「ハイセンス」のテレビの動画配信サービス14選!2021年モデル

今回は、「ハイセンスのテレビの動画配信サービス」についてご紹介します。

ハイセンスの販売するスマートテレビには、「VIDAA (ヴィダ)」という独自のOSが搭載されていて、動画配信サービスを見ることができます。

ハイセンスの「VIDAA」は、定期的にアップデートを繰り返しているため利用できる動画配信サービスの数も増えてきています

実際に、2021年10月からは、新しく「Dinsey+ (ディズニープラス)」も利用できるようになりました。

そんなわけで今回は、「ハイセンス」の2021年モデルのテレビに対応している動画配信サービスについて見ていきましょう。

※今回紹介するのは、2021年モデルのハイセンスのスマートテレビが対象になりますが、旧機種もアップデートで対応している場合があります。

「ハイセンス」のテレビの動画配信サービス14選!2021年モデル

ハイセンスの「VIDAA」とは?

ハイセンスのスマートテレビには、「VIDAA (ヴィダ)」という独自のOSが搭載されています。

ハイセンスの「VIDAA」では、動画配信サービスやメディアプレーヤーなどを楽しむことができます。

「VIDAA」を搭載したテレビは、世界120カ国で販売され、2000万台以上のテレビにインストールされているようです(参考: ハイセンスがスマートTVプラットフォーム、VIDAA最新版の世界販売を発表)。

「VIDAA」では、利用できるアプリはプリインストールのみとなっているので、ストアから自由にダウンロードすることはできないようです。

ですが、テレビのソフトウェアをアップデートすることで、利用できる動画配信サービスが追加されていきます。

例えば、2021年10月からは新しく「Disney+」が2018年以降に発売されたハイセンスのスマートテレビに対応しました(参考: ハイセンスジャパン、オリジナルプラットフォーム 「VIDDA」にディズニープラスを追加)。

それでは、実際に「ハイセンスのテレビの動画配信サービス」について見ていきましょう。

▼2021年モデル「ハイセンス U7FG」はこちら

created by Rinker
Hisense(ハイセンス)
¥61,000 (2022/05/17 15:51:37時点 Amazon調べ-詳細)

ハイセンスのテレビの動画配信サービス1. Netflix

1つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「Netflix」です。

「Netflix (ネットフリックス)」はアメリカの定額制動画配信サービスです。

「Netflix」は、世界会員数が2億1,360万人以上で、有料の動画配信サービスとしては、世界最大となっています(21年10月時点 参考: ネットフリックスの会員数は2億1360万人、Disney+と約1億人の差)。

「Netflix」の料金は、月額¥990のベーシック、月額¥1,490のスタンダード、月額¥1,980のプレミアムの3つのプランが用意されています(21年12月11日時点)。

料金の支払いには、クレジットカード/デビットカードの他に、プリペイドのNetflixプ‍リ‍ペ‍イ‍ド‍・‌ギフトカードでも支払えます。

「Netflix」では、映画、ドラマ、テレビ番組、ドキュメンタリーなどが見放題で視聴できます。

「Netflix」の最大の魅力は独占配信のオリジナルシリーズで、ストレンジャー・シングス、ペーパーハウス、今際の国のアリス、イカゲームといった人気作が多数配信されています。

「Netflix」は、1つのアカウントで最大4画面まで同時再生(プレミアムプラン)できるので、家族で楽しむこともできます。

さらに、プレミアムプランであれば4K HDRに対応する高画質作品を視聴することもできます。

このように、ハイセンスのテレビでは「Netflix」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス2. YouTube

2つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「YouTube」です。

「YouTube (ユーチューブ)」はアメリカの無料動画配信サービスです。

「YouTube」は、世界の月間利用者数が20億人以上で、無料の動画配信サービスとしては世界最大となっています。

「YouTube」の料金は無料ですが、広告の表示されない有料のYouTube Premiumもあります。

「YouTube」の最大の魅力は配信されている動画の数で、ユーチューバー、Vloggerと呼ばれる人気投稿者の動画から、芸能人の動画まで幅広く揃っています。

さらに、ハイセンスのスマートテレビではYouTubeのキャストにも対応しているので、スマホのYouTubeアプリで再生している動画をテレビに映すこともできます。

このように、ハイセンスのテレビでは「YouTube」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス3. Amazon Prime Video

3つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「Amazon Prime Video」です。

「Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)」はアメリカの有料動画配信サービスです。

「Amazon Prime Video」では、プライム会員向けの定額見放題のサービスの他に、プライム会員以外も利用できるレンタル・購入のサービスもあります。

見放題のサービスは月額¥500のプライム会員に登録すると利用でき、プライム会員以外も利用できるレンタルは¥100〜500程度、購入は¥500〜2,500程度となっています(21年12月11日時点)。

「Amazon Prime Video」のプライム会員では、映画、ドラマ、テレビ番組、ドキュメンタリーなどが見放題で視聴できます。

「Amazon Prime Video」の最大の魅力は価格の安さで、月額¥500で見放題は他社と比べても圧倒的に安いです。

また、映画のレンタルも新作が¥399〜から利用できるので、レンタルも他社の配信サービスより安価に利用できます。

このように、ハイセンスのテレビでは「Amazon Prime Video」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス4. Disney+

4つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「Disney+」です。

「Disney+ (ディズニープラス)」はアメリカの定額制動画配信サービスです。

「Disney+」は、世界会員数が1億1,600万人以上で、近年急成長しているサービスとなっています(21年8月時点 参考: Disney+の会員数が1億1600万人に達しディズニーの収益が大幅回復 – GIGAZINE)。

「Disney+」の料金は、月額¥990、Apple App内課金の場合は月額¥1,000となっています(21年12月11日時点)。

料金の支払いには、クレジットカード/デビットカード、PayPalの他に、App内課金の場合はApple Gift CardやGoogle Playギフトカードでの支払いにも対応しています。

「Disney+」の最大の魅力は独占配信のオリジナルシリーズで、マンダロリアン、ロキ、ベイマックス!といった人気作が多数配信されています。

また、4K HDRに対応する高画質作品を視聴することもできます。

このように、ハイセンスのテレビでは「Disney+」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス5. ABEMA

5つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「ABEMA」です。

「ABEMA (アベマ)」は、日本の無料動画配信サービスです(旧AbemaTV)。

「ABEMA」の料金は、無料で「テレビ(ライブ配信)」と「ビデオ(見逃し配信)」が利用できる他、定額制見放題のABEMAプレミアムもあります。

「ABEMA」では、ニュース番組が24時間ライブ配信されている他に、オリジナル番組の配信も行われています。

このように、ハイセンスのテレビでは「ABEMA」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス6. Hulu

6つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「Hulu」です。

「Hulu (フールー)」は、アメリカの動画配信サービス「hulu」の名前を使って日本で独自に運営しているローカルの定額動画配信サービスです(Hulu Japan)。

「Hulu」の料金は、月額¥1,026です(21年12月11日時点)。

「Hulu」では、映画、ドラマ、テレビ番組、ドキュメンタリーなどが見放題で視聴できます。

「Hulu」は、日本では日本テレビ傘下のサービスのため、日テレのドラマやテレビ番組などが配信されています。

このように、ハイセンスのテレビでは「Hulu」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス7. U-NEXT

7つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「U-NEXT」です。

「U-NEXT (ユーネクスト)」は、日本の有料動画配信サービスです。

「U-NEXT」の料金は、月額¥2,189で見放題の他に、ポイント制の課金アイテムもあります(21年12月11日時点)。

「U-NEXT」では、映画、ドラマ、テレビ番組、ドキュメンタリーなどが見放題またはレンタルで視聴できます。

さらに、アメリカの「HBO Max」と提携しているため、「HBO Max」のオリジナル作品が日本で独占見放題配信されています。

このように、ハイセンスのテレビでは「U-NEXT」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス8. dTV

8つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「dTV」です。

「dTV (ディーティーヴィー)」は、日本の有料動画配信サービスです。

「dTV」の料金は、月額¥550となっています(21年12月11日時点)。

「dTV」では、映画、ドラマ、テレビ番組、ドキュメンタリーなどが見放題またはレンタルで視聴できます。

このように、ハイセンスのテレビでは「dTV」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス9. Paravi

9つ目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「Paravi」です。

「Paravi (パラビ)」は、日本の有料動画配信サービスです。

「Paravi」では、映画、ドラマ、テレビ番組、ドキュメンタリーなどが見放題またはレンタルで視聴できます。

このように、ハイセンスのテレビでは「Paravi」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス10. Rakuten TV

10種類目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「Rakuten TV」です。

「Rakuten TV (楽天ディーヴィー)」は、日本の有料動画配信サービスです。

「Rakuten TV」では、映画、ドラマ、テレビ番組、ドキュメンタリーなどが見放題またはレンタルで視聴できます。

このように、ハイセンスのテレビでは「Rakuten TV」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス11. DMM.com

11種類目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「DMM.com」です。

「DMM.com (ディーエムエム・ドット・コム)」は、日本の有料動画配信サービスです。

このように、ハイセンスのテレビでは「DMM.com」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス12. スカパーオンデマンド

12種類目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「スカパーオンデマンド」です。

「スカパーオンデマンド」は、日本の有料動画配信サービスです。

「スカパーオンデマンド」の料金は、チャンネルによって異なります

このように、ハイセンスのテレビでは「スカパーオンデマンド」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス13. TSUTAYA TV

13種類目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「TSUTAYA TV」です。

「TSUTAYA TV (ツタヤ・ティーヴィー)」は、日本の有料動画配信サービスです。

このように、ハイセンスのテレビでは「TSUTAYA TV」が利用できます。

ハイセンスのテレビの動画配信サービス14. ひかりTV4K (一部機種のみ)

14種類目のハイセンスのテレビの動画配信サービスは、「ひかりTV4K」です。

「ひかりTV4K」は、日本の有料動画配信サービスです。

このように、ハイセンスのテレビでは一部機種のみ「ひかりTV4K」が利用できます。

ハイセンスのリモコンの動画ボタンは6つ

2021年発売のハイセンスのスマートテレビには、動画ボタンを搭載したリモコンが採用されています。

ハイセンスの2021年モデルのリモコンには、「Netflix」、「YouTube」、「Amazon Prime Video」、「Hulu」、「ABEMA」、「U-NEXT」の6つの動画配信サービスのボタンが搭載されています。

そのため、例えばリモコンの「YouTube」のボタンを押せばダイレクトにYouTubeが起動し、「Prime Video」のボタンを押せばダイレクトにAmazon Prime Videoが起動するので、とても簡単で便利です。

もちろん、ボタンにはない「Disney+」などのアプリも「ホーム」のボタンから「VIDAA」を起動することで見ることができます

このように、2021年モデルのハイセンスのリモコンには動画ボタンが6つ搭載されています。

▼2021年モデルの「ハイセンス U7FG」はこちら

created by Rinker
Hisense(ハイセンス)
¥61,000 (2022/05/17 15:51:37時点 Amazon調べ-詳細)

▼小型サイズのスマートテレビ「ハイセンス A40G」もオススメです

created by Rinker
Hisense(ハイセンス)
¥28,667 (2022/05/17 11:54:11時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『「ハイセンス」のテレビの動画配信サービス14選!2021年モデル』についてご紹介しました。

このように、2021年モデルの「ハイセンス」のスマートテレビでは、Netflix、YouTube、Amazon Prime Video、Disney+、ABEMA、Hulu、U-NEXT、dTV、Paravi、Rakuten TV、DMM.com、スカパーオンデマンド、TSUTAYA TV、ひかりTV4Kといった、動画配信サービスに対応しています。

また、2021年モデルの「ハイセンス」のスマートテレビのリモコンには、Netflix、YouTube、Amazon Prime Video、Hulu、AbemaTV、U-NEXTの6つの動画ボタンが搭載されています。

「ハイセンス」のスマートテレビでは、Netflix、YouTube、Amazon Prime Videoといった主要なサービスに対応しているので、Fire TVやApple TVを持っていなくてもテレビ単体で楽しめます

皆さんも、「ハイセンス」のスマートテレビで動画配信サービスの視聴を楽しんでみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もオススメです: 「ハイセンス 24A40G」レビュー!24インチのスマートテレビ【2021】