「Apple Music」のギガを節約する・使わない方法!高効率やダウンロードを

今回は、「Apple Musicのギガを節約する・使わない方法」についてご紹介します。

最近は、月額制で音楽が聞き放題で楽しめる「定額制音楽配信サービス」が人気を集めていますが、中でも「Apple Music (アップル・ミュージック)」を利用している人も多いと思います。

「Apple Music」はインターネットで聞く音楽ストリーミングのため、当然ながら音楽を聞くとデータ通信使用量が増えてしまい、いわゆる「ギガが減る」ことになります。

そんな背景から、「Apple Musicのギガを節約する方法は?」、「Apple Musicのギガを使わない方法はある?」と気になるところだと思います。

結論から言うと、「Apple Music」では「モバイル通信ストリーミングの高効率を使う」、「楽曲のダウンロードを使う」ことで、ギガを節約する、あるいはギガを全く使わないことが可能です。

そんなわけで今回は、「Apple Musicのギガを節約する・使わない方法」について見ていきましょう。

「Apple Music」のギガを節約する・使わない方法

ギガを節約するにはモバイル通信ストリーミングの「高効率」を使おう

▲まずは、「Apple Musicのギガを節約する方法」を見ていきます。

「Apple Music」のギガを節約するには、モバイル通信ストリーミングの「高効率」を使用します。

この方法は、4G・5Gの「モバイルデータ通信」を使って音楽を聞く際に、ギガが減るのを最小限に抑えるものです。

まずは、お使いのiPhoneから「設定」を開いて、「ミュージック」を選択します。

▲「ミュージック」を開いたら、「オーディオの品質」を選択します。

▲「オーディオの品質」を開いたら、「モバイル通信ストリーミング」を選択します。

▲「モバイル通信ストリーミング」を開いたら、「高効率」を選択しましょう。

「高効率」のデータ通信使用量は3分間で1.5MB、1時間で30MBとかなりギガを節約することができます。

もちろん、「高効率」を選択すると音質が悪くなってしまうのですが、外でBluetoothイヤホンで聞く程度であればそこまで支障はないと思います。

もしも「音質を下げたくないしギガも使いたくない」という場合は、楽曲の「ダウンロード」を使用しましょう。

以上が、「Apple Musicのギガを節約する方法」になります。

ギガを使わないためには楽曲の「ダウンロード」を使おう

▲続いては、「Apple Musicのギガを使わない方法」について見ていきます。

「Apple Music」のギガを使わないためには、楽曲の「ダウンロード」を使用します。

この方法は、事前に楽曲をWi-Fi経由でダウンロードしておくことで、音楽を聞く際に「モバイルデータ通信」を使わずギガも使わないというものです。

まずは、お使いのiPhoneから「ミュージック」を開いて、楽曲をダウンロードしたいアルバムやプレイリストを選択します。

アルバムやプレイリストを開いたら、画面右上にある「↓(下矢印)」の「ダウンロードボタン」を選択します。

「ダウンロードボタン」を選択すると、楽曲のダウンロードが始まるので終わるまで待ちます

楽曲のダウンロードが完了すると︎(チェック)」のボタンに変わります

ちなみに、楽曲をダウンロードする際にギガが減ってしまわないように、事前に「モバイル通信経由でダウンロード」をオフにしておくことがオススメです。

以上が、「Apple Musicのギガを使わない方法」になります。

▼Apple Musicには「AirPods Pro」がオススメです

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,036 (2021/09/22 20:25:00時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『「Apple Music」のギガを節約する・使わない方法!高効率やダウンロードを』についてご紹介しました。

このように、「Apple Music」ではモバイル通信ストリーミングの「高効率」を使用することでギガを節約することができます。

モバイル通信ストリーミングの「高効率」では、3分間で1.5MB、1時間で30MBのデータ通信使用量となっています。

また、楽曲の「ダウンロード」を使用すれば、ギガを使わないことも可能です。

楽曲をダウンロードする際にギガが減ってしまわないように、事前に「モバイル通信経由でダウンロード」をオフにしておきましょう。

皆さんも、「高効率」や「ダウンロード」をうまく使って、「Apple Music」のギガを節約してみてはいかがでしょうか。