス)のおすすめ作品」について見ていきましょう。

「Apple TV+(プラス)」のおすすめ6選

Apple TV+とは?

Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)」とは、アップルの定額動画配信サービスです。

「Apple TV+」は、月額¥600(税込)でアップルが製作するオリジナル作品が見放題になります。

また、対象のアップル製品を購入するとApple TV+が1年間無料になるキャンペーンも行われています(参考: 「Apple TV+」に無料で登録・入会する方法と注意点)。

「Apple TV+」は、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV、PC(ブラウザ)、スマートテレビなどに対応しています。

「Apple TV+」では、毎月新作が追加されていて、全て広告なしで視聴できます。

さらに、4K HDRに対応しているので、「Apple TV 4K」、「Mac」、「スマートテレビ」などを使えば4K HDRの高画質で視聴することもできます。

Apple TV+(プラス)のおすすめ1. ザ・モーニングショー

1つ目のApple TV+(プラス)のおすすめは、「ザ・モーニングショー」です。

「ザ・モーニングショー (The Morning Show)」は、テレビ局内で起こったセクハラ問題を題材にした物語で、Apple TV+で2019年11月1日より配信開始されました。

「ザ・モーニングショー」は、シーズン1が全10話で構成されていて、レーティングはR18+指定となっています。

監督は、ミミ・レダー、デヴィッド・フランケル、リン・シェルトン、タッカー・ゲイツ、ロクサン・ドースン、ミシェル・マクラーレン、ケヴィン・ブレイらが務めています。

キャストには、「フレンズ」、「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」などのジェニファー・アニストン、「わたしに会うまでの1600キロ」、「ビッグ・リトル・ライズ」などのリース・ウィザースプーン、「リトル・ミス・サンシャイン」、「バトルオブセクシーズ」などのスティーヴ・カレル、「ウォッチメン」、「エイリアン コヴェナント」などのビリー・クラダップらが出演しています。

「ザ・モーニングショー」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは、93%となっています(参考: THE MORNING SHOW)。

また、「ザ・モーニングショー」は第77回ゴールデン・グローブ賞にノミネートされました(参考: Apple TV+の「ザ・モーニングショー」、ゴールデングローブ賞に複数ノミネート)。

このように、「ザ・モーニングショー」はApple TV+のおすすめ作品となっています。

Apple TV+(プラス)のおすすめ2. See 〜暗闇の世界〜

2つ目のApple TV+(プラス)のおすすめは、「See 〜暗闇の世界〜」です。

「See 〜暗闇の世界〜 (See)」は、人類が視力を失った世界の物語で、Apple TV+で2019年11月1日より配信開始されました。

「See 〜暗闇の世界〜」は、シーズン1が全8話で構成されていて、レーティングはR18+指定となっています。

監督は、フランシス・ローレンス、アンダース・エングストーム、ステファン・スージック、フレッド・トーイ、サリー・リチャードソンらが務めています。

キャストには、「ゲーム・オブ・スローンズ」、「アクアマン」などのジェイソン・モモア、「それでも夜は明ける」、「シビルウォー」などのアルフレ・ウッダード、「鑑定士と顔のない依頼人」、「ブレードランナー2049」などのシルヴィア・フークス、「アンナカレーニナ」、「移動都市/モータルエンジン」などのヘラ・ヒルマーの他にアーチー・マデクウェらが出演しています。

「See 〜暗闇の世界〜」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは、86%となっています(参考: SEE)。

このように、「See 〜暗闇の世界〜」はApple TV+のおすすめ作品となっています。

Apple TV+(プラス)のおすすめ3. フォー・オール・マンカインド

3つ目のApple TV+(プラス)のおすすめは、「フォー・オール・マンカインド」です。

「フォー・オール・マンカインド (For All Mankind)」は、もしもロシアが先に月面着陸していたら?という物語で、Apple TV+で2019年11月1日より配信開始されました。

「See 〜暗闇の世界〜」は、シーズン1が全10話で構成されていて、レーティングはR18+指定となっています。

監督は、セス・ゴードン、アレン・コールター、セルジオ・ミミカ=ゲッザン、ミーラ・メノン、ジョン・ダールらが務めています。

キャストには、「スーサイドスクワッド」、「オルタードカーボン」などのヨエル・キナマンの他、マイクル・ドーマン、レン・シュミット、サラ・ジョーンズ、シャンテル・ヴァンサンテンらが出演しています。

「フォー・オール・マンカインド」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは、87%となっています(参考: FOR ALL MANKIND)。

このように、「フォー・オール・マンカインド」はApple TV+のおすすめ作品となっています。

Apple TV+(プラス)のおすすめ4. 神話クエスト:レイヴンズ・バンケット

4つ目のApple TV+(プラス)のおすすめは、「神話クエスト:レイヴンズ・バンケット」です。

「神話クエスト:レイヴンズ・バンケット (Mythic Quest: Raven’s Banquet)」は、人気オンラインゲームの制作会社を舞台にした物語で、Apple TV+で2020年2月7日より配信開始されました。

「神話クエスト:レイヴンズ・バンケット」は、シーズン1が全10話で構成されていて、レーティングはR18+指定となっています。

監督は、デヴィッド・ゴードン・グリーン、トッド・ビーアマン、ロブ・マクエルヘンニー、LP、ピート・チャトモン、カトリオーナ・マッケンジーらが務めています。

キャストには、「LOST」、「ファーゴ」などのロブ・マクエルヘンニーの他にアッシュリー・バーチ、ジェシー・エニス、イマニ・ハキム、デヴィッド・ホーンズビーらが出演しています。

「神話クエスト:レイヴンズ・バンケット」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは、84%となっています(参考: MYTHIC QUEST: RAVEN’S BANQUET)。

このように、「神話クエスト:レイヴンズ・バンケット」はApple TV+のおすすめ作品となっています。

Apple TV+(プラス)のおすすめ5. ザ・バンカー

5つ目のApple TV+(プラス)のおすすめは、「ザ・バンカー」です。

「ザ・バンカー (The Banker)」は、実話から着想を得た投資家の物語で、Apple TV+で2020年3月6日より配信開始されました。

「ザ・バンカー」の上映時間は120分、レーティングは15+指定となっています。

監督は、「アジャストメント」などのジョージ・ノルフィが務めています。

キャストには、「パルプフィクション」、「アベンジャーズ」などのサミュエル・L・ジャクソン、「ハートロッカー」、「キャプテンアメリカ」などのアンソニー・マッキー、「X-MEN」、「マッドマックス 怒りのデスロード」などのニコラス・ホルト、「ボーイズ’ン・ザ・フッド」などのニア・ロングらが出演しています。

「ザ・バンカー」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは100%となっています(参考: THE BANKER)。

このように、「ザ・バンカー」はApple TV+のおすすめ作品となっています。

Apple TV+(プラス)のおすすめ6. アメージング・ストーリー

6つ目のApple TV+(プラス)のおすすめは、「アメージング・ストーリー」です。

「アメージング・ストーリー (Amazing Stories)」は、1980年代に放送されていた1話完結のSFテレビドラマの復刻版として製作され、Apple TV+で2020年3月6日より配信開始されました。

「アメージング・ストーリー」はシーズン1が配信中で、レーティングは12+指定となっています。

製作総指揮は、「ワンスアポンアタイム」などのエドワード・キッツィスアダム・ホロウィッツ、「ジュラシックパーク」などのスティーヴン・スピルバーグらが務めています。

監督は、クリス・ロング、シルヴェイン・ホワイト、スサンナ・フォーゲルらが務めています。

キャストには、「メイズランナー」などのディラン・オブライエン、「ワンスアポンアタイムインハリウッド」などのビクトリア・ペドレッティ、「イントゥザウッズ」などのハイレイ・キルゴア、「ブレイキングバッド」などのロバート・フォスターらが出演しています。

「アメージング・ストーリー」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは65%となっています(参考: AMAZING STORIES)。

このように、「アメージング・ストーリー」はApple TV+のおすすめ作品となっています。

Apple TV+を見るには?

「Apple TV+」を見るには、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV、スマートテレビに搭載されている「Apple TVアプリ (Apple TV App)」からアクセスします。

アプリはこちら: Apple TV App

または、PCのWebブラウザから視聴することもできます。

Webサイトはこちら: Apple TV+

「Apple TV+」は、月額¥600(税込)で見放題で視聴できます。

また、対象のアップル製品を購入するとApple TV+が1年間無料になるキャンペーンも行われています(参考: 「Apple TV+」に無料で登録・入会する方法と注意点)。

「Apple TV+」では、毎月新作が追加されることに加えて、広告なしで楽しむことができます。

また、ファミリー共有に対応しているので、1つの支払いでファミリー登録した6人まで視聴することができます。

ちなみに、「Apple TV+」のドラマはシーズン1のエピソード2まで無料で視聴できるので、気になっている作品がある場合は無料でお試ししてみるのもオススメです(参考: 「Apple TV+」で無料で見れるコンテンツ作品一覧!お試ししよう)。

「Apple TV+」は、「Apple TV 4K」や「スマートテレビ」を使うことでテレビで見ることもできます。

▼「Apple TV 4K」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥20,890 (2020/10/27 13:25:44時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『「Apple TV+(プラス)」のおすすめ6選!面白い作品を紹介』についてご紹介しました。

このように、「Apple TV+」には面白い作品が数多く配信されているのでオススメです。

また、「Apple TV+」は毎月新作が追加されるので、今後もさらに面白い作品が追加されるかもしれません。

すでに、「Apple TV+」のいくつかのドラマはシーズン2への更新が決まっているので、今後も楽しませてくれそうです。

皆さんも、「Apple TV+」でアップル製作のオリジナル作品の視聴を楽しんでみてはいかがでしょうか。