映画「ガンジー」が4K HDR配信!Apple TVアプリ

映画「ガンジー (Gandhi)」が、4K HDRに対応してApple TVアプリ(iTunes)で配信されます。

Apple TVアプリの「ガンジー」は、4K DOLBY VISIONに対応しています。

「ガンジー」は、日本で1983年4月に劇場公開されました。

Apple TVアプリの「ガンジー」をすでに購入済みの方は、自動で4K HDRへアップデートされています。

Apple TVアプリの「ガンジー」の価格は、購入が¥1,528、レンタルが¥407となっています(20年〜月〜日時点)。

Apple TVアプリの「ガンジー」には、英語音声、日本語音声・字幕が1本に収録されているため、再生中に語を切り替えて視聴できます。

「ガンジー」は、4K Ultra HD Blu-ray版がリリースされる予定がないため、Apple TVアプリ版は4Kで視聴できてお得となっています。

そんなわけで今回は、4K HDR対応でApple TVアプリ(iTunes)で配信される「ガンジー」について見ていきましょう。

▼レンタル・購入はこちら: ガンジー – Apple TVアプリ

映画「ガンジー」が4K HDR配信!Apple TVアプリ

映画「ガンジー (Gandhi)」は、マハトマ・ガンディーを題材にした伝記映画で、コロンビア映画の配給で1982年12月にアメリカ、1983年4月に日本で公開されました。

「ガンジー」の上映時間は188分、レーティングはG(年齢制限なし)となっています。

監督は、「遠すぎた橋」、「コーラスライン」などのリチャード・アッテンボローが務めています。

キャストには、「シンドラーのリスト」、「ヒューゴ」などのベン・キングズレーロヒニ・ハタンガディ、「インディジョーンズ 魔球の伝説」などロシャン・セス、「ケープタウン」などのサイード・ジャフリー、「セックスアンドザシティ」などのキャンディス・バーゲンらが出演しています。

「ガンジー (Gandhi)」の世界興行収入は5,200万ドル以上となり、辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは〜%となっています(参考: 〜)。

「ガンジー」は、第55回アカデミー賞で作品賞を受賞しています。

このように、「ガンジー」は一度は見ておきたい映画となっています。

「Apple TVアプリ (iTunes Store)」でレンタル・購入した「ガンジー」を4K HDRの環境で再生するためには、対応するデバイスが必要になります。

Apple TVアプリの4K HDR対応デバイスは、Apple TV 4K、2018年以降に発売されたMac、AirPlay・Apple TVアプリに対応するスマートテレビFire TV Stick 4Kなどです。

また、iPhone 8以降、iPad Pro 2017年モデル以降では、HDR10、DOLBY VISIONでの再生に対応しています。

「Apple TVアプリ (iTunes Store)」版は、ディスク交換不要でiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV、スマートテレビ、Fire TVなど複数のデバイスで楽しみたいという方にもオススメになります。

レンタル・購入はこちら(iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV、Windows、スマートテレビ、Fire TV共通): ガンジー – Apple TVアプリ

▼「Apple TV 4K」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥20,890 (2020/08/04 12:38:42時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『映画「ガンジー」が4K HDR配信!Apple TVアプリ』についてご紹介しました。

このように、「Apple TVアプリ (iTunes Store)」では、「ガンジー」が4K HDR配信されているのでオススメです。

「ガンジー」をすでに見たこともある方にとっては、4K HDRの高画質で再び楽しむことができますし、まだ見たことがない方にとっても、作品自体を最初から最高の映像で楽しむことができると思います。

皆さんも、4K HDRに対応した「Apple TVアプリ (iTunes Store)」の「ガンジー」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

▼「Apple TVアプリ (iTunes Store)」では、「ガンジー」の他にも数多くの4K、HDR10、DOLBY VISON、DOLBY ATMOS対応作品が配信されているのでオススメです。

詳しくはこちらiTunes映画(Apple TVアプリ)の4K HDR対応コンテンツはこちら!【随時更新】