「Apple One」は高い?Apple MusicとiCloud加入者はお得!

2020年秋より、アップルの新しいサブスクリプションサービスである「Apple One (アップル・ワン)」がサービスを開始します。

「Apple One」は、「Apple Music」、「Apple TV+」、「Apple Arcade」、「iCloud」の4つのサービスが1つのパッケージになったものです。

「Apple One」は、個人プランが月額¥1,100、ファミリープランが月額¥1,850で利用できます。

ここで、「Apple Oneはお得なの?」、「Apple Oneは高いのでは?」と気になっている方も多いと思います。

結論から言うと、「Apple One」はすでに「Apple Music」と「iCloud」に加入している人がお得に使えるサービスとなっています。

そんなわけで今回は、「Apple Oneは高いのかどうか」についてみて行きましょう。

「Apple One」は高い?

「Apple One」とは?

そもそも、「Apple One」とは何なのでしょうか。

「Apple One (アップル・ワン)」は、アップルのサブスクリプションサービスです。

「Apple One」は、「Apple Music」、「Apple TV+」、「Apple Arcade」、「iCloud」の4つのサービスが1つのパッケージになっています。

「Apple One」の料金は、個人プランが月額¥1,100、ファミリープランが月額¥1,850となっています。

ファミリープランは、家族アカウント6人まで(自分以外5人)利用することができます。

個々のサービスを別々に契約した場合、個人プランは「Apple Music」が月額¥980、「Apple TV+」が月額¥600、「Apple Arcade」が月額¥600、「iCloud 50GB」が月額¥130の計¥2,310となります。

ファミリープランは、「Apple Music」が月額¥1,480、「Apple TV+」が月額¥600、「Apple Arcade」が月額¥600、「iCloud 200GB」が月額¥400の計¥3,080となります。

つまり、「Apple One」の個人プランは¥1,210安く、ファミリープランは¥1,850安くなります。

このように、「Apple One」はアップルの4つのサービスが1つになったサブスクリプションです。

Apple MusicとiCloudの加入者はお得

すでに、「Apple Music」と「iCloud」の両方を契約してる方は、「Apple One」に切り替えるとお得になります。

例えば、個人プランの「Apple Music」と「iCloud 50GB」を契約している場合、月額料金は¥1,110発生しています。

このまま「Apple One (個人プラン)」へ切り替えれば、月額料金は¥10安く「Apple TV+」と「Apple Arcade」が追加で利用できるようになるのです。

他の例としては、ファミリープランの「Apple Music」と「iCloud 200GB」を契約している場合は、月額料金が¥1,880発生します。

そのまま「Apple One (ファミリープラン)」へ切り替えれば、月額料金は¥30安く「Apple TV+」と「Apple Arcade」が追加で利用できるようになるのです。

つまり、すでに「Apple Music」と「iCloud」を契約しているすべての方は、「Apple One」へ切り替えると得をすることになります。

逆に損をするケースは?

では、逆に「Apple One」を契約することで損をするケースはあるのでしょうか。

まず、「Apple One」を契約して確実に損をするパターンは、当然ながらどれか1つのサービスしか使わないということです。

「Apple Music」しか使わない場合は、月額¥130の損になりますし、「Apple TV+」のみの場合は月額¥500の損、「Apple Arcade」のみの場合は月額¥500の損、「iCloud 50GB」のみの場合は月額¥980の損になります。

他には、「iCloud 50GB」と「Apple Music以外」しか使わない場合も損になります。

「iCloud 50GB」と「Apple TV+」のみの場合は月額¥380の損、「iCloud 50GB」と「Apple Arcade」のみの場合は月額¥380の損となります。

このように、「どれか1つのサービスしか使わない」か、「iCloud 50GBとApple Music以外しか使わない」という場合は、Apple Oneを契約する損になるので注意しましょう。

得をする組み合わせの場合は切り替えよう

続いては、「Apple One」を契約することで、得をする組み合わせを確認しておきましょう。

「Apple One」の個人プランは月額¥1,100なので、2つで¥1,100以上になる組み合わせの場合得をすることになります。

「Apple One」で得をする組み合わせは、以下の4通りになります(個人プラン)。

  • Apple Music + Apple TV+
  • Apple Music + Apple Arcade
  • Apple Music + iCloud 50GB
  • Apple Arcade + Apple TV+

このように、「Apple Music」と他のサービスを使っている方や、「Apple Arcade」と「Apple TV+」を使う方は、「Apple One」を契約することで得をします。

逆に、「Apple One」で損をする組み合わせは、以下の2通りになります(個人プラン)。

  • iCloud 50GB + Apple TV+
  • iCloud 50GB + Apple Arcade

このように、「Apple One」を契約することで得をするのか損をするのか、今一度確認しておきましょう。

▼Music、TV+、Arcade、写真がテレビで楽しめる「Apple TV 4K」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥20,890 (2020/10/30 13:27:58時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『「Apple One」は高い?Apple MusicとiCloud加入者はお得!』についてご紹介しました。

このように、「Apple One」は個人プランは月額¥1,100、ファミリープランは月額¥1,850で利用できます。

すでに、「Apple Music」と「iCloud」を契約している方は、「Apple One」へ切り替えることでお得になります。

他にも、「Apple Music + Apple TV+」、「Apple Music + Apple Arcade」、「Apple Arcade + Apple TV+」の組み合わせで使っている場合は「Apple One」がお得です。

逆に、どれか1つのサービスしか使っていない場合や、「iCloud 50GB + Apple TV+」、「iCloud 50GB + Apple Arcade」といった組み合わせで使っている方は「Apple One」で損をすることになります。

皆さんも、「Apple One」を契約してApple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloudの利用を楽しんでみてはいかがでしょうか。