映画「男はつらいよ(1969)」が4K配信!Apple TVアプリ(iTunes)

映画「男はつらいよ」が、4Kに対応してApple TVアプリで配信されます。

Apple TVアプリの「男はつらいよ」は、4K解像度に対応しています。

「男はつらいよ」は、日本で1969年8月に劇場公開されました。

Apple TVアプリの「男はつらいよ」をすでに購入済みの方は、自動で4Kへアップデートされています。

Apple TVアプリの「男はつらいよ」の価格は、購入が¥2,546、レンタルが¥407となっています(20年8月3日時点)。

「男はつらいよ」は、4K Ultra HD Blu-ray版がリリースされる予定がないため、Apple TVアプリ版は4Kで視聴できてお得となっています。

そんなわけで今回は、4K HDR対応でApple TVアプリで配信される「男はつらいよ」について見ていきましょう。

レンタル・購入はこちら: 男はつらいよ – Apple TV App

映画「男はつらいよ(1969)」が4K配信!Apple TVアプリ

映画「男はつらいよ」は、「男はつらいよ」シリーズの1作目として製作され、松竹の配給で1969年8月に日本で公開されました。

「男はつらいよ」の上映時間は91分、レーティングはG(年齢制限なし)となっています。

監督は、「幸福の黄色いハンカチ」、「釣りバカ日誌 シリーズ」などの山田洋次が務めています。

キャストには、「八つ墓村」、「幸福の黄色いハンカチ」などの渥美清、「幸福の黄色いハンカチ」、「遙かなる山の呼び声」などの倍賞千恵子、「隠し剣 鬼の爪」などの光本幸子、「東京物語」などの笠智衆、「七人の侍」、「ゴジラ」などの志村喬、「サザエさん」などの森川信、「渡る世間は鬼ばかり」などの前田吟らが出演しています。

「男はつらいよ」の配給収入は1億1千万円となり、レビューサイトであるフィルマークスの評価は3.9/5となっています(参考: 男はつらいよ)。

このように、「男はつらいよ」は一度は見ておきたい映画となっています。

「Apple TVアプリ」でレンタル・購入した「男はつらいよ」を4Kの環境で再生するためには、対応するデバイスが必要になります。

Apple TVアプリの4K HDR対応デバイスは、Apple TV 4K、2018年以降に発売されたMac、AirPlay・Apple TVアプリに対応するスマートテレビFire TV Stick 4Kなどです。

「Apple TVアプリ (iTunes Store)」版は、ディスク交換不要でiPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV、スマートテレビ、Fire TVなど複数のデバイスで楽しみたいという方にもオススメになります。

レンタル・購入はこちら(iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV、Windows、スマートテレビ、Fire TV共通): 男はつらいよ – Apple TV App

▼「Apple TV 4K」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥20,890 (2020/09/27 13:03:12時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『映画「男はつらいよ(1969)」が4K配信!Apple TVアプリ』についてご紹介しました。

このように、「Apple TVアプリ」では、「男はつらいよ」が4K配信されているのでオススメです。

「男はつらいよ」をすでに見たこともある方にとっては、4Kの高画質で再び楽しむことができますし、まだ見たことがない方にとっても、作品自体を最初から最高の映像で楽しむことができると思います。

皆さんも、4Kに対応した「Apple TVアプリ」の「男はつらいよ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

▼「Apple TVアプリ」では、「男はつらいよ」の他にも数多くの4K、HDR10、DOLBY VISON、DOLBY ATMOS対応作品が配信されているのでオススメです。

詳しくはこちら: 「Apple TVアプリ」の4K HDR対応映画はこちら!【随時更新】