「Hue」の口金はE26とE17!最適な方を選ぼう

今回は、「Hueの口金のサイズ」についてご紹介します。

最近は、スマホやスマートスピーカーなどを使って家具や家電を操作する「スマートホームデバイス」が増えてきました。

「スマートホームデバイス」には、電球、プラグ、鍵、リモコン、ネットワークカメラなどがあります。

そして、スマートホーム対応LED電球の中でも、フィリップスの「Hue (ヒュー)」を使っている方も多いのではないでしょうか。

そんな中、「Hueの口金の大きさは?」と気になっている方もいると思います。

結論から言うと、Hueの口金には、E26とE17の2種類があります。

そんなわけで今回は、「Hueの口金のサイズ」について見ていきましょう。

「hue」の口金はE26とE17

フィリップスの「Hue」とは?

フィリップスの「Hue (ヒュー)」は、インターネット接続でスマホやスマートスピーカーなどから操作できるスマートホーム照明です。

フィリップスは2012年からLEDのスマートホーム照明である「Hue」の販売を開始し、スマートホーム家電の先駆けとして世界でシェアを獲得しました。

日本でも2013年に「Hue」の販売が開始し、2020年現在は電球の他にもライトバーやライトリボンなどの照明が販売されています。

現在では、スマートホーム対応の照明といえば「Hue」のことを指すくらいに、「Hue」はメジャーな製品となっています。

Hueの口金にはE26とE17がある

そんなフィリップスの「Hue」のLED電球には、E26口金とE17口金のものが日本では販売されています。

「E26」は、多くの電球に幅広く採用されているので、使い勝手の良いサイズとなっています。

「E17」は、小さめの電球に採用されていることが多く、日本の住宅で多く採用されています。

これらの「E26」か「E17」かのどちらを選択するかは、お使いの家庭の電球に合わせて選択することになります。

ちなみに、価格を見てみると、「E26」よりも「E17」の方が安く販売されている傾向があります。

▼Hueの「E17電球」はこちら

created by Rinker
フィリップスライティング(Philips Lighting)
¥3,291 (2020/07/11 12:56:19時点 Amazon調べ-詳細)

HueのE26は3種類、E17は1種類

「E26」と「E17」の最大の違いとして、種類の数があります。

「E26」はフルカラー、ホワイトグラデーション、ホワイトの3種類がありますが、「E17」にはホワイトの1種類しかありません。

「フルカラー」は、1,600万色から選択して点灯することができます。

「ホワイトグラデーション」は、白色の色温度を2,200〜6,500ケルビンから選択して点灯することができます。

「ホワイト」は、白色の2,700ケルビンのみ点灯することができます。

価格は、「フルカラー」、「ホワイトグラデーション」、「ホワイト」の順に高くなっています。

一方で、HueのE17電球には「ホワイト」の1種類のみとなっています。

そのため、E17の電球ソケットでHueのさまざまな色を楽しみたい場合は、アダプターを使ってHueのE26電球を取り付ける必要があります。

Hueの電球はどれを買えばいい?

ここで、「Hueの電球はどれを買えばいいの?」ということが気になるところだと思います。

結論から言うと、Hueの電球はE26の「ホワイトグラデーション」がオススメになります。

HueのE26の「フルカラー」では、さまざまな色が楽しめていいのですが、実際のところ日常生活で使うのは白色と電球色になるためです。

もちろん、仕事などでカラフルなLEDが必要だったり、インテリアの趣味でカラーのLEDを使う人は「フルカラー」が良いのですが、そうではないほとんどの人には「ホワイトグラデーション」で十分だと思います。

ここで、「ホワイトグラデーション」と「ホワイト」はどっちが良いのかと悩むところなのですが、やはり色温度のできる「ホワイトグラデーション」の方をオススメします。

HueのE26の「ホワイト」では、点灯できるのは2,700ケルビンの電球色だけです。

そのため、昼光色に切り替えたり、色温度を自分の好みに合わせて調光することができません

これでは、せっかくのスマートホーム電球の本領が発揮できないので、もったいないところです。

このように、Hueの電球はE26の「ホワイトグラデーション」がオススメになります。

HueのE26ホワイトグラデーションは「アウトレット品」がお得

HueのE26「ホワイトグラデーション」は、定価で買うと1つ¥3,000くらいして、結構高いです。

そこでオススメになるのが、HueのE26ホワイトグラデーションの「アウトレット品」です。

HueのE26ホワイトグラデーションの「アウトレット品」は、2つまたは3つセットになったものが販売されていて、1つあたり¥2,500〜2,600程度で買うことができてお得です。

さらに、不定期でセールも行われているので、タイミングが良ければさらに安く買うこともできます。

ここで、「アウトレット品は何が違うの?」、「アウトレット品でも大丈夫なの?」ということが気になるところです。

Hue電球の通常品とアウトレット品の違いは、電球を追加する際にシリアルナンバーを手動入力しなければならないという点だけで、後はすべて同じです。

とは言っても、Hue電球の通常品でもたいてい自動検出がうまくいかないので、結局はシリアルナンバーを手入力することになるので同じことです。

もちろん、Hue電球の「アウトレット品」も新品未使用品なので、安心して利用できます。

このように、HueのE26ホワイトグラデーションは「アウトレット品」がお得でオススメになります。

▼HueのE26ホワイトグラデーションは「アウトレット品」はこちら

最後に

今回は、『「Hue」の口金はE26とE17!最適な方を選ぼう』についてご紹介しました。

このように、Hueの電球にはE26口金と、E17口金の2タイプが販売されているので、お使いの環境にあった方を選択しましょう。

Hue電球のE26とE17の違いとしては、E26には「フルカラー」、「ホワイトグラデーション」、「ホワイト」の3種類がありますが、E17には「ホワイト」の1種類しかありません。

そして、HueのE26電球を買うなら色温度の調整ができる「ホワイトグラデーション」がオススメになります。

HueのE26ホワイトグラデーションは、「アウトレット品」を購入するとお得にゲットできます。

皆さんも、Hue電球を環境にあった最適なものを選択して、快適に使ってみてはいかがでしょうか。