「007: ジェームズ・ボンド・コレクション」シリーズ24作品が4K配信!Apple TVアプリ(iTunes)

映画「007: ジェームズ・ボンド・コレクション (The James Bond Collection)」が、4Kに対応してApple TVアプリ(iTunes)で配信されていることが確認できました。

Apple TVアプリ(iTunes)の「007: ジェームズ・ボンド・コレクション」には、ジェームズ・ボンド映画24本が収録されています。

Apple TVアプリ(iTunes)の「007: ジェームズ・ボンド・コレクション」には、英語音声、日本語音声・字幕が1本に収録されているため、再生中に言語を切り替えて視聴できます。

そんなわけで今回は、4K HDR対応でApple TVアプリ(iTunes)で配信される映画「007: ジェームズ・ボンド・コレクション」について見ていきましょう。

購入はこちら: 007: ジェームズ・ボンド・コレクション – Apple TV App (iTunes)

「007: ジェームズ・ボンド・コレクション」シリーズ24作品が4K配信!Apple TVアプリ(iTunes)

映画「007: ジェームズ・ボンド・コレクション (The James Bond Collection)」は、1963年の「007 ドクター・ノオ」から、2015年の「007 スペクター」までのジェームズ・ボンド映画24本が収録されたものです。

キャストは、第1作〜第5作までがショーン・コネリー、第6作がジョージ・レーゼンビー、第7作がショーン・コネリー、第8作〜第14作までがロジャー・ムーア、第15作〜第16作がティモシー・ダルトン、第17作〜第20作がピアース・ブロスナン、第21作〜第24作がダニエル・クレイグとなっています(ダニエル・クレイグは第25作にも出演)。

辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは、「007 ドクター・ノオ」が82%(21年10月3日時点 参考: Dr. No – Rotten Tomatoes)、「007 ロシアより愛をこめて」が84%(21年10月3日時点 参考: From Russia With Love – Rotten Tomatoes)、「007/ゴールドフィンガー」が89%(21年10月3日時点 参考: Goldfinger – Rotten Tomatoes)、「007/サンダーボール作戦」が73%(21年10月3日時点 参考: Thunderball – Rotten Tomatoes)、「007は二度死ぬ」が68%(21年10月3日時点 参考: You Only Live Twice – Rotten Tomatoes)、「女王陛下の007」が64%(21年10月3日時点 参考: On Her Majesty’s Secret Service – Rotten Tomatoes)、「007 ダイヤモンドは永遠に」が58%(21年10月3日時点 参考: Diamonds Are Forever – Rotten Tomatoes)、「007/死ぬのは奴らだ」が64%(21年10月3日時点 参考: Live and Let Die – Rotten Tomatoes)、「007/黄金銃を持つ男」が55%(21年10月3日時点 参考: The Man With the Golden Gun – Rotten Tomatoes)、「007/私を愛したスパイ」が76%(21年10月3日時点 参考: The Spy Who Loved Me – Rotten Tomatoes)、「007/ムーンレイカー」が43%(21年10月3日時点 参考: Moonraker – Rotten Tomatoes)、「007/ユア・アイズ・オンリー」が64%(21年10月3日時点 参考: For Your Eyes Only – Rotten Tomatoes)、「007/オクトパシー」が47%(21年10月3日時点 参考: Octopussy – Rotten Tomatoes)、「007/美しき獲物たち」が40%(21年10月3日時点 参考: A View to a Kill – Rotten Tomatoes)、「007/リビング・デイライツ」が66%(21年10月3日時点 参考: The Living Daylights – Rotten Tomatoes)、「007/消されたライセンス」が61%(21年10月3日時点 参考: Licence to Kill – Rotten Tomatoes)、「ゴールデンアイ」が83%(21年10月3日時点 参考: GoldenEye – Rotten Tomatoes)、「トゥモロー・ネバー・ダイ」が53%(21年10月3日時点 参考: Tomorrow Never Dies – Rotten Tomatoes)、「ワールド・イズ・ノット・イナフ」が49%(21年10月3日時点 参考: The World Is Not Enough – Rotten Tomatoes)、「007 ダイ・アナザー・デイ」が41%(21年10月3日時点 参考: Die Another Day – Rotten Tomatoes)、「007/カジノ・ロワイヤル」が90%(21年10月3日時点 参考: Casino Royale – Rotten Tomatoes)、「007/慰めの報酬」が58%(21年10月3日時点 参考: Quantum of Solace – Rotten Tomatoes)、「007 スカイフォール」が86%(21年10月3日時点 参考: Skyfall – Rotten Tomatoes)、「007 スペクター」が61%(21年10月3日時点 参考: Spectre – Rotten Tomatoes)となっています。

このように、「ジェームズ・ボンド シリーズ」は一度は見ておきたい映画となっています。

「Apple TVアプリ(iTunes)」でレンタル・購入した「007: ジェームズ・ボンド・コレクション」を4K HDRの環境で再生するためには、対応するデバイスが必要になります。

Apple TVアプリ(iTunes)の4K HDR対応デバイスは、「Apple TV 4K」、2018年以降に発売された「Mac」、AirPlay・Apple TVアプリ(iTunes)に対応するソニーやLGの「スマートテレビ」、Amazonの「Fire TV Stick 4K」、ソニーの「PlayStation 5」、マイクロソフトの「Xbox Series X」、グーグルの「Google TV」などです。

また、iPhone 8以降、iPad Pro 2017年モデル以降では、HDR10DOLBY VISION(ドルビービジョン)での再生に対応しています。

レンタル・購入はこちら(iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV、Windows、スマートテレビ、Fire TV、PlayStation、Xbox、Chromecast with Google TV共通): 007: ジェームズ・ボンド・コレクション – Apple TV App (iTunes)

▼「Apple TV 4K」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥21,800 (2021/10/17 18:01:34時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『「007: ジェームズ・ボンド・コレクション」シリーズ24作品が4K配信!Apple TVアプリ(iTunes)』についてご紹介しました。

このように、「Apple TVアプリ(iTunes)」では、映画「ジェームズ・ボンド シリーズ」が4K配信されているのでオススメです。

映画「ジェームズ・ボンド シリーズ」をすでに見たこともある方にとっては、4K HDRの高画質で再び楽しむことができますし、まだ見たことがない方にとっても、作品自体を最初から最高の映像で楽しむことができると思います。

皆さんも、4K HDRに対応した「Apple TVアプリ(iTunes)」の映画「ジェームズ・ボンド シリーズ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

▼「Apple TVアプリ(iTunes)」では、「ジェームズ・ボンド シリーズ」の他にも数多くの4K、HDR10、DOLBY VISON(ドルビービジョン)、DOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)対応作品が配信されているのでオススメです。

詳しくはこちら「Apple TVアプリ」の4K HDR対応映画はこちら!作品の一覧【随時更新】