「Apple TV」でUSBメモリ、ハードディスク、SDカードの動画・画像を見る方法!NAS化しよう【2021】

今回は、「Apple TVでUSBメモリ、ハードディスク、SDカードの動画・画像を見る方法」についてご紹介します。

アップルが販売するストリーミング端末の「Apple TV (アップル・ティーヴィー)」では、さまざまな動画配信サービスやアプリなどを楽しむことができます。

そんな中、「Apple TVでUSBメモリ、ハードディスク、SDカードの動画や画像を見る方法はないの?」と疑問に思っている方もいると思います。

残念ながら「Apple TV」にはUSBポートが搭載されていないため、USBストレージの画像や動画を直接見ることはできません。

ところが、実は「Apple TV」でもNASを使うことでUSBストレージの動画・画像を見ることが可能です。

そんなわけで今回は、「Apple TVでUSBメモリ、ハードディスク、SDカードの動画・画像を見る方法」について見ていきましょう。

「Apple TV」でUSBメモリ、ハードディスク、SDカードの動画・画像を見る方法

USB共有機能がある「Wi-Fiルーター」を用意しよう

「Apple TV」でUSBストレージの動画・画像を見るためには、NAS化を行います。

一般的なNAS環境を構築するのは大変ですしお金もかかるのですが、今回は簡単にNAS環境が作れる方法として「Wi-Fiルーター」を使う方法をご紹介します。

最近の「Wi-Fiルーター」は、USB共有機能を搭載しているものが増えていて、「Wi-Fiルーター」のUSBポートにストレージを接続することで使えるので便利です。

USB共有機能を搭載している「Wi-Fiルーター」は、さまざまなメーカから販売されているので、お使いの「Wi-Fiルーター」が対応しているかどうか確認してみましょう。

今回は、「TP-Link (ティーピー・リンク)」の「Archer AX20」というWi-Fiルーターを使って、USBストレージのNAS化を行なってみました。

そして、「TP-Link Archer AX20」を使うことで、「Apple TV」でUSBメモリやSDカードの動画・画像を見ることができました

このように、「Apple TV」でUSBストレージを見るには、まずはUSB共有機能がある「Wi-Fiルーター」を用意しましょう。

▼「TP-Link Archer AX20」はこちら

「TP-Link Archer AX20」のセットアップ

▲続いては、「TP-Link Archer AX20のセットアップ」について見ていきます。

まずは箱から「Wi-Fiルーター」の本体と電源アダプタを取り出します

▲こちらが「Archer AX20」の本体と電源アダプタになります。

「Archer AX20」の本体は横に長く、横置き専用となっています。

また、アンテナを立てて使うので、設置する際は上側のスペースを確保しておきましょう。

また、電源アダプタもやや大きいのでコンセント周りのスペースを確保しましょう。

▲「Archer AX20」の背面には、WANポートが1つLANポートが4つ、そしてUSBポートがあります。

このUSBポートに、NAS化したいUSBメモリ、ハードディスク、SDカードなどを接続して使います。

準備ができたら、「Archer AX20」の本体にLANケーブルと電源アダプタを接続して起動します。

▲「Archer AX20」が起動したら、専用アプリの「TP-Link Tether」から初期設定を行いましょう

お使いのネット環境によって設定方法が異なるので、まずはアプリの手順に従ってインターネットに接続できる状態にします。

「Archer AX20」の初期設定が完了したら次へ進みます。

「TP-Link Archer AX20」のIPアドレスを固定しよう

▲続いては、「Archer AX20」のIPアドレスを固定する設定を行います。

一応、IPアドレスの固定を行わなくてもUSB共有機能は使えるのですが、「Wi-Fiルーター」を再起動する度に「Apple TV」との接続が切れてしまって再設定が必要になるので、IPアドレスを固定しておくのがオススメです。

まずは、スマホなどのブラウザから「Archer AX20」の管理画面を開きます

管理画面を開くには、「Archer AX20」の「IPアドレス」を入力します。

※デフォルトの状態では、IPアドレスは「192.168.0.1」に設定されているようです。

もしも管理画面がうまく開けない場合は、「TP-Link Tether」のアプリからIPアドレスを確認したり、「Wi-Fiルーター」が2台目以降の場合は、動作モードを「アクセス ポイント」に変更してみてください。

管理画面を開いたら、初期設定時に設定したローカルパスワードを入力してログインします。

管理画面にログインできたら、画面左上の「メニューボタン」を開いて「インターネット」の項目を開きます。

▲「インターネット」を開いたら、「LAN」を選択します。

「LAN」を開いたら、IPタイプを「静的IP」に変更して、IPアドレスをお好みで設定します。

IPアドレスの固定が完了したら次へ進みます。

「TP-Link Archer AX20」でUSBストレージをNAS化しよう

▲続いては、「TP-Link Archer AX20」でUSBストレージをNAS化する方法を見ていきます。

まずは、「Archer AX20」のUSBポートにNAS化したいUSBメモリ、ハードディスク、SDカードなどを接続しましょう。

SDカードの場合はUSBの変換アダプタを使います。

▲USBストレージを接続したら、「Archer AX20」の管理画面の「メニュー」から、「USB」の項目を開きます。

「USB」を開いたら、「USBストレージデバイス」を選択します。

「USBストレージデバイス」を開いたら、「ストレージステータス」の画面でディスクドライブの情報が表示されているか確認しましょう。

※もしもUSBストレージが認識していない場合は、USBポートの抜き差しを行なったり、更新のボタンを押してみましょう。

「ディスクドライブ」が表示されたら、「共有」のスイッチをオンにします。

▲次は、下へスクロールして「ネットワーク/メディア サーバー名」を確認します。

ここはデフォルトのままの「TP-Share」でもいいですし、好きな名前に変更してもOKですが後で必要になるので覚えておきましょう。

次は、「アクセス方法: Windows用のSamba」のチェックをオンにします。

下へスクロールして、今回は使わないので「アクセス方法: ローカルFTP」はオフにしておきます。

次は、「安全な共有」をオンにして、「フォルダーを選択」にチェックを入れます。

※「フォルダーを選択」にチェックが入っていないと利用できないので、忘れずにオンにしましょう。

下へスクロールして、「アクセス許可: 読み込みのみ」のパスワードを好きなものへ変更します。

※このパスワードは後で必要になるので覚えておきましょう。

次に、今回は使わないので「メディア共有」をオフにしておきましょう。

これで、「TP-Link Archer AX20」のUSBストレージをNAS化が完了です。

Apple TVに「FE File Explorer TV」をインストール

▲続いては、Apple TVに「FE File Explorer TV」をインストールしていきます。

FE File Explorer TV」というアプリを使うことで、「Apple TV」からNASの動画・画像ファイルを見ることができます。

まずは、「Apple TV」のホーム画面から「App Store」を開きます。

▲「App Store」の検索のタブから「FE File Explorer TV」を検索して見つけます。

※今回は無料版を使用していきます。

▲「FE File Explorer TV」を開いたら、「入手」のボタンを押してインストールしましょう。

Apple TVの「FE File Explorer TV」でNASのファイルを表示

▲「FE File Explorer TV」をインストールしたら起動して、画面右上の「+(プラス)」のボタンを選択します。

▲「+(プラス)」を開いたら、「NAS」を選択しましょう。

▲「NAS」を開いたら、まず「Host Name/IP」に「\\TP-Share」と入力します。

※管理画面で「ネットワーク/メディア サーバー名」を変更した場合は、「\\」の後に変更した名前を入力します。

次に、「User Name」の項目に「visit」と入力します。

その下の「Password」は、管理画面で変更したパスワードを入力しましょう。

「Host Name/IP」、「User Name」、「Password」の3箇所を入力したら、画面右上の「Save」を選択します。

▲NAS情報を保存したら、ホーム画面から「TP-Share」のアイコンを選択して開きます。

▲設定がうまくできていると、「G」のフォルダが表示されます。

▲試しに、カメラで撮影したJPEGの画像ファイルを見てみましたが、「Apple TV」で表示できました。

▲次に、カメラで撮影したH.264/MP4の4Kの動画ファイルを見てみましたが、「Apple TV」で再生できました。

Apple TVの「FE File Explorer TV」の設定

▲Apple TVの「FE File Explorer TV」は初期設定のままでは使いにくい部分があるので、お好みに合わせて設定していきます。

まずは、ホーム画面から「歯車アイコン」を押して「Settings」を開きます。

▲「Settings」を開いたら、「Sort and View Type」を選択します。

▲「Sort and View Type」では、並び順を「Name (名前)」、「Date (日付)」、「Size (サイズ)」、「Type (種類)」の順に変更できます。

また、ファイルの表示を「Grid View」、「Tile View」、「List View」から選べるので好みで選択しましょう。

▲「Settings」に戻ったら、GENERALの「Network Discovery」を「No」にするのがオススメです。

▲VIDEOの項目では、「Auto Play Next Video (自動再生)」、「Resume Playback (再開)」、「Download Movie Posters (映画ポスターのダウンロード)」などの設定を変更できるのでお好みに設定しましょう。

以上が、「Apple TVでUSBメモリ、ハードディスク、SDカードの動画・画像を見る方法」になります。

▼「Apple TV 4K」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥21,800 (2021/12/05 18:41:00時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『「Apple TV」でUSBメモリ、ハードディスク、SDカードの動画・画像を見る方法!NAS化しよう【2021】』についてご紹介しました。

このように、「Apple TV」ではUSBストレージをNAS化することで動画・画像ファイルを見ることができます。

USBストレージをNAS化するには、USB共有機能に対応する「Wi-Fiルーター」を使うのがオススメです。

「Wi-Fiルーター」を使ってUSBストレージをNAS化したら、「Apple TV」から「FE File Explorer TV」のアプリをインストールして設定しましょう。

皆さんも、USBストレージをNAS化して「Apple TV」で動画・画像の視聴に活用してみてはいかがでしょうか。