「ドリキン」とは何者?サンフランシスコ在住ユーチューバーに注目!

今回は「ドリキン(drikin)」さんという、ユーチューバー(Vlogger)の方をご紹介します。

ドリキンさんは、テクノロジーの本場であるアメリカのカリフォルニア州サンフランシスコに住んでいる日本人の方です。

ドリキンさんは、現地でしか見られないような興味深いネタや、最新のテック系情報などを紹介してくれる、サンフランシスコ在住ユーチューバーなのです。

また、2019年にはフォーブスが選ぶトップインフルエンサー50人に選ばれるなど、注目を集めてきているようです(参考: Forbes JAPANが選ぶトップインフルエンサー50人を発表。影響力の本質とは何か?)。

今回は、そんな「ドリキンとは何者なのか」、「どんな動画を投稿しているのか」について見ていきましょう。

「ドリキン」とは何者?

ドリキンさんとは?

ドリキン(drikin)」こと、青木剛一(Kohichi Aoki)さんは、サンフランシスコでソフトウェアエンジニアをされている日本人の方です。

出身は神奈川県の横須賀だそうで、「ドリキン(drikin)」というハンドルネームは、尊敬するレーシングドライバーである土屋圭市さんから取られたそうです。

また、ソフトウェアエンジニアという職業病からか、ガジェット系やテック系の新しいモノやサービスが好きな、いわゆるギークのようです。

ちなみに、すぐに新しいモノを買ってしまうことから、一部では「散財王」などと呼ばれていたり、自らを「プロ散財家(?)」と名乗ることもあるようです。

さらに、趣味の散財がきっかけで、中田ヤスタカさん、瀬戸弘司さん、カズチャンネルのカズさんらと、「散財兄弟」というユニットも結成されています(参考: 「散財兄弟」とは?4人のメンバーを紹介!)。

このように、ソフトウェアエンジニアをされていてガジェットやテック系の新しいもの好きな散財王というのが、ドリキンさんの特徴のようです。

どんな動画を投稿してるの?

ドリキンさんの投稿する動画は、主にサンフランシスコでの生活の日々がメインになっています。

ドリキンさんの動画では、散財王と呼ばれるだけあって、「スマホ」、「パソコン」、「タブレット」はもちろん、「ドローン」、「VR/AR/MR」、「ゲーム機」、「カメラ/レンズ」、「IoT機器」、「3Dプリンタ」、「スマートウォッチ」といったさまざまな最新ガジェットたちが動画に登場します。

また、新しいガジェットを入手して使ってみる動画はもちろん、最新のソフトウェアやVR、ゲームなどのイベントに参加したり、サンフランシスコで流行りのお店飲食店に行ったりする日常なども、Vlog(ブイログ)形式でアップされています。

サンフランシスコの美しい景観を見ているだけでもテンションが上がるのですが、現地に住んでいる人々や、日本人がどんな生活をしているのかなども動画から垣間見ることができます。

さらに、時々テック業界のちょっとすごい方々もドリキンさんの動画に登場し、IT業界の行く末などについて語り合ってくれたりもします。

このように最新ガジェットやテック系の話題はもちろん、日本に住んでいる私たちが普段味わえないような西海岸特有の自由なカルチャー  などを知ることができるのがドリキンさんの動画の特徴です。

ポッドキャストにも注目!

また、ドリキンさん、ライター/編集者の松尾さんらを中心に、「backspace.fm (バックスペース・ドット・エフエム」というPodcast(ポッドキャスト)も配信されています。

「バックスペースエフエム」では、テック系の話題を中心に、最新の気になるニュースや、エピソードなどをユルく語ってくれます。

また、不定期で多方面からゲストの方も参加されるので、ググっても出てこないようなマニアックな話も聞くことができます。

「バックスペースエフエム」には、専用のMastodon(マストドン)インスタンスである、「グルドン」も開設されていて、2021年2月28日現在はポッドキャストの概要欄のリンクから登録することができるようです。

「バックスペースエフエム」は基本的に土曜日か日曜日のお昼頃にライブ配信されています。最新の情報はウェブサイトのGoogleカレンダーよりチェックしましょう。過去のアーカイブ音声はウェブサイトやPodcastアプリから聞くことができます。

「バックスペースエフエム」は通勤・通学の間や運転中にも聞くことができるのでオススメです。

ニューヨークで活躍するインフルエンサーのYukaさんは、2019年1月でレギュラーからは卒業されましたが、YouTubeで活動されていたり、たまにゲストで出演してくれています。

さらに、コアリスナー向けのnoteサブスクサービス「BS Magazine」もあるようです。

▼ドリキンさんも愛用するカメラ「ソニー α7S III」もオススメです

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥496,000 (2021/10/17 15:02:56時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『「ドリキン」とは何者?サンフランシスコ在住ユーチューバーに注目!』についてご紹介しました。

このように、ドリキンさんの動画はガジェット系やテック系の話題が好きな方はもちろん、サンフランシスコの生活に憧れている方や、「とにかく新しいものが好き」という方はきっと気に入るのではないでしょうか。

ドリキンさんの動画は、最新のテクノロジー情報をゲットする目的で見るのもいいですし、日本とアメリカの文化の違いを知るために見るのもまた楽しめると思いますし、はたまたドリキンさんの日常を楽しむために見るのもいいですね。

また、ポッドキャストの「backspace.fm (バックスペース・ドット・エフエム」でも、毎週テック系の話題についてトークされているので、最新の情報をゲットしたい方にオススメです。

気になった方はぜひドリキンさんのYouTube動画や、ポッドキャストをチェックしてみましょう。

YouTubeチャンネル: 散財小説ドリキン