iPhoneを充電しっぱなしにしてはいけない!バッテリーが膨らむ

今回は、「iPhoneを充電しっぱなしにしてはいけない理由」についてご紹介します。

iPhoneを新しい機種に買い替えた際に、古い機種をそのままサブ機として使っているという方もいると思います。

使わなくなったiPhoneは、音楽プレーヤーにしたり、動画の視聴に使ったり、ゲームをしたりと、様々な使い方ができます。

そんな中、古いiPhoneを充電しっぱなしで使っているという方もいるかもしれません。

結論から言うと、iPhoneを充電しっぱなしで使うことはオススメしません

実際に私もiPhoneを充電しっぱなしで使っていたのですが、バッテリーが膨らんでしまい、廃棄処分することになってしまいました。

そんなわけで今回は、「iPhoneを充電しっぱなしにしてはいけない理由」について見ていきましょう。

iPhoneを充電しっぱなしにしてはいけない

バッテリーが膨らんでしまった

私は以前より、機種変更した後の古いiPhoneを充電器に繋ぎっぱなしにして使っていました。

具体的には、防犯用のネットワークカメラのモニターとして24時間画面をつけっぱなしにしていたのです。

ところが、iPhoneを繋ぎっぱなし運用にして1年以上経った頃に、バッテリーが膨らんで蓋が外れていることに気がつきました。

症状としては、iPhoneの左側の蓋が外れて盛り上がっている状態で、押してみても蓋を閉じることができないほど中から強く押し出されていました。

ちなみに、画面は問題なく点灯していますし、タッチ操作も行えてアプリも使える状態でした。

そこで、ネットで調べてみたところ、どうやらバッテリーパックが膨らんでかなり危険な状態であることが分かりました。

とりあえず、発火や爆発があってはいけないので、iPhoneをバケツの中に隔離して玄関へと避難させました(ちなみに水に浸けるのは厳禁みたいです)。

ここでiPhoneを修理して直すか、処分するかで悩んだのですが、修理費が結構かかりそうだったので処分することに決めました

そして、iPhoneを初期化して携帯ショップでの持ち込み処分(無料)を利用して安全に廃棄しました。

ちなみに、全国のau、docomo、SoftBankの携帯ショップでは、メーカーやキャリアに関係なくスマホの回収処分を行ってくれます(参考: audocomoSoftBank)。

そのため、「iPhoneのバッテリーが膨らんだので処分したい」と考えている方は、携帯ショップに持ち込んで対応してもらいましょう。

このように、iPhoneを充電しっぱなしで使っていると、バッテリーが膨らんでしまうので注意が必要です。

保証対象外の場合の修理は高額?

もしもiPhoneのバッテリーが膨らんで蓋が浮いてしまった場合は、アップル公式の修理サービスを受けることもできます。

Webサイト: iPhone の修理サービス

アップル公式によるiPhoneの修理料金は、機種によって異なります

また、Apple Careの保証があるかないかでも、修理料金が変わってくるようです。

今回の私のように、iPhoneのバッテリーが膨らんで蓋が外れてしまった場合、保証がなければバッテリー交換料金¥5,400〜7,400に加えて、破損した部分の修理料金も上乗せされるため、結構高額になることが予想されます。

ちなみに、私がバッテリーを膨らませてしまった機種は使い古した「iPhone 7」だったので、「修理費を払うよりも別の機種を購入した方が良さそう」と考えて、修理せずに処分することに決めました。

もちろん、Apple Care+の保証期間中であればより安く修理してもらえるので、アップル公式の修理を利用するのもいいと思います。

このように、iPhoneのバッテリーが膨らんでしまうと修理の費用がかかってしまうので、くれぐれも充電器に繋ぎっぱなしで使わないように気をつけたいところです。

「充電が終わったら外す」を習慣化しよう

このように、iPhoneを充電器に繋ぎっぱなしで使っているとバッテリーが膨らんでしまう原因となります。

そのため、充電が終わったらすぐに充電器から外すことを習慣化しておきましょう。

また、iPhoneの「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」から、「最適化されたバッテリー充電」をオンにすることで、バッテリーの過充電の負荷を抑えることもできます。

とは言っても、私のiPhoneは「最適化されたバッテリー充電」をオンにした状態でもバッテリーが膨らんでしましました

そのため、さすがにiPhoneを24時間充電器に繋ぎっぱなしにしていると、バッテリーに負荷がかかることは避けられなさそうです。

やはり、iPhoneのバッテリーが膨らまないようにするには、iPhoneの「充電が終わったら外す」ということを習慣化することが大切と言えます。

▼「Apple TV 4K」もオススメです

created by Rinker
Apple(アップル)
¥20,890 (2020/09/30 13:03:37時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『iPhoneを充電しっぱなしにしてはいけない!バッテリーが膨張』についてご紹介しました。

このように、iPhoneを充電器に繋ぎっぱなしで使っていると、バッテリーが膨らんで蓋が空いてしまうので注意が必要です。

また、iPhoneのバッテリーが膨らんでしまった場合、アップル公式の修理では保証がなければ結構な料金がかかってしまうこともあるので注意が必要です。

やはり、iPhoneは充電が終わったら充電器から外すということを習慣にしておくのが良さそうです。

皆さんも、iPhoneの充電しっぱなしに気をつけて、バッテリーを長持ちさせましょう。