iPhoneをSwitch化するコントローラー「GameSir X2 Bluetooth」レビュー!

※プロモーションを含みます。

今回は、GameSir社からゲームコントローラーの「GameSir X2 Bluetooth (ゲームサー・エックスツー・ブルートゥース)」の提供をいただけだので、レビューしていきます。

「GameSir X2 Bluetooth」は、iOS、Androidで使えるモバイルゲーミングコントローラーとして販売されています(参考: GameSir X2 Bluetooth Mobile Gaming Controller – GameSir Official Store)。

「GameSir X2 Bluetooth」の特徴は、スマホに装着して「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の携帯モードのように画面の左右のコントローラーを操作して使えることです。

また、「GameSir X2 Bluetooth」はアップルのゲームサービス「Apple Arcade (アップル・アーケード)」やMFiゲームにも対応しています。

そこで今回は、実際に「GameSir X2 Bluetooth」で「Apple Arcade」のゲームをプレイしてみて、どれくらい快適に遊べるのかを試していきます。

「iPhone」を「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」のようにして遊べるコントローラーを探している方は、ぜひ参考にして見てくだい。

※今回はレビュー用にいただいた製品を使っていますが、良い点はもちろん、悪い点もご紹介していきます。

iPhoneをSwitch化するコントローラー「GameSir X2 Bluetooth」レビュー!

目次

  1. 「GameSir X2 Bluetooth」のスペック
  2. 「GameSir X2 Bluetooth」の開封
  3. 「GameSir X2 Bluetooth」をiPhoneにペアリング
  4. 「GameSir X2 Bluetooth」でApple Arcadeをプレイ
  5. 「GameSir X2 Bluetooth」と「Switch」を比較
  6. 「GameSir X2 Bluetooth」を使ってみた良い点
  7. 「GameSir X2 Bluetooth」を使ってみた悪い点
  8. 「GameSir X2 Bluetooth」はスマホでゲームを快適に遊びたい人にオススメ!

「GameSir X2 Bluetooth」のスペック

GameSir X2 Bluetooth
対応OSiOS、Android
接続方法Bluetooth
搭載ボタンLRスティック、A/B/X/Yボタン、十字キー、
L1R1ボタン、L2R2ボタン、L3R3ボタン、
Gボタン、Sボタン、スクショボタン、ターボボタン、ホームボタン
対応サイズ173mmまで
充電ポートUSB-C
バッテリー容量500mAh
重さ186g

まずはGameSir X2 Bluetooth」のスペックについて見ていきましょう。

「GameSir X2 Bluetooth (ゲームサー・エックスツー・ブルートゥース)」は、ゲーミング用のマウス、キーボードなどを手掛けている「GameSir (ゲームサー)」が販売するスマホ用のモバイルゲーミングコントローラーです。

「GameSir X2 Bluetooth」は、iOSとAndroidに対応しています。

「GameSir X2 Bluetooth」は、スマホに装着して、「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の携帯モードのように画面の左右のコントローラーで操作することができます。

同じGameSirが販売する「GameSir X2」では、USB-C接続だったためiPhoneでは使えなかったのですが、「GameSir X2 Bluetooth」はBluetooth接続なのでiPhoneやiPod touchでも利用することができます

搭載ボタンは、LRスティック、A/B/X/Yボタン、十字キー、L1R1ボタン、L2R2ボタン、L3R3ボタン、Gボタン、Sボタン、スクショボタン、ターボボタン、ホームボタンとなっています。

「GameSir X2 Bluetooth」では、最大173mmまでの大きさのスマホを装着することができます。

また、「Apple Arcade」、「MFiゲーム」、「クラウドゲーム」にも対応しています。

「GameSir X2 Bluetooth」の充電ポートは、「USB-C」となっていて、内蔵のバッテリー容量は500mAh、重さは186gとなっています。

このように、「GameSir X2 Bluetooth」はスマホに直接装着できるモバイルゲーミング用のコントローラーとなります。

詳しくはこちら: GameSir X2 Bluetooth Mobile Gaming Controller – GameSir Official Store

▼「GameSir X2 Bluetooth」はこちら

「GameSir X2 Bluetooth」の開封

▲続いては、「GameSir X2 Bluetooth」の開封について見ていきましょう。

「GameSir X2 Bluetooth」の箱は、コンパクトで赤色が特徴的なパッケージとなっています。

▲「GameSir X2 Bluetooth」の箱を開けると、中から赤色の専用ポーチが現れます。

ポーチは外出時に収納するのに便利ですし、カバー部分は意外と固いので衝撃からもしっかり守ってくれそうです。

▲ポーチを開けると、中から、「GameSir X2 Bluetooth」の本体が登場します。

左のスティックに赤色、右のスティックが青色が施されています。

▲ポーチは、ゴムのベルトに通すことで「GameSir X2 Bluetooth」を固定できるようになっていたので、開けた時に本体が飛び出さないようになっています。

また、ポーチの中には小物を収納できそうなポケットもあります。

▲内容は、「GameSir X2 Bluetooth」の本体、マニュアル、USB-C to USB-Aケーブル、アナログスティックのカバー、ステッカーが入っています。

▲こちらが「GameSir X2 Bluetooth」の本体になります。

「GameSir X2 Bluetooth」の大きさは、ケースをつけた状態の「iPhone 11 Pro Max」とほぼ同じ大きさでした。

これくらいコンパクトなら持ち運びも楽そうです。

▲「GameSir X2 Bluetooth」の本体の右側を軽く引っ張るとスッと伸びます

この状態であなたのスマホの大きさに合わせて装着することができます。

スマホを装着する中央と左右の面は全て滑り止めのゴム素材になっていて、スマホをしっかり固定してくれそうです。

▲「GameSir X2 Bluetooth」の背面には、ロゴとシリアルナンバーなどが記載されています。

左右のグリップ部分には滑り止めの素材が使われているので持ちやすいです。

ボタン類は、LRスティック、A/B/X/Yボタン、十字キー、L1R1ボタン、L2R2ボタン、L3R3ボタン、Gボタン、Sボタン、スクショボタン、ブーストボタン、ホームボタンがあります。

スティック部分は凸タイプですが、付属のスティックカバーを装着すると凹タイプになるので、お好みで使いましょう。

実際に触ってみたところ、十字キーは4方向にカチカチ押せるので、2Dゲームを遊ぶのに使いやすそうでした。

コントローラーを持ってみた印象としては、とても軽く、グリップ部分も滑りにくくて良いと思いました。

また、ホームボタンと充電ポートは左下の側面についています。

このホームボタンを長押しすることで、電源のオンオフができます。

▲「GameSir X2 Bluetooth」の充電ポートは、「USB-C」となっています。

試しに「iPad Pro」の充電ケーブルを使ってみましたが、問題なく充電することができました(USB-C to USB-Aケーブルも付属しています)。

以上が、「GameSir X2 Bluetoothの開封」になります。

「GameSir X2 Bluetooth」をiPhoneにペアリング

▲続いては、「GameSir X2 Bluetoothをペアリングする方法」について見ていきます。

まず「GameSir X2 Bluetooth」は、初期設定の状態でホームボタンを長押しして電源を入れると、青色のランプが点滅して起動するようになっています。

「GameSir X2 Bluetooth」では、青色のランプは「Android」用のペアリングモードとなっています。

そして青色ランプの「Android」用の設定になっていても、一応「iPhone」でBluetooth接続ができてしまうので注意が必要です。

もちろん、「Android」用のペアリングモードで「iPhone」に接続しても、ゲームが反応しないので操作することができません

ちなみに、私は最初は青色のランプの状態で「iPhone」にペアリングしてしまい、ゲームが反応しなくて少し焦りました。

▲「iPhone」で使うためには、「GameSir X2 Bluetooth」を「iOS」用のペアリングモードにする必要があります。

「iOS」用のペアリングモードは、「GameSir X2 Bluetooth」の電源をオフにした状態で、「Bボタン」と「ホームボタン」を同時に長押しして起動します。

▲うまくいくと、紫色のランプが点滅します。

紫色のランプが点滅しているときは無事に「iOS」用のペアリングモードになっているので、「iPhone」から接続を行います。

(ランプがすぐに消えてしまう場合は、GボタンとSボタンを同時に長押しして再ペアリングモードにしてみましょう。)

▲「GameSir X2 Bluetooth」の紫色のランプが点滅したら、お使いの「iPhone」から「設定」を開いて、「①Bluetooth」を開きます。

すると、「Bluetooth」のその他のデバイスの項目に「②Xbox Wireless Controller」というのが見つかるので選択します。

(表示されない場合は紫色のランプが点滅しているか再度確認しましょう。)

「Xbox Wireless Controller」を選択して、「③接続済み」と表示されれば、「iPhone」とのペアリングが完了です。

ちなみに、次回からは「GameSir X2 Bluetooth」の電源を入れるだけで自動的に「iPhone」に接続されます。

以上が、「GameSir X2 Bluetoothをペアリングする方法」になります。

「GameSir X2 Bluetooth」でApple Arcadeをプレイ

▲続いては、実際に「GameSir X2 Bluetooth」で「Apple Arcade」をプレイしていきます。

まずは、「GameSir X2 Bluetooth」を「iPhone 11 Pro Max」に接続して、「Apple Arcade」のゲームをいくつか遊んでみました。

▲「GameSir X2 Bluetooth」と「iPhone」をペアリングしたら、コントローラーのホルダーを伸ばして「iPhone」を装着します。

ホルダーの部分は、右側に軽く引っ張ると伸びるので、お使いの「iPhone」に合わせて伸ばし、固定します。

▲今回は、「iPhone 11 Pro Max」に「iFace」のケースをつけた状態で装着してみましたが、無事に固定することができました。

この状態でコントローラーを振っても「iPhone」がズレたり外れたりすることがないので、しっかり固定されているようです。

▲今回は「GameSir X2 Bluetooth」を使って、「FΛNTΛSIΛN (ファンタジアン)」や「World of Demons – 百鬼魔道」などをプレイしてみました。

操作性はさすがゲームコントローラーといったところで、「iPhone」をタッチ操作するよりもはるかに快適にゲームをプレイできます。

「Apple Arcade」では、ゲーム内のボタン表記と、コントローラーのボタン表記がきちんと合っているのもよかったです。

スティックとボタンの反応もよく、遅延などのストレスを感じることもなかったです。

「GameSir X2 Bluetooth」を使うことで、「ニンテンドースイッチ」の携帯モードと似たような感覚でプレイできたと思います。

以上が、「GameSir X2 BluetoothでApple Arcadeをプレイ」になります。

「GameSir X2 Bluetooth」と「Switch」を比較

▲続いては、「GameSir X2 Bluetooth」と「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」を比較していきます。

ここまで、「GameSir X2 Bluetooth」は「iPhone」をSwitch化できるコントローラーとして紹介してきたのですが、実際に「Nintendo Swich(ニンテンドースイッチ)」と並べて比べてみました

6.5インチの「iPhone 11 Pro Max」を「GameSir X2 Bluetooth」に装着した状態では、偶然にも「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」と横幅がほぼ同じ状態になりました。

実際に「GameSir X2 Bluetooth」を使ってゲームを操作した際の感覚も、スイッチの携帯モードで遊んでいる感覚に近かったと思います。

▲次に、厚みを比べてみると、さすがに「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の方が薄いのですが、実際に手に持って使ってみると厚さはそこまで気になりません

むしろ「GameSir X2 Bluetooth」のグリップが滑りにくく、Switchのジョイコンよりも持ちやすいと思いました。

このように、「GameSir X2 Bluetooth」は「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」と似ている部分があるため、「iPhone」をSwitchのように遊びたいという方にうってつけだと思います。

以上が、「GameSir X2 Bluetooth」と「Switch」の比較になります。

「GameSir X2 Bluetooth」を使ってみた良い点

続いては、「GameSir X2 Bluetooth」を使ってみた良い点について見ていきます。

主に以下の通りです。

  1. 操作性が良い
  2. 軽い
  3. コンパクト
  4. iOSとAndroidで使える

1つ目の「GameSir X2 Bluetooth」を使ってみた良い点は、「操作性が良い」です。

ゲームコントローラーを使う上で最も重要なのは操作性ですが、「GameSir X2 Bluetooth」は操作性がとても良かったです。

ボタン類は押しやすく、スティック操作もストレスなく快適に使うことができました

また、付属品にスティックにつけるカバーがついているので、お好みに合わせて使ってみるのも良いと思います。

2つ目の「GameSir X2 Bluetooth」を使ってみた良い点は、「軽い」です。

「GameSir X2 Bluetooth」の重さは186gと軽く、実際に持って使ってみてもほとんど重さを感じませんでした

これだけ軽いなら、長時間のゲームプレイでも疲れにくくて良いと思います。

3つ目の「GameSir X2 Bluetooth」を使ってみた良い点は、「コンパクト」です。

「GameSir X2 Bluetooth」は、収納時はiPhone 11 Pro Maxとほぼ同じ大きさになるので、コンパクトで持ち運びやすいです。

また、付属のポーチも「GameSir X2 Bluetooth」がピッタリ入る大きさであることに加えて、衝撃にも強そうで良いと思います。

4つ目の「GameSir X2 Bluetooth」を使ってみた良い点は、「iOSとAndroidで使える」です。

「GameSir X2 Bluetooth」は、iOSとAndroidのに対応しているので、ほとんどのスマホで使うことができます

私は「iPhone」でしか使っていませんが、「Android」スマホのユーザーの方も使えるので良いと思います。

以上が、「GameSir X2 Bluetooth」を使ってみた良い点になります。

「GameSir X2 Bluetooth」を使ってみた悪い点

続いては、「GameSir X2 Bluetooth」を使ってみた悪い点について見ていきます。

主に以下の通りです。

  1. ペアリングに戸惑った(最初だけ)
  2. ホームボタンが押しにくい

1つ目の「GameSir X2 Bluetooth」を使ってみた悪い点は、「ペアリングに戸惑った(最初だけ)」です。

「GameSir X2 Bluetooth」は、初期設定では「Android」用のペアリングモードになっていることに加えて、「Android」用でも「iPhone」と接続できてしまうので間違えてしまいました。

もちろん、付属のマニュアルを見れば「iOS」用のペアリングモードにすることが書いてあるので私の不注意でもありす。

とは言っても、「GameSir X2 Bluetooth」は一度「iPhone」とペアリングしてしまえば、再ペアリングが必要ないので、戸惑うのも最初だけだと思います。

2つ目の「GameSir X2 Bluetooth」を使ってみた悪い点は、「ホームボタンが押しにくい」です。

「GameSir X2 Bluetooth」の「ホームボタン」は、本体左下の充電ポートの隣についています

この「ホームボタン」なのですが、押しにくい場所にあることに加えて、ボタンが小さくてとても押しにくいです。

「ホームボタン」は電源オンオフ時に使うため、使用頻度が高いことからもっと押しやすい場所につけてくれてもよかったと思います。

個人的には「GameSir X2 Bluetooth」の「ターボボタン」は使わないので、この場所に「ホームボタン」があればもっと使いやすくなっていたと思います。

以上が、「GameSir X2 Bluetooth」を使ってみた悪い点になります。

「GameSir X2 Bluetooth」はスマホでゲームを快適に遊びたい人にオススメ!

最近はアップルの「Apple Arcade」や、マイクロソフトの「Xbox Cloud Gaming」など、スマホでも本格的なゲームが遊べる時代になってきました。

これまでのモバイルゲームではタッチ操作で十分だったかもしれませんが、これからは「スマホでもゲームコントローラーを使ってより本格的に遊びたい」と考えるユーザーも増えてくると思います。

そんなスマホで本格的にゲームを遊びたいユーザーに、「GameSir X2 Bluetooth」はとてもオススメのコントローラーです。

今回は「Apple Arcade」のゲームを「GameSir X2 Bluetooth」で遊んでみましたが、コンシューマー機のスイッチのように快適にプレイすることができました。

このように、「GameSir X2 Bluetooth」はスマホ向けのコントローラーを探している方にオススメになります。

▼「GameSir X2 Bluetooth」はこちら

最後に

今回は、『iPhoneをSwitch化するコントローラー「GameSir X2 Bluetooth」レビュー!』についてご紹介しました。

このように、「GameSir X2 Bluetooth」を使うことで、「iPhone」を「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」のようにしてゲームを遊ぶことができます。

今回は、「iPhone」に「GameSir X2 Bluetooth」を装着して「Apple Arcade」のゲームを遊んでみましたが、重さも感じず、画面をタッチするよりもずっと快適にプレイできました。

また、「GameSir X2 Bluetooth」はアップルの「Apple Arcade」の他にも、「MFiゲーム」やマイクロソフトの「Xbox Cloud Gaming」、グーグルの「Stadia」などにも対応しているようです。

最近はスマホでもコンシュマー機のような本格的なゲームが遊べるようになってきているので、ぜひスマホ用のゲームコントローラーも用意しておきたいところです。

皆さんも、「GameSir X2 Bluetooth」を使って、スマホで快適にゲームを楽しんでみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もオススメです: 「GameSir G4 Pro」レビュー!Apple Arcadeにも最適?

ペアリング方法の動画はこちら: