「Apple TV+(プラス)」のおすすめドラマ13選!高評価ランキングを紹介【2021】

今回は、「Apple TV+(プラス)のおすすめドラマ」についてご紹介します。

2019年11月より、アップルの定額制動画配信サービスである「Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)」がサービスを開始しました。

「Apple TV+」は、月額¥600または「Apple One」に加入することで、アップルが製作するオリジナル作品が見放題で視聴できます(21年9月11日時点)。

そんな中、「Apple TV+のおすすめのドラマは?」と気になっている方もいると思います。

そこで今回は、辛口レビューサイトの「ロッテン・トマトズ (Rotten Tomatoes)」に投稿されたオーディエンススコアを参考に、高評価の「Apple TV+」のドラマについて見ていきましょう。

「Apple TV+(プラス)」のおすすめドラマ13選

Apple TV+のおすすめドラマ1. Trying 〜親になるステップ〜 (96%)

ロッテン・トマトズのオーディエンススコア: 96% (21年9月11日時点)

1本目のApple TV+のおすすめドラマは、「Trying 〜親になるステップ〜 (Trying)」です。

ドラマ「Trying 〜親になるステップ〜」は、2020年5月よりシーズン1が、2021年5月よりシーズン2が配信されました。

「Trying 〜親になるステップ〜」の年齢制限指定は、18+(18歳以上が対象)となっています。

「Trying 〜親になるステップ〜」は、ある夫婦が養子を迎える物語です。

キャストには、「プロメテウス」、「ジュラシック・ワールド/炎の王国」などのレイフ・スポール、「Cuckoo クックー」などのエスター・スミス、「ハリー・ポッター」、「マレフィセント」などのイメルダ・スタウントン、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」などのオフィリア・ラヴィボンド、「Motherland」などのオリヴァー・クリスらが出演しています。

「Trying 〜親になるステップ〜」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは96%となっています(21年9月11日時点 参考: Trying – Rotten Tomatoes)。

視聴はこちら: Trying 〜親になるステップ〜 – Apple TV+

Apple TV+のおすすめドラマ2. ザ・モーニングショー (92%)

ロッテン・トマトズのオーディエンススコア: 92% (21年9月11日時点)

2本目のApple TV+のおすすめドラマは、「ザ・モーニングショー (The Morning Show)」です。

ドラマ「ザ・モーニングショー」は、2019年11月よりシーズン1が、2021年9月よりシーズン2が配信されます。

「ザ・モーニングショー」の年齢制限指定は、18+(18歳以上が対象)となっています。

「ザ・モーニングショー」は、テレビ局内で起こったとハラスメント問題と、そこから見えてくる組織の腐敗、人間同士の同調圧力問題などを描く社会派の物語です。

キャストには、「フレンズ」、「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」などのジェニファー・アニストン、「わたしに会うまでの1600キロ」、「ビッグ・リトル・ライズ」などのリース・ウィザースプーン、「リトル・ミス・サンシャイン」、「バトルオブセクシーズ」などのスティーヴ・カレル、「ウォッチメン」、「エイリアン コヴェナント」などのビリー・クラダップらが出演しています。

「ザ・モーニングショー」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは92%となっています(21年9月11日時点 参考: The Morning Show – Rotten Tomatoes)。

ドラマ「ザ・モーニングショー」は、第72回エミー賞で助演男優賞を受賞しています。

このように、「ザ・モーニングショー」は「Apple TV+」のおすすめドラマとなっています。

視聴はこちら: ザ・モーニングショー – Apple TV+

Apple TV+のおすすめドラマ3. テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく (91%)

ロッテン・トマトズのオーディエンススコア: 91% (21年9月11日時点)

3本目のApple TV+のおすすめドラマは、「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく (Ted Lasso)」です。

ドラマ「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」は、2020年8月よりシーズン1が、2021年7月よりシーズン2が配信されました。

「Trying 〜親になるステップ〜」の年齢制限指定は、18+(18歳以上が対象)となっています。

「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」は、サッカー素人のアメリカ人テッド・ラッソが、イギリスのサッカーチームのコーチに就任して奇跡を起こしていく物語です。

キャストには、「モンスター上司」、「なんちゃって家族」などのジェイソン・サダイキス、「セックス・エデュケーション」などのハンナ・ワディンガム、「オースティン&アリー」などのブレンダン・ハント、「アダルト・ライフ・スキルズ」などのブレット・ゴールドスタイン、「UKコネクション」などのフィル・ダンスター、「パーマー」などのジュノー・テンプル、「ダウントン・アビー」などのジェレミー・スウィフト、「オデッセイ」などのニック・モハメッドらが出演しています。

「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは91%となっています(21年9月11日時点 参考: Ted Lasso – Rotten Tomatoes)。

「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」は、ゴールデングローブ賞テレビ部門男優賞を受賞しています。

このように、「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」は「Apple TV+」のおすすめドラマとなっています。

視聴はこちら: テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく – Apple TV+

Apple TV+のおすすめドラマ4. See 〜暗闇の世界〜 (89%)

ロッテン・トマトズのオーディエンススコア: 89% (21年9月11日時点)

4本目のApple TV+のおすすめドラマは、「See 〜暗闇の世界〜 (See)」です。

ドラマ「See 〜暗闇の世界〜」は、2019年11月よりシーズン1が、2021年8月よりシーズン2が配信されました。

「See 〜暗闇の世界〜」の年齢制限指定は、18+(18歳以上が対象)となっています。

「See 〜暗闇の世界〜」は、ウイルスによって人類の視力が失われた世界を題材にした物語です。

キャストには、「ゲーム・オブ・スローンズ」、「アクアマン」などのジェイソン・モモア、「それでも夜は明ける」、「シビルウォー」などのアルフレ・ウッダード、「鑑定士と顔のない依頼人」、「ブレードランナー2049」などのシルヴィア・フークス、「アンナカレーニナ」、「移動都市/モータルエンジン」などのヘラ・ヒルマーの他にアーチー・マデクウェらが出演しています。

「See 〜暗闇の世界〜」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは89%となっています(21年9月11日時点 参考: See – Rotten Tomatoes)。

このように、「See 〜暗闇の世界〜」は「Apple TV+」のおすすめドラマとなっています。

視聴はこちら: See 〜暗闇の世界〜 – Apple TV+

Apple TV+のおすすめドラマ5. ジェイコブを守るため (89%)

ロッテン・トマトズのオーディエンススコア: 89% (21年9月11日時点)

5本目のApple TV+のおすすめドラマは、「ジェイコブを守るため (Defending Jacob)」です。

ドラマ「ジェイコブを守るため」は、2020年4月よりシーズン1が配信されました。

「ジェイコブを守るため」の年齢制限指定は、18+(18歳以上が対象)となっています。

「ジェイコブを守るため」は、殺人の容疑をかけられた息子を守るために戦う検事の物語です。

キャストには、「キャプテン・アメリカ」、「gifted/ギフテッド」などのクリス・エヴァンス、「ダウントン・アビー」などのミシェル・ドッカリー、「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」などのジェイデン・マーテル、「サイン」などのチェリー・ジョーンズ、「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」などのパブロ・シュレイバーらが出演しています。

「」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは89%となっています(21年9月11日時点 参考: Defending Jacob – Rotten Tomatoes)。

視聴はこちら: ジェイコブを守るため – Apple TV+

Apple TV+のおすすめドラマ6. ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~ (86%)

ロッテン・トマトズのオーディエンススコア: 86% (21年9月11日時点)

6本目のApple TV+のおすすめドラマは、「ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~ (Dickinson)」です。

ドラマ「ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~」は、2019年11月よりシーズン1が、2021年1月よりシーズン2が、2021年11月よりシーズン3が配信されます。

「ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~」の年齢制限指定は、18+(18歳以上が対象)となっています。

「ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~」は、実在した詩人エミリ・ディキンスンを題材にした物語です。

キャストには、「スウィート17モンスター」、「バンブルビー」などのヘイリー・スタインフェルド、「カウボーイ&エイリアン」、「ホースガール」などのトビー・ハス、「ダレンシャン」、「ピクセル」などのジェーン・クラコウスキー、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」などのアンナ・バリシニコフらが出演しています。

「ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは86%となっています(21年9月11日時点 参考: Dickinson – Rotten Tomatoes)

このように、「ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~」は「Apple TV+」のおすすめドラマとなっています。

視聴はこちら: ディキンスン ~若き女性詩人の憂鬱~ – Apple TV+

Apple TV+のおすすめドラマ7. CALLS コール (86%)

ロッテン・トマトズのオーディエンススコア: 86% (20年9月11日時点)

7本目のApple TV+のおすすめドラマは、「CALLS コール (Calls)」です。

ドラマ「CALLS コール」は、2021年3月よりシーズン1が配信されました。

「CALLS コール」の年齢制限指定は、12+(12歳以上が対象)となっています。

「CALLS コール」は、日常であり得ないことが起こった混乱を、電話の会話のみで繰り広げる1話完結の音声ドラマです。

キャストには、リリー・コリンズ、ニック・ジョナス、ペドロ・パスカル、ニコラス・ブラウン、カレン・ギラン、アーロン=テイラー・ジョンソン、ライリー・キーオ、ベン・シュワルツ、ジェファー・テイリー、マーク・デュプラス、ジュディ・グリーア、ロザリオ・ドーソン、ローラ・ハリアーらが出演しています。

「CALLS コール」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは86%となっています(21年9月11日時点 参考: Calls – Rotten Tomatoes)。

このように、「CALLS コール」は「Apple TV+」のおすすめドラマとなっています。

視聴はこちら: CALLS コール (Calls) – Apple TV+

Apple TV+のおすすめドラマ8. フォー・オール・マンカインド (85%)

ロッテン・トマトズのオーディエンススコア: 85% (21年9月11日時点)

8本目のApple TV+のおすすめドラマは、「フォー・オール・マンカインド (For All Mankind)」です。

ドラマ「フォー・オール・マンカインド」は、2019年11月よりシーズン1が、2021年2月よりシーズン2が配信されました。

「フォー・オール・マンカインド」の年齢制限指定は、18+(18歳以上が対象)となっています。

「フォー・オール・マンカインド」は、もしもロシアが先に月面着陸していたら宇宙開発はどうなっていたかというSFの物語です。

キャストには、「スーサイドスクワッド」、「オルタードカーボン」などのヨエル・キナマンの他、マイクル・ドーマン、レン・シュミット、サラ・ジョーンズ、シャンテル・ヴァンサンテンらが出演しています。

「フォー・オール・マンカインド」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは85%となっています(21年9月11日時点 参考: For All Mankind – Rotten Tomatoes)。

このように、「フォー・オール・マンカインド」は「Apple TV+」のおすすめドラマとなっています。

視聴はこちら: フォー・オール・マンカインド – Apple TV+

Apple TV+のおすすめドラマ9. シュミガドーン! (85%)

ロッテン・トマトズのオーディエンススコア: 85% (21年9月11日時点)

9本目のApple TV+のおすすめドラマは、「フォー・オール・マンカインド (For All Mankind)」です。

ドラマ「シュミガドーン!」は、2021年7月よりシーズン1が配信されました。

「シュミガドーン!」の年齢制限指定は、12+(12歳以上が対象)となっています。

キャストには、「サタデー・ナイト・ライブ」などのセシリー・ストロング、「トゥモローランド 」、「お!バカんす家族」などのキーガン=マイケル・キー、「007 ゴールデンアイ」、「スパイキッズ」などのアラン・カミング、「サタデー・ナイト・ライブ」などのフレッド・アーミセン、歌手のクリスティン・チェノウェス、歌手のアーロン・トヴェイトらが出演しています。

ドラマ「シュミガドーン! (Schmigadoon!)」のシーズン1の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは85%となっています(21年9月11日時点 参考: Schmigadoon! – Rotten Tomatoes)。

視聴はこちら: シュミガドーン! – Apple TV+

Apple TV+のおすすめドラマ10. 神話クエスト:レイヴンズ・バンケット (84%)

ロッテン・トマトズのオーディエンススコア: 84% (21年9月11日時点)

10本目のApple TV+のおすすめドラマは、「神話クエスト:レイヴンズ・バンケット (Mythic Quest: Raven’s Banquet)」です。

ドラマ「神話クエスト:レイヴンズ・バンケット」は、2020年2月よりシーズン1が、2021年5月よりシーズン2が配信されました。

「神話クエスト:レイヴンズ・バンケット」の年齢制限指定は、18+(18歳以上が対象)となっています。

「神話クエスト:レイヴンズ・バンケット」は、オンラインゲーム制作会社を舞台にしたコメディです。

キャストには、「LOST」、「ファーゴ」などのロブ・マクエルヘンニーの他にアッシュリー・バーチ、ジェシー・エニス、イマニ・ハキム、デヴィッド・ホーンズビーらが出演しています。

「神話クエスト:レイヴンズ・バンケット」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは84%となっています(21年9月11日時点 参考: Mythic Quest – Rotten Tomatoes)。

このように、「神話クエスト:レイヴンズ・バンケット」は「Apple TV+」のおすすめドラマとなっています。

視聴はこちら: 神話クエスト:レイヴンズ・バンケット – Apple TV+

Apple TV+のおすすめドラマ11. レポーター・ガール (83%)

ロッテン・トマトズのオーディエンススコア: 83% (21年9月11日時点)

11本目のApple TV+のおすすめドラマは、「レポーター・ガール (Home Before Dark)」です。

ドラマ「レポーター・ガール」は、2020年4月よりシーズン1が、2021年6月よりシーズン2が配信されました。

「レポーター・ガール」の年齢制限指定は、18+(18歳以上が対象)となっています。

「レポーター・ガール」は、9歳の記者がある事件の真相を追う物語です。

キャストには、「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」、「ザ・ターニング」などのブルックリン・キンバリー・プリンス、「ラスベガスをぶっつぶせ」などのジム・スタージェス、「JUSTIFIED 俺の正義」などのアビー・ミラー、「ラスト・エクソシズム」などのルイス・ハーサム、その他キーファー・オライリー、マイケル・ウェストン、カイリー・ロジャーズ、アジザ・スコット、エイドリアン・ハフらが出演しています。

「フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは83%となっています(21年月日時点 参考: Home Before Dark – Rotten Tomatoes)。

視聴はこちら: レポーター・ガール – Apple TV+

Apple TV+のおすすめドラマ12. リトル・ヴォイス (81%)

ロッテン・トマトズのオーディエンススコア: 81% (21年9月11日時点)

12本目のApple TV+のおすすめドラマは、「リトル・ヴォイス (Little Voice)」です。

ドラマ「リトル・ヴォイス」は、2020年7月よりシーズン1が配信されました。

「リトル・ヴォイス」の年齢制限指定は、18+(18歳以上が対象)となっています。

「リトル・ヴォイス」は、あるシンガーソングライターをめぐる物語です。

キャストには、「STAR 夢の代償」などのブリタニー・オグラディ、その他ケヴィン・バルデス、シャリーニ・バティナ、ショーン・ティール、コルトン・ライアンらが出演しています。

「リトル・ヴォイス」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは81%となっています(21年9月11日時点 参考: Little Voice – Rotten Tomatoes)。

視聴はこちら: リトル・ヴォイス – Apple TV+

Apple TV+のおすすめドラマ13. フィジカル (79%)

ロッテン・トマトズのオーディエンススコア: 79% (21年9月11日時点)

13本目のApple TV+のおすすめドラマは、「フィジカル (Physical)」です。

ドラマ「フィジカル」は、2021年8月よりシーズン1が配信されました。

「フィジカル」の年齢制限指定は、18+(18歳以上が対象)となっています。

「フィジカル」は、80年代を舞台に自分を押し殺して生きていた拒食症の主婦がエアロビとの出会いで人生が激変していく物語です。

キャストには、「インシディアス」、「ピーターラビット」などのローズ・バーン、「アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング」などのロリー・スコヴェル、「セカンド・アクト」などのディアードル・フリエル、「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」などのポール・スパークス、「パラノイド・シンドローム」などのデラ・サバ、「フラーハウス」、「シークレット・ソサエティ ~王家第二子 秘密結社~」などのアシュリー・リャオ、「死霊のはらわた(2013)」などのルー・テイラー・プッチらが出演しています。

「フィジカル (Physical)」の辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは79%となっています(21年9月11日時点 参考: Physical – Rotten Tomatoes)。

視聴はこちら: フィジカル – Apple TV+

Apple TV+のドラマは2話まで無料

「Apple TV+」で配信されているドラマは、全てシーズン1の第2話まで無料で視聴できます

そのため、「Apple TV+」の作品で気になるものがある場合は、まずは無料で視聴してみるのがオススメです。

「Apple TV+」は、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV、スマートテレビ、Fire TV、PlayStation、Xboxなどから視聴することができます(参考: Apple TV App や Apple TV+ に対応しているデバイス)。

また、Windowsパソコンでもウェブサイトから見ることができます。

ウェブサイト: Apple TV+

「Apple TV+」は、月額¥600または「Apple One」に加入することでオリジナル作品が見放題になります(21年9月11日時点)。

▼Apple TV+がテレビで見れる「Apple TV 4K 第2世代」もオススメです

created by Rinker
Apple(アップル)
¥21,800 (2021/10/17 18:01:34時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『「Apple TV+(プラス)」のおすすめドラマ!高評価ランキングを紹介【2021】』についてご紹介しました。

このように、「Apple TV+」ではロッテン・トマトズで高い評価を受けているオリジナルドラマがいくつか配信されています。

また、「Apple TV+」では続々と新作ドラマが追加されています(参考: 「Apple TV+(プラス)」のコンテンツ一覧・作品のラインナップ【随時更新】)。

Apple TV+では、全てのドラマがシーズン1の第2話まで無料で視聴できるので、気になった作品があればチェックしてみましょう。

「Apple TV+」を視聴するためには、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV、スマートテレビ、Fire TV、PlayStation、Xboxの他にもWindowsパソコンのブラウザからも視聴できます。

皆さんも、「Apple TV+」で高い評価を受けたドラマの視聴を楽しんでみてはいかがでしょうか。