「Apple TV」のHDMIのバージョンは?どのケーブルを買えばいいのか

アップルの販売する「Apple TV 4K」は、4K HDRの出力に対応しています。

実は、この4K HDRがなかなかのクセモノで、きちんと4K HDRに対応したバージョンのHDMIケーブルを接続しないと、出力することができないのです。

そこで今回は、「Apple TVのHDMIのバージョンと、どのケーブルを買えばいいのか」についてご紹介します。

今回は、HDMIの主なバージョンのおさらいと、「Apple TV HD (第4世代)」と、「Apple TV 4K 第1世代」、「Apple TV 4K 第2世代」に対応するHDMIのバージョンについて見ていきましょう。

「Apple TV」はHDMIケーブルが別売りなので、ぜひケーブル選びの参考にしてください。

「Apple TV」のHDMIのバージョンは?

HDMIのバージョンをおさらい

HDMI 1.4HDMI 2.0HDMI 2.0aHDMI 2.1
伝送速度10.2Gbps18Gbps18Gbps48Gbps
解像度
フレームレート
4K 30Hz4K 60Hz4K 60Hz4K 120Hz
HDR対応なしなしありあり
ケーブルハイスピードプレミアムプレミアムウルトラ

まずは、2021年2月現在までにリリースされているHDMIの主なバージョンの違いについておさらいしておきましょう。

大きく分けると、1.42.02.0a2.14バージョンが存在します。

HDMI 1.4

2009年にリリースされた「HDMI 1.4」は、2160/30pまでの出力に対応しています。伝送速度は10.2Gbpsです。

HDMI 2.0

2013年にリリースされた「HDMI 2.0」は、2160/60pまでの出力に対応しています。伝送速度は18Gbpsです。現在販売されているほとんどのHDMIケーブルは、この「2.0」です。

HDMI 2.0a

2015年にリリースされた「HDMI 2.0a」は、HDRの出力に対応しています。伝送速度は18Gbpsです。

HDMI 2.1

2017年にリリースされた「HDMI 2.1」は、2160/120p、4320/60pまでの出力に対応しています。伝送速度は48Gbpsです。

Apple TVのHDMIのバージョンは?

続いて、「Apple TV HD (第4世代)」と、「Apple TV 4K」にそれぞれ対応している、HDMIのバージョンを見ていきましょう。

「Apple TV HD(第4世代)」の場合

2015年に発売された「Apple TV HD (第4世代)」のHDMIのバージョンは、「1.4」です。

そのため、HDMI 1.4よりも新しいバージョンのケーブルを購入するのが好ましいです。

ちなみに、「Apple TV HD (第4世代)」は、1080/60Hzまでの出力までしか対応していないため、HDMI 1.3のケーブルでも問題なく動作します。

「Apple TV 4K 第1世代」の場合

2017年に発売された「Apple TV 4K 第1世代」のHDMIのバージョンは「2.0a」です。

そのため、2.0aよりも新しいバージョンのケーブルを買うのが好ましいです。

「Apple TV 4K」は、4K 60Hz HDRの出力に対応しているため、4K HDRを堪能するには、HDMI 2.0aのケーブルが必須になります。

2.0a対応のHDMIケーブルには、「4K HDR対応」と記載されているので、参考にしてください。

「Apple TV 4K 第2世代」の場合

2021年に発売された「Apple TV 4K 第2世代」のHDMIのバージョンは「2.1」です。

そのため、2.1よりも新しいバージョンのケーブルを買うのが好ましいです。

「Apple TV 4K」は、4K 120Hzの出力に対応しているため、4K 120Hzを利用するには、HDMI 2.1のケーブルが必須になります。

▼「HDMI 2.1」対応のHDMIケーブルはこちら

最後に

今回は、「「Apple TV」のHDMIのバージョンは?どのケーブルを買えばいいのか」についてご紹介しました。

結論から言うと、迷った時は2.1より新しいバージョンのHDMIケーブルを買っておけば間違いありません

HDMIケーブルは互換性が高く、今後Apple TVを買い換えた際や、ほかの機器の接続にも使いまわせるので、とりあえず新しいバージョンのものを買っておけば間違いないのです。

現在は、2.0が最も多く、2.0aのものが徐々に増えてきていますが、今後は2.1が普及してくるでしょう。

みなさんも、対応のHDMIケーブルと「Apple TV 4K」で、4K HDRの世界を堪能しましょう。