「Apple One」の年払いはない?月払いでもお得に使う方法

2020年10月31日(日本時間)より、アップルの新しいサブスクリプションである「Apple One (アップル・ワン)」がサービスを開始しました。

「Apple One」は、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloudの4つのサービスが1つの支払いで利用できます。

「Apple One」の料金は、個人プランが月額¥1,100、ファミリープランが月額¥1,850と、個別に契約するよりもお得に利用できるのが魅力です。

そんな中、「Apple Oneの年払いはないの?」、「お得に使う方法はないの?」と気になっている方もいると思います。

結論から言うと、「Apple One」には年払いのプランはないため、月払いで加入する必要がありますが、「Apple One」をお得に使う方法はあります

そんなわけで今回は、「Apple Oneの年払いはない?」と「Apple Oneを月払いでもお得に使う方法」について見ていきましょう。

「Apple One」の年払いはない?

Apple Oneとは?

そもそも、「Apple One」とは何なのでしょうか。

「Apple One (アップル・ワン)」は、アップルの新しいサブスクリプションサービスです。

「Apple One」は、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、iCloudの4つのサービスが1つのパッケージになっています。

「Apple One」の料金は、個人プランが月額¥1,100、ファミリープランが月額¥1,850となっています。

それぞれのサービスを個別に契約した場合、個人プランは月額(¥980+¥600+¥600+¥130=)¥2,310、ファミリープランは月額(¥1,480+¥600+¥600+¥400=)¥3,080となります。

つまり、「Apple One」は個別に契約した場合と比べて、個人プランは月¥1,210、ファミリープランは月¥1,230お得になります。

また、すでに個人プランのApple MusicとiCloud 50GBを月額払いで利用している人は、「Apple One」に切り替えると月に¥10安くなってApple TV+とApple Arcadeが追加されるので超お得です。

すでにファミリープランのApple MusicとiCloud 200GBを月額払いで利用している人も、「Apple One」に切り替えると月に¥30安くなってApple TV+とApple Arcadeが追加されるので超お得です。

このように、「Apple One」はアップルのサービスがお得に利用できるサブスクリプションとなっています。

Apple Oneには年払いはない

日本では2020年10月31日より、遂に「Apple One」がサービスを開始しました。

「Apple One」に加入するには、「Apple Store」や「設定」から「アカウント」を開いて、「サブスクリプション」の項目を開きます。

「サブスクリプション」の項目に、「Apple One」が追加されているので、選択しましょう(OSを最新のバージョンにアップデートしましょう)。

「Apple One」の登録画面を開くと、個人プランの月額¥1,100か、ファミリープランの月額¥1,850かの2択しかないことに気がつきます。

と言うのも、「Apple Music」や「Apple Arcade」などのサービスでは、月額プランに他にも年額プランが用意されていて、少しお得に利用できていたためです。

ところが、「Apple One」では月額プランしか選択肢がないようです。

Apple Oneは年間いくらかかる?

Apple One
(個人)
Apple One
(ファミリー)
月額¥1,110¥1,850
年額¥13,200¥22,200

続いては、「Apple One」を契約すると、年間いくらかかるのか見ていきましょう。

まず個人プランですが、月額¥1,100なので、年間で¥13,200となります。

「Apple Music」の個人プランを年間プランで契約した場合¥9,800なので、現在Apple Musicの個人プランを年払いで加入している人は、年間プラス¥3,400で利用できます(iCloud 50GBは年間¥1,560)。

続いてはファミリープランですが、月額¥1,850なので、年間¥22,200となります。

「Apple Music」のファミリープランには年間プランがなく年間¥17,760のため、現在Apple Musicのファミリープランを年払いで加入している人は、年間プラス¥4,400で利用できます(iCloud 200GBは年間¥4,800)。

このように、個人プランでApple Musicを年払いにしている人は少しお得感が薄いですが、ファミリープランでApple Musicに加入していてかつiCloud 200GBを契約している人は、今すぐ切り替えた方がお得です。

Apple Oneをお得に使う方法

次は、「Apple One」をさらにお得に使うための方法をご紹介します。

「Apple One」の支払いには、クレジットカード払いの他に、「App Store & iTunes ギフトカード」を使うこともできます。

この「App Store & iTunes ギフトカード」なのですが、定期的にコンビニや楽天市場などで割引セールが行われています。

特に、楽天市場で「App Store & iTunes ギフトカード」を購入すると、カード払いができる(カード会社のポイントが貯まる)上に、楽天ポイントも貯められるので結構おいしいです。

さらに、貯まっている楽天ポイントを使って楽天市場で「App Store & iTunes ギフトカード」を買うこともできるので、使いきれない期間限定ポイントを消費するのにもオススメです。

例えば、10%オフで「App Store & iTunes ギフトカード」を購入してチャージしておけば、「Apple One」の個人プランは年間¥11,880、ファミリープランは年間¥19,980で利用することができます(実質的に)。

「App Store & iTunes ギフトカード」の最新の割引情報は、こちらのサイトからチェックできるようです(参考: iTunes Card 割引販売速報)。

このように、「Apple One」をお得に使うには、「App Store & iTunes ギフトカード」をうまく活用する方法もあります。

▼Music、TV+、Arcadeがテレビで楽しめる「Apple TV 4K」もオススメです

created by Rinker
Apple(アップル)
¥20,890 (2020/11/26 13:36:01時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『「Apple One」の年払いはない?月払いでもお得に使う方法』についてご紹介しました。

このように、「Apple One」には年払いがないので、月払いで支払う必要があります。

「Apple One」の年間にかかる料金は、個人プランが¥13,200、ファミリープランが¥22,200となっています。

これまで個人プランのApple Musicを年払いしていて人には、少しお得感が薄いのですが、ファミリープランのApple MusicとiCloud 200GBを契約していた人は今すぐ切り替えた方がお得です。

また、さらに「Apple One」をお得に使う方法として、「App Store & iTunes ギフトカード」をうまく使うという方法があります。

「App Store & iTunes ギフトカード」は、定期的にコンビニや楽天市場などで10%オフなどの割引が行われているため、セール時に買ってApple IDにチャージしておきましょう。

皆さんも、「Apple One」をうまく使って、お得にアップルのサービスを利用してみてはいかがでしょうか。