「Ultra HD Blu-ray(UHDBD)」は高い!Apple TVアプリがオススメ

最近は、4Kテレビの価格が下がってきたこともあって、「4K」というものが身近な存在になってきました。

そんな背景から、「4Kテレビを買った」あるいは「4Kテレビが欲しい」という人も増えていると思います。

4Kテレビを買ったら、ぜひ4K対応の映画の視聴を楽しみたいところです。

4Kの映画見るためには、Blu-rayディスクの後継規格である「Ultra HD Blu-ray (ウルトラ・エイチディー・ブルーレイ)」という光ディスクがあります。

この「Ultra HD Blu-ray (UHDBD)」なのですが、4K HDR対応で高画質なのはいいものの、ソフトの価格が1本¥4,000〜5,000以上と、かなり高額になっています(参考: 4K ULTRA HD)。

そこでオススメになるのが、アップルの動画配信サービスである「Apple TVアプリ」です。

「Apple TVアプリ」では、4K、HDR10、DOLBY VISION、DOLBY ATMOSに対応する作品が数多く配信されていて、価格は¥500〜2,500程度で販売されています(参考: iTunes映画(Apple TVアプリ)の4K HDR対応コンテンツはこちら!【随時更新】)。

そんなわけで今回は、Ultra HD Blu-rayの代わりに、Apple TVアプリがオススメについて見ていきましょう。

Ultra HD Blu-rayは高い

Ultra HD Blu-rayとは?

Ultra HD Blu-ray (ウルトラ・エイチディー・ブルーレイ)」とは、Blu-rayディスクの後継規格である4K HDR対応の光ディスクです。

「Ultra HD Blu-ray (UHDBD)」は、第3世代光ディスクを採用している点はBu-rayディスクと同じですが、新しく片面3層の100GBまで対応しています(Blu-rayディスクは2層まで)。

また、「Ultra HD Blu-ray」は、解像度3,840 x 2,160の60pまで対応し、動画コーデックはHEVCに対応しています。

「Ultra HD Blu-ray」は、4K解像度に加えて、HDR10、DOLBY VISIONといったHDRの規格にも対応しています。

さらに、オーディオ面では次世代サウンド規格の「DOLBY ATMOS」にも対応しています。

このように、「Ultra HD Blu-ray」は、4K対応の次世代の光ディスクとなっています。

Ultra HD Blu-rayは高い?

そんな「Ultra HD Blu-ray」なのですが、価格はソフト1本¥4,000〜5,000以上と、かなり高額になっています(参考: 4K ULTRA HD)。

「Ultra HD Blu-ray」は、DVDやBlu-rayなどと比べるとまだまだユーザー数が少ないことから、ソフトの価格が高めに設定されているのかもしれません。

また、「Ultra HD Blu-ray」の販売が始まったのが2016年頃とまだまだ歴史が浅いため、これから徐々に値崩れしていくことも考えられます。

さらに、「Ultra HD Blu-ray」にはレンタルのサービスもないので、見るためには買うしかありません。

近年はツタヤも続々と閉店していることから、今後「Ultra HD Blu-ray」が気軽にレンタルできる時代は来ない可能性が高いです。

このように、2020年現在は「Ultra HD Blu-ray」のソフトは高額なので、なかなか何本もポンポンと買うのは難しいところです。

4K映画はApple TVアプリがオススメ

ここで、「4Kテレビで4K映画を楽しみたいけど、Ultra HD Blu-rayは高すぎる」というのが悩みどころだと思います。

そこでオススメになるのが、アップルの動画配信サービスである「Apple TVアプリ (Apple TV App)」です。

「Apple TVアプリ」では、4K HDRに対応する映画が数多く配信されていて、レンタル・購入をして見ることができます(参考: iTunes映画(Apple TVアプリ)の4K HDR対応コンテンツはこちら!【随時更新】)。

「Apple TVアプリ」の映画は、購入価格が¥500〜2,500程度と圧倒的に安いのが魅力です。

「Apple TVアプリ」では、新作でも¥2,500程度で販売されているので、「Ultra HD Blu-ray」のソフトを買うよりも圧倒的に安く買うことができます

もちろん、安価でありながらも「Apple TVアプリ」は4K、HDR10、DOLBY VISION、DOLBY ATMOSの次世代フォーマットに対応しています。

さらに、「Apple TVアプリ」の映画は、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV、スマートテレビ、Fire TVなど、さまざまなデバイスで見ることができます。

このように、4Kの映画を見るなら「Apple TVアプリ」がオススメになります。

Apple TVアプリの映画を4Kで見るには?

次に、「Apple TVアプリのコンテンツを4Kで再生できるデバイスはどれ?」ということが気になるところです。

「Apple TVアプリ」のコンテンツを4Kで再生できるデバイスは、「Apple TV 4K」、「Mac (2018年以降)」、「スマートテレビ」、「Fire TV Stick 4K」となっています。

最も確実な方法は、「Apple TV 4K」を使うことで、お使いのテレビが対応していれば、4K、HDR10、DOLBY VISION、DOLBY ATOMOSで出力することができます。

また「スマートテレビ」では、ソニーとLGのテレビが「AirPlay」に対応しているので、iPhone、iPad、iPod touch、MacのApple TVアプリからAirPlayをして4K再生することもできます(参考: AirPlayが4K HDRに対応!Apple TVアプリで確認)。

Fire TV Stick 4K」も一応は「Apple TVアプリ」の4K再生に対応していますが、DOLBY ATMOSに非対応だったり、動作が不安定であることが報告されているので注意が必要です。

やはり、「Apple TVアプリ」の4Kコンテンツを4Kテレビで見る最も確実な方法は、「Apple TV 4K」を使うことになります。

▼「Apple TV 4K」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥20,890 (2020/08/04 12:38:42時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『「Ultra HD Blu-ray(UHDBD)」は高い!Apple TVアプリがオススメ』についてご紹介しました。

このように、「Ultra HD Blu-ray」のソフトは、1本¥4,000〜5,000程度と高額になっていて、レンタルもありません。

Apple TVアプリ」では、4K HDR対応の映画が¥500〜2,500程度で購入できるので、とても安価でお得です。

また「Apple TVアプリ」は、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV、スマートテレビ、Fire TVなど、さまざまなデバイスから視聴することができます。

皆さんも、「Apple TVアプリ」を使って、4K HDR対応コンテンツをお得に視聴してみてはいかがでしょうか。