「Apple TV」対応リモコン5種類!Siri Remoteだけじゃない

今回は、「Apple TV対応リモコン」についてご紹介します。

アップルの販売するストリーミングデバイスの「Apple TV (アップル・ティーヴィー)」では、動画の視聴、アプリ、ゲーム、AirPlayなど、さまざまな機能を使うことができます。

そんな中、「Apple TVではどのリモコンが使えるの?」、「Apple TV対応リモコンは?」と気になっている方もいると思います。

結論から言うと、現在販売されている「Apple TV 4K」と「Apple TV HD」では、Siri Remote、テレビのリモコン、赤外線リモコン、Apple TV Remoteなどを使うことができます。

そんなわけで今回は、「Apple TV対応リモコン」について見ていきましょう。

「Apple TV」対応リモコン5種類

「Apple TV」対応リモコン1. Siri Remote 第2世代

1つ目のApple TV対応リモコンは、「Siri Remote 第2世代」です。

「Siri Remote 第2世代」は2021年に登場したアップル純正のリモコンです。

「Siri Remote 第2世代」は、「タッチ対応クリックパッド」を搭載し、クリック、スワイプ、ジェスチャーの3種類の操作方法に対応しています。

「Siri Remote 第2世代」は、「Apple TV 4K 第2世代」、「Apple TV HD (2021年5月以降)」に同梱されています。

「Siri Remote 第2世代」は、「Apple TV HD」、「Apple TV 4K 第1世代」、「Apple TV 4K 第2世代」に対応しています。

このように、Apple TV対応リモコンの1つに、「Siri Remote 第2世代」があります。

▼「Siri Remote 第2世代」搭載の「Apple TV 4K」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥21,800 (2022/05/24 21:08:06時点 Amazon調べ-詳細)

「Apple TV」対応リモコン2. Siri Remote 第1世代

2つ目のApple TV対応リモコンは、「Siri Remote 第1世代」です。

「Siri Remote 第1世代」は2015年に登場したアップル純正のリモコンで、2017年には「MENUボタン」がマイナーチェンジされています。

「Siri Remote 第1世代」は、「タッチサーフェス」を搭載し、スワイプ操作に対応しています。

「Siri Remote 第1世代」は、「Apple TV 4K 第1世代」、「Apple TV HD (2021年4月まで)」に同梱されています。

「Siri Remote 第1世代」は、「Apple TV HD」、「Apple TV 4K 第1世代」、「Apple TV 4K 第2世代」に対応しています。

このように、Apple TV対応リモコンの1つに、「Siri Remote 第1世代」があります。

▼「Siri Remote 第1世代」はこちら

「Apple TV」対応リモコン3. テレビのリモコン(CEC経由)

3つ目のApple TV対応リモコンは、「テレビのリモコン(CEC経由)」です。

「Apple TV」では、テレビのリモコンでCEC(HDMIリンク)を使って操作することができます。

テレビのリモコンを「Apple TV」で使うたには、特に設定などは必要なく自動的に使えるようになっています。

テレビリモコンの「↑↓←→ボタン」と「決定ボタン」はそのままで、「戻るボタン」は「MENUボタン」に、「早送り/巻き戻しボタン」は2段階で切り替えられるようになっています。

テレビのリモコンを使うことで、「Apple TV」を使うたびにリモコンを持ち替えなくていいので便利です。

このように、Apple TV対応リモコンの1つに、「テレビのリモコン(CEC経由)」があります。

「Apple TV」対応リモコン4. 赤外線リモコン(登録して使う)

4つ目のApple TV対応リモコンは、「赤外線リモコン(登録して使う)」です。

「Apple TV」では、「赤外線リモコン」を登録して使うことができます。

「赤外線リモコン」を登録するには、「Apple TV」のホーム画面から「設定」を開いて、「リモコンとデバイス」、「リモコンを追加」の順に進みます。

あとは、画面の指示に従って「赤外線リモコン」にボタンを割り振っていきましょう

もちろん、すでに他の機器に使っている「赤外線リモコン」の場合は操作が干渉してしまうため、使わなくなったリモコンを使うのがオススメです。

ちなみに、「赤外線リモコン」であれば大抵のものが使えるので、「エアコン」や「扇風機のリモコン」なども登録できました。

このように、Apple TV対応リモコンの1つに、「赤外線リモコン(登録して使う)」があります。

「Apple TV」対応リモコン5. Apple TV Remote

5つ目のApple TV対応リモコンは、「Apple TV Remote」です。

「Apple TV」は、iPhone、iPad、iPod touchに標準搭載されている「Apple TV Remote (アップル・ティーヴィー・リモート)」を使って操作することができます。

「Apple TV Remote」は、OSを最新の状態にアップデートしていれば、コントロールセンターに自動的に追加されています。

もしもコントロールセンターに「Apple TV Remote」がない場合は、手動で追加します。

▲「Apple TV Remote」を手動で追加するには、まずiPhone、iPad、iPod touchの「設定」から、「①コントロールセンター」を開きます。

「コントロールセンター」を開いたら、「②コントロールをカスタマイズ」を選択します。

「コントロールをカスタマイズ」を開いたら、「③Apple TV Remote」を選択します。

▲「Apple TV Remote」を追加したら、コントロールセンターを開きます

「コントロールセンター」は、「iPhone X以降とiPad」は画面右上から下へスワイプ、「旧iPhoneとiPod touch」は画面下から上へスワイプすることで表示できます。

「コントロールセンター」を表示したら、「④リモコンのアイコン」を選択して「Apple TV Remote」を起動します。

「Apple TV Remote」を起動すると、お使いの「Apple TV」に自動的に接続されます。

「Apple TV Remote」は、中央の部分をスワイプとタップで操作し、下部の「MENU」、「Siri」、「ホーム」、「再生/停止」、「検索」を押して操作でいます。

また、「Apple TV」の文字入力の画面では接続したiPhone、iPad、iPod touchを使って入力できるので便利です。

このように、Apple TV対応リモコンの1つに、「Apple TV Remote」があります。

▼「Apple TV 4K」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥21,800 (2022/05/24 21:08:06時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『「Apple TV」対応リモコン5種類!Siri Remoteだけじゃない』についてご紹介しました。

このように、「Apple TV」では、①Siri Remote 第2世代、②Siri Remote 第1世代、③テレビのリモコン(CEC経由)、④赤外線リモコン(登録して使う)、⑤Apple TV Remoteといったリモコンに対応しています。

「Siri Remote 第1世代」、「Siri Remote 第2世代」は、どちらも「Apple TV HD」、「Apple TV 4K 第1世代」、「Apple TV 4K 第2世代」に対応しています。

また、「Siri Remote」以外にも、「テレビリモコン」をCEC経由で使ったり、「赤外線リモコン」を登録して「Apple TV」で使うこともできます。

さらに、iPhone、iPad、iPod touchから「Apple TV Remote」を使って「Apple TV」を操作することもできます。

皆さんも、あなたに合った最適なリモコンを使って、快適に「Apple TV」を操作してみてはいかがでしょうか。