新型「Apple TV」は4K 120Hz対応?HDMI 2.1搭載か

2021年に発売される新しい「Apple TV」が、4K 120Hzに対応するのではないかという情報が出てきました(参考: 新型Apple TVは120Hz対応?最新tvOSベータ版から手がかり見つかる)。

どうやら、「tvOS 14.5」のベータ版の中に、120Hzに関するコードが見つかったようです(参考: tvOS 14.5 beta code suggests 120Hz support coming to a new Apple TV mode)。

現在販売されている「Apple TV 4K」では、「HDMI 2.0」までしか対応していないので、物理的に4K 120Hzに対応することができません

そのことから、2021年発売の「Apple TV」の新型が「HDMI 2.1」を搭載して4K 120Hzの出力に対応するのではという予想が出ているわけです。

これまでの「Apple TV」を振り返ってみると、新しい機種が出る度に映像出力関係に何らかのアップデートがあったため、4K 120Hz対応も十分にあり得る話だと思います。

※追記: 新しい「Apple TV 4K 第2世代」は「HDMI 2.1」に対応しています(参考: 新型「Apple TV 4K 第2世代」が発表!21年5月後半に発売)。

「Apple TV 4K」の新型は120Hz対応?

歴代「Apple TV」のHDMIバージョンをおさらい

Apple TV
第1世代
Apple TV
第2世代
Apple TV
第3世代
Apple TV HD
第4世代
Apple TV 4K
発売20092010201220152017
HDMI1.42.0a
出力720p720p1080p1080p
60Hz
2160p
Dolby Vision、HDR10
60Hz
CECなしなしなしありあり

まずは、これまでの歴代の「Apple TV」のHDMIのバージョンをおさらいしておきます。

とはいっても、「Apple TV」のHDMIのバージョンが公開されるようになったのは「Apple TV HD (第4世代)」以降で、それまでは対応する映像出力の情報のみ公開されていたようです。

「Apple TV 第1世代」〜「Apple TV 第2世代」までは、HDMIは720pまでの出力となっていました。

2012年の「Apple TV 第3世代」では、初めて1080p出力に対応します。

2015年の「Apple TV HD (第4世代)」では、HDMI 1.4に対応し、初めてHDMI-CECに対応しています。

2017年の「Apple TV 4K」では、HDMI 2.0aに対応し、初めて2160p、Dolby Vision、HDR10の出力に対応しています。

このように、歴代の「Apple TV」を見ると、新型が出るたびに映像出力に関して何らかのアップデートがありました。

そのため、2021年に発売される新型「Apple TV」が、HDMI 2.1と4K 120Hzに対応してもおかしくはない話なのです。

4K 120Hzの恩恵はUIと一部のゲーム?

もしも新型「Apple TV」が4K 120Hzに対応するとして、一体どのような恩恵があるのでしょうか。

まずは、ホーム画面などのUIが、120Hzでヌルヌル動くようになるということです。

これは一見地味なのですが、UIが120Hzで動くようになることで、操作の快適度が上がりますし、使用時のストレスも減ります

他には、一部のゲームが120Hzに対応して遊べるようになることが予想されます。

最近は、「FΛNTΛSIΛN (ファンタジアン)」や「World of Demons – 百鬼魔道」などがリリースされて注目されている「Apple Arcade」ですが、対応ゲームは「Apple TV」でもプレイすることができます。

そんな「Apple Arcade」のゲームも、新型「Apple TV」で120Hzに対応するゲームするソフトが出てくるのではないでしょうか。

このように、「Apple TV」が120Hzに対応することで、UIと一部のゲームで恩恵を受けることになります。

Apple TVはゲーム機になれる?

2021年の新型「Apple TV」では、4K 120Hz対応に加えて、「A14」などの高性能なチップが搭載されると予想されています。

これはやはり、アップルは「Apple TV」を家庭用ゲーム機として売りたがっているためではないでしょうか。

「Apple TV 4K」は定価2万円程度で販売されていて、コントローラーと合わせて買っても3万円以内に収まります

そのため、まず価格面では「Apple TV」はスイッチやPlayStationなどと戦うことができるわけです。

次に重要なのはソフトで、「Apple Arcade」に今後神ゲーが続々と追加されていけば、自ずと「Apple Arcadeをテレビで遊びたい」という需要も増えていくと思います。

「Apple Arcade」は2019年に始まってからあまりパッとしませんでしたが、2021年4月になってタイトルが充実し始めたので(参考: 「App Store」のゲームが「Apple Arcade」へ移植開始!遊び放題へ)、今後はさらに力を入れてくると思います。

動画の視聴では無意味?

次に、動画の視聴において120Hzはどうなのかという話なのですが、これはあまり意味がないかもしれません。

というのも、映画やドラマでは基本的に24fpsでの制作が主流なので(これは今後も変わらない)、120Hzに対応したところで表示される映像は変わらないためです。

また、「YouTube」でも最大60fpsまでしか対応していないので(21年4月時点)、そもそも120fpsの動画コンテンツ自体がないという問題もあるのです。

もしかすると、今後はゲームやスポーツ動画の配信などで120fps対応のサービスが出てくるかもしれないので、そうなると120Hzで動画が楽しめる時代も来ると思います。

このように、動画視聴における120Hzは現状では意味がないのですが、今後120Hz対応の動画配信サービスが出てくるかもしれません。

▼Apple TV対応コントローラー「Gamesir G4 Pro」もオススメです

最後に

今回は、『新型「Apple TV」は4K 120Hz対応?HDMI 2.1搭載か』についてご紹介しました。

このように、2021年に発売されるであろう新しい「Apple TV」では、HDMI 2.1を搭載して4K 120Hz出力に対応するかもしれません。

「Apple TV」のこれまでの歴史を振り返ってみても、新型が出るたびに映像出力関係にアップデートがあったため、HDMI 2.1の対応は十分にあり得そうです。

「Apple TV」が120Hzに対応してどんな良いことがあるのかと言うと、ホーム画面やUIがサクサクになることに加えて、ゲームが120fpsで遊べるということがあります。

また、アップルは最近「Apple Arcade」に力を入れ始めているので、「Apple Arcade」から120fps対応ゲームが出てきそうです。

動画の視聴に関しては、現状では120fps対応の動画配信サービスがないのですが、今後ゲームやスポーツの配信で対応するものが出てくるかもしれません。

果たして、2021年に発売されるであろう新しい「Apple TV」はどのようなデバイスになるのか、楽しみですね。