「4Kテレビ」にする意味がない人・意味がある人4選!どっち?

最近は、「4Kテレビ」という言葉を耳にする機会が増えてきたと思います。

特に2020年は買い替え需要と外出自粛の影響で、「4Kテレビ」を含む4Kチューナー内蔵機器の販売台数が累計500万台を突破したようです(参考: やはりテレビは売れていた、新4K/8K衛星放送の機器が500万台を突破)。

また、「4K」に対応するコンテンツも、4K放送、4K動画配信、4Kブルーレイ、4Kゲーム機といった具合に、徐々に増えてきています。

そんな中、「4Kテレビには意味があるの?」、「4Kテレビに買い替えても意味ないのでは?」と思っている人もいるかもしれません。

結論から言うと、「4Kテレビ」を買って満足できるかどうかは人によるところがあります。

そこで今回は、「4Kテレビにする意味がない人と意味がある人」について見ていきましょう。

「4Kテレビ」にする意味がない人・意味がある人4選

「4Kテレビ」にする意味がない人4選

まずは、「4Kテレビ」にする意味がない人について見ていきます。

4Kテレビにする意味がない人1. 地デジしか見ない人

1例目の4Kテレビにする意味がない人は、「地デジしか見ない人」です。

「地デジ」は、画面解像度「1,440 x 1,080」の1080iで放送されてるため、「4K 」には対応していません

そのため、普段からテレビで「地デジ」しか見ない人は、「4Kテレビ」に買い替えてもあまり意味はないかもしれません。

もちろん、最近の「4Kテレビ」には「地デジ」を綺麗に見せるためのアップコンバートの機能を搭載したものがありますが、これは画質が多少マシになるだけで4Kのような高画質になることはありません

実際に、「HDテレビ」から「4Kテレビ」に買い替えた結果、画面サイズと解像度が上がったため、以前よりも「地デジ」の粗が目立つようになってしまったという声もあります(参考: 地デジ画質について地デジの映りが良くない。こりゃ駄目や。)。

つまり、普段から「地デジ」の視聴をメインでテレビを使っている方は、「4Kテレビ」にすると、HDテレビよりも画質が劣って見えてしまう可能性があります。

このように、4Kテレビにする意味がない人の例の1つに、「地デジしか見ない人」があります。

4Kテレビにする意味がない人2.フルHD(1080p)のネット動画しか見ない人

2例目の4Kテレビにする意味がない人は、「フルHD(1080p)のネット動画しか見ない人」です。

最近はApple TV、Fire TV、Chromecastなどの「ストリーミングデバイス」を使って、テレビで「動画配信サービス」を楽しんでいる人も増えていると思います。

「動画配信サービス」には、YouTube、Netflix、Amazonプライム・ビデオ、Disney+、Hulu、DAZNなど、さまざまなサービスがあります。

とは言っても、これら「動画配信サービス」の4K対応作品はまだまだ少なく、ほとんどのコンテンツはフルHDの1080pで配信されています。

そのため、「普段見ているネット動画がフルHDの1080pだよ」という人の場合は、「4Kテレビ」に変えてもあまり意味はないかもしれません。

このように、4Kテレビにする意味がない人の例の1つに、「フルHD(1080p)のネット動画しか見ない人」があります。

▼「Fire TV Stick」はこちら

4Kテレビにする意味がない人3. DVD・Blu-rayしか見ない人

3例目の4Kテレビにする意味がない人は、「DVD・Blu-rayしか見ない人」です。

「DVD」は、画面解像度「720 x 480」の480iまたは480pで収録、「Blu-ray」は、画面解像度「1920 x 1080」の1080iまたは1080pで収録されてるため、「4K 」には対応していません

そのため、普段からテレビで「DVD・Blu-ray」しか見ない人は、「4Kテレビ」に買い替えてもあまり意味はないかもしれません。

もちろん、最近の「4Kテレビ」には「DVD・Blu-ray」を綺麗に見せるためのアップコンバートの機能を搭載したものがありますが、これは画質が多少マシになるだけで4Kのような高画質になることはありません

さすがに「4Kテレビ」で「DVD」を見ると24倍に引き伸ばされて表示されるためボヤけて見えたり荒っぽく見えるのですが、「Blu-ray」の場合は4倍の表示なので作品によっては割と綺麗に表示される場合もあります。

とは言っても、「普段よく見ているのがDVD・Blu-ray」という人の場合は、「4Kテレビ」に変えてもあまり意味はないかもしれません。

このように、4Kテレビにする意味がない人の例の1つに、「DVD・Blu-rayしか見ない人」があります。

4Kテレビにする意味がない人4. スイッチ・PS4でしかゲームを遊ばない人

4つ目の4Kテレビにする意味がない人は、「スイッチ・PS4でしかゲームを遊ばない人」です。

任天堂の「Nintendo Switch (ニンテンドー・スイッチ)」や、ソニーの「PlayStation 4 (プレイステーション・フォー)」は、画面解像度「1920 x 1080」の1080pまでの出力にしか対応していません(PS4 Proは除く)。

そのため、普段からテレビで「スイッチ・PS4」でしかゲームを遊ばない人は、「4Kテレビ」に買い替えてもあまり意味はないかもしれません。

もちろん、最近の「4Kテレビ」には「スイッチ・PS4」を綺麗に見せるためのアップコンバートの機能を搭載したものがありますが、これは画質が多少マシになるだけで4Kのような高画質になることはありません

このように、4Kテレビにする意味がない人の例の1つに、「スイッチ・PS4でしかゲームを遊ばない人」があります。

▼「スイッチ」はこちら

「4Kテレビ」にする意味がある人4選

続いては、「4Kテレビ」にする意味がある人について見ていきます。

4Kテレビにする意味がある人1. BS4K放送を見たい人

1つ目の4Kテレビにする意味がある人は、「BS4K放送を見たい人」です。

2018年12月から始まった「BS4K放送」では、画面解像度「3,840 x 2,160」の2160p、HLG HDR対応で放送されています。

そのため、「4Kテレビ」とBS4Kチューナーを内蔵したデバイスを用意することで、「BS4K放送」を4K SDR、または4K HDRで視聴することができます。

「BS4K放送」は、NHK BS4K、BS日テレ 4K、BS朝日 4K、BS-TBS 4K、BSテレ東 4K、BSフジ 4K、WOWOW 4Kなどのチャンネルを視聴できます。

ここで注意が必要なのは、2021年3月20日時点では、民法のチャンネルであるBS日テレ 4K、BS朝日 4K、BS-TBS 4K、BSテレ東 4K、BSフジ 4Kでは、ほとんどが2K SDRのコンテンツを垂れ流しているだけということです(参考: 4K放送は汚い・画質が悪い?民放はほぼ2K SDRコンテンツ)。

それでも、NHKの人気コンテンツである「紅白歌合戦」、「連続テレビ小説」、「大河ドラマ」などが4K HDR版で見れることが「NHK BS4K」のメリットです。

つまり、「BS4K放送を見たい」という人は、「4Kテレビ」にすることに意味があります

このように、4Kテレビにする意味がある人の例の1つに、「BS4K放送を見たい人」があります。

4Kテレビにする意味がある人2. 4Kのネット動画を見たい人

2つ目の4Kテレビにする意味がある人は、「4Kのネット動画を見たい人」です。

最近は、テレビにOSが内蔵されている「スマートテレビ」や、外付けの「ストリーミングデバイス」を使って、テレビで「動画配信サービス」を見ることができます。

「動画配信サービス」の中でも、YouTube、Netflix、Amazonプライム・ビデオ、Apple TV+などでは、4K HDRの高画質配信に対応しています。

「YouTube」では、4K SDRや4K HDRに対応する高画質動画が増えてきていますし(参考: Yoron Island Japan in 8K HDR – 与論島)、瀬戸弘司さんなどの人気ユーチューバーが4Kで配信している例もあります(参考: 【作業用せとこうじ 4K高画質版】勉強や仕事のおともに!瀬戸弘司があなたのとなりでずっと編集しててくれる動画。 / α7S III 4K60p …)。

「Netflix」、「Amazonプライム・ビデオ」、「Apple TV+」などでは、オリジナル作品の映画、ドラマ、アニメ、ドキュメンタリーなどが4K HDRで配信されています(参考: 「Apple TVアプリ(iTunes)」の4K HDR対応映画!作品の一覧【随時更新】)。

つまり、YouTube、Netflix、Amazonプライム・ビデオ、Apple TV+などで、「ネット動画を4Kで楽しみたい」という人は「4Kテレビ」にすることに意味があります

このように、4Kテレビにする意味がある人の例の1つに、「4Kのネット動画を見たい人」があります。

▼4Kの動画配信が見れる「Apple TV 4K」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥21,800 (2021/09/22 17:38:37時点 Amazon調べ-詳細)

4Kテレビにする意味がある人3. Ultra HD Blu-rayを見たい人

3つ目の4Kテレビにする意味がある人は、「Ultra HD Blu-rayを見たい人」です。

「Ultra HD Blu-ray」は、画面解像度「3,840 x 2,160」の2160p、HDR対応で収録されてるため、「4K HDR」に対応しています

そのため、「Ultra HD Blu-rayで映画・ドラマ・アニメなどを楽しみたい」という人は、「4Kテレビ」にすることに意味があります

「Ultra HD Blu-ray」では、2021年3月時点では最高画質で作品を視聴できるメディアなので、画質を追求するマニアの方にオススメになります。

このように、4Kテレビにする意味がある人の例の1つに、「Ultra HD Blu-rayを見たい人」があります。

▼「Ultra HD Blu-rayプレーヤー」はこちら

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥21,705 (2021/09/22 18:40:03時点 Amazon調べ-詳細)

4Kテレビにする意味がある人4. PS5やXbox Series Xのゲームを遊びたい人

4つ目の4Kテレビにする意味がある人は、「PS5やXbox Series Xのゲームを遊びたい人」です。

ソニーの「PlayStation 5 (プレイステーション・ファイブ)」、マイクロソフトの「Xbox Series X (エックスボックス・シリーズ・エックス)」では、画面解像度「3,840 x 2,160」の2160p、HDR出力に対応しています。

そのため、「PS5」または「Xbox Series X」を遊びたい、またはもう買ったよという人は、「4Kテレビ」にすることに意味があります

また、「PS5」、「Xbxo Series X」ともにHDRの出力にも対応しているので、ゲームに向いている「4K HDR対応テレビ」を用意したいところです。

このように、4Kテレビにする意味がある人の例の1つに、「PS5やXbox Series Xのゲームを遊びたい人」があります。

▼「4K HDR対応 有機ELテレビ」はこちら

created by Rinker
LG
¥115,000 (2021/09/22 10:36:44時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『「4Kテレビ」にする意味がない人・意味がある人4選!どっち?』についてご紹介しました。

このように、「4Kテレビ」にする意味がない人には、①地デジしか見ない人、②フルHD(1080p)のネット動画しか見ない人、③DVD・Blu-rayしか見ない人、④スイッチ・PS4でしかゲームを遊ばない人などの例があります。

逆に、「4Kテレビ」にする意味がある人には、①BS4K放送を見たい人、②4Kのネット動画を見たい人、③Ultra HD Blu-rayを見たい人、④PS5やXbox Series Xのゲームを遊びたい人などの例があります。

おそらく、2021年の現状ではほとんどの人が「4Kテレビにする意味がない人」の側になると思います。

しかしながら、今後は「4Kのネット動画を見たい」、「PS5やXbox Series Xのゲームを遊びたい」という人が増えてくると思うので、徐々に「4Kテレビ」の需要も増えていくのではないでしょうか。

果たして、「4Kテレビ」は今後どこまで普及していくのか、注目ですね。