ハイセンスのテレビの動画配信サービス12選!2020年モデル

今回は、「ハイセンスのテレビの動画配信サービス」についてご紹介します。

ハイセンスの販売するスマートテレビには、「VIDAA」という独自のOSが搭載されていて、動画配信サービスを見ることができます。

ハイセンスの「VIDAA」は、2019年モデルは「VIDAA2.5」が搭載されていましたが、2020年モデルでは新しく「VIDAA 3.0」が搭載されています。

2020年モデルの「VIDAA 3.0」では、新たに利用できる動画配信サービスの数が増えています

そんなわけで今回は、ハイセンスの2020年モデルのテレビに対応している動画配信サービスについて見ていきましょう。

※今回紹介するのは、「VIDAA 3.0」を搭載するS6E、U7F、U8Fが対象になります。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス12選!2020年モデル

ハイセンスの「VIDAA」とは?

ハイセンスのスマートテレビには、「VIDAA」という独自のOSが搭載されています。

ハイセンスの「VIDAA」では、動画配信サービスやメディアプレーヤーなどを楽しむことができます。

「VIDAA」を搭載したテレビは、世界120カ国で販売され、2000万台以上のテレビにインストールされているようです(参考: ハイセンスがスマートTVプラットフォーム、VIDAA最新版の世界販売を発表)。

日本で2019年に発売されたハイセンスのスマートテレビでは、「VIDAA2.5」が搭載されていましたが、2020年モデルでは新たに「VIDAA3.0」が搭載されています。

「VIDAA3.0」では、新しく利用できる動画配信サービスが追加されています。

「VIDAA」では、利用できるアプリはプリインストールのみとなっているので、ストアから自由にダウンロードすることはできないようです。

それでは、実際に「ハイセンスのテレビの動画配信サービス」について見ていきましょう。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス1. Netflix

1つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「Netflix」です。

「Netflix (ネットフリックス)」はアメリカの定額動画配信サービスです。

「Netflix」は、世界会員数が1億6,000万人以上で、有料の動画配信サービスとしては、世界最大となっています。

「Netflix」の料金は、月額¥800のベーシック、月額¥1,200のスタンダード、月額¥1,800のプレミアムの3つのプランが用意されています(いずれも税別)。

料金の支払いには、クレジット/デビットカードの他に、プリペイドのNetflixカードでも支払えます。

「Netflix」では、映画、ドラマ、テレビ番組、ドキュメンタリーなどが見放題で視聴できます。

「Netflix」の最大の魅力は独占配信のオリジナルシリーズで、ストレンジャー・シングス、ペーパーハウス、全裸監督、愛の不時着といった人気作が多数配信されています。

「Netflix」は、1つのアカウントで最大4画面まで同時再生(プレミアムプラン)できるので、家族で楽しむこともできます。

さらに、プレミアムプランであれば4K HDRに対応する高画質作品を視聴することもできます。

このように、ハイセンスのテレビでは「Netflix」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス2. YouTube

2つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「YouTube」です。

「YouTube (ユーチューブ)」はアメリカの無料動画配信サービスです。

「YouTube」は、世界の月間利用者数が20億人以上で、無料の動画配信サービスとしては、世界最大となっています。

「YouTube」の料金は無料ですが、広告の表示されない有料のYouTube Premiumもあります。

「YouTube」の最大の魅力は配信されている動画の数で、ユーチューバーと呼ばれる人気投稿者の動画から、芸能人の動画まで幅広く揃っています。

さらに、ハイセンスのスマートテレビではYouTubeのキャストにも対応しているので、スマホのYouTubeアプリで再生している動画をテレビに映すこともできます。

このように、ハイセンスのテレビでは「YouTube」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス3. Amazon Prime Video

3つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「Amazon Prime Video」です。

「Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)」はアメリカの有料動画配信サービスです。

「Amazon Prime Video」では、プライム会員向けの定額見放題のサービスの他に、プライム会員以外も利用できるレンタル・購入のサービスもあります。

見放題のサービスは月額¥500のプライム会員に登録すると利用でき、プライム会員以外も利用できるレンタルは¥100〜500程度、購入は¥500〜2,500程度となっています(いずれも税込)。

「Amazon Prime Video」のプライム会員では、映画、ドラマ、テレビ番組、ドキュメンタリーなどが見放題で視聴できます。

「Amazon Prime Video」の最大の魅力は価格の安さで、月額¥500で見放題は他社と比べても圧倒的に安いです。

また、映画のレンタルも新作が¥399〜から利用できるので、レンタルも他社の配信サービスより安価に利用できます。

このように、ハイセンスのテレビでは「Amazon Prime Video」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス4. ABEMA

4つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「ABEMA」です。

「ABEMA (アベマ)」は、日本の無料動画配信サービスです(旧AbemaTV)。

「ABEMA」の料金は、無料で「テレビ(ライブ配信)」と「ビデオ(見逃し配信)」が利用できる他、定額制見放題のABEMAプレミアムもあります。

「ABEMA」では、ニュース番組が24時間ライブ配信されている他に、オリジナル番組の配信も行われています。

このように、ハイセンスのテレビでは「ABEMA」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス5. Hulu

5つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「Hulu」です。

「Hulu (フールー)」は、アメリカの動画配信サービスを日本で独自に運営しているローカルの定額動画配信サービスです(Hulu Japan)。

「Hulu」の料金は、月額¥1,026(税込)です。

「Hulu」では、映画、ドラマ、テレビ番組、ドキュメンタリーなどが見放題で視聴できます。

「Hulu」は、日本では日本テレビ傘下のサービスのため、日テレのドラマやテレビ番組などが配信されています。

このように、ハイセンスのテレビでは「Hulu」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス6. dTV

6つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「dTV」です。

「dTV (ディーティーヴィー)」は、日本の有料動画配信サービスです。

「dTV」の料金は、月額¥500(税別)となっています。

「dTV」では、映画、ドラマ、テレビ番組、ドキュメンタリーなどが見放題またはレンタルで視聴できます。

このように、ハイセンスのテレビでは「dTV」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス7. U-NEXT

7つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「U-NEXT」です。

「U-NEXT (ユーネクスト)」は、日本の有料動画配信サービスです。

U-NEXT」の料金は、月額¥1,990(税別)などがあります。

U-NEXT」では、映画、ドラマ、テレビ番組、ドキュメンタリーなどが見放題またはレンタルで視聴できます。

このように、ハイセンスのテレビでは「U-NEXT」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス8. DMM.com

8つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「DMM.com」です。

「DMM.com (ディーエムエム・ドット・コム)」は、日本の有料動画配信サービスです。

「DMM.com」の料金は、月額¥550の見放題chライトなどがあります。

このように、ハイセンスのテレビでは「DMM.com」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス9. スカパーオンデマンド

9つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「スカパーオンデマンド」です。

「スカパーオンデマンド」は、日本の有料動画配信サービスです。

「スカパーオンデマンド」の料金は、チャンネルによって異なります

このように、ハイセンスのテレビでは「スカパーオンデマンド」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス10. TSUTAYA TV

10個目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「TSUTAYA TV」です。

「TSUTAYA TV (ツタヤ・ティーヴィー)」は、日本の有料動画配信サービスです。

このように、ハイセンスのテレビでは「TSUTAYA TV」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス11. ひかりTV4K

11個目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「ひかりTV4K」です。

「ひかりTV4K」は、日本の有料動画配信サービスです。

このように、ハイセンスのテレビでは「ひかりTV4K」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス12. アクトビラ

12個目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「アクトビラ」です。

「アクトビラ」は、日本の有料動画配信サービスです。

このように、ハイセンスのテレビでは「アクトビラ」が利用できます。

リモコンの動画ボタンは6つ

2020年発売のハイセンスのスマートテレビ、S6E、U7F、U8Fには新しいリモコンが採用されています。

そして、2020年モデルのリモコンには、「Netflix」、「YouTube」、「Amazon Prime Video」、「Hulu」、「AbemaTV」、「U-NEXT」の6つの動画配信サービスのボタンが搭載されています。

そのため、例えばリモコンの「YouTube」のボタンを押せばダイレクトにYouTubeが起動し、「Prime Video」のボタンを押せばダイレクトにAmazon Prime Videoが起動するので、とても簡単で便利です。

このように、2020年モデルのハイセンスのリモコンには動画ボタンが6つ搭載されています。

▼2020年モデルの「ハイセンス U7F」はこちら

created by Rinker
Hisense(ハイセンス)
¥79,800 (2020/05/31 16:55:52時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『ハイセンスのテレビの動画配信サービス12選!2020年モデル』についてご紹介しました。

このように、2020年モデルのハイセンスのスマートテレビでは、Netflix、YouTube、Amazon Prime Video、ABEMA、Hulu、dTV、U-NEXT、DMM.com、スカパーオンデマンド、TSUTAYA TV、ひかりTV4K、アクトビラといった、12の動画配信サービスに対応しています。

また、2020年モデルのハイセンスのスマートテレビのリモコンには、Netflix、YouTube、Amazon Prime Video、Hulu、AbemaTV、U-NEXTの6つの動画ボタンが搭載されています。

ハイセンスのスマートテレビでは、Netflix、YouTube、Amazon Prime Videoといった主要なサービスに対応しているので、Fire TV StickやApple TVを持っていなくてもテレビ単体で楽しめます

皆さんも、ハイセンスのスマートテレビで動画配信サービスの視聴を楽しんでみてはいかがでしょうか。