ハイセンスのテレビ「24A40H(2022)」と「24A40G(2021)」の違い!何が変わった?

今回は、「ハイセンスのテレビ24A40H(2022)と24A40G(2021)の違い」についてご紹介します。

2022年5月にハイセンスの新しいテレビである「24A40H」が発表されました(参考: ハイセンスジャパン、ハイビジョン液晶テレビ2機種 「24A40H」「24A30H」を2022年5月下旬より発売)。

ハイセンスの「24A40H」は、24インチのスマートテレビで2021年に発売された「24A40G」の後継モデルとなります。

そんな中、「24A40Hと24A40Gは何が変わったの?」、「24A40Hと24A40Gはどう違うの?」と気になるところです。

そんなわけで今回は、「ハイセンスのテレビ24A40H(2022)と24A40G(2021)の比較」について見ていきましょう。

ハイセンスのテレビ「24A40H(2022)」と「24A40G(2021)」の違い

「24A40H」と「24A40G」の違い1. デザイン

1つ目のハイセンスのテレビ24A40H(2022)と24A40G(2021)を違いは、「デザイン」です。

ハイセンスの2022年モデルの「24A40H」と2021年モデルの「24A40G」では、デザインが若干変更されています。

「24A40H (2022)」はスタンドが左右の2本脚タイプで「24A40G (2021)」はスタンドが中央の1本脚タイプとなっています。

2021年モデルの「24A40G」は、スタンドがグラグラで安定感がなかったため、2022年モデルの「24A40H」では改善されていると思われます(参考: 「ハイセンス A40G」レビュー!24インチのスマートテレビ【2021】)。

また、スタンドの位置が変更されたことに伴ってリモコンの受信センサーの位置が「24A40H (2022)」は中央に移動してより目立たなくなっています。

「24A40G (2021)」のリモコンの受信センサーの位置は左端で存在感のあるゴツい突起物がついていました。

2022年モデルの「24A40H」は、スタンドと受信センサーの位置が変更されたことで、全体的にスッキリとしたデザインになったと思います。

このように、ハイセンスのテレビ24A40H(2022)と24A40G(2021)を違いの1つに「デザイン」があります。

「24A40H」と「24A40G」の違い2. パネル

2つ目のハイセンスのテレビ24A40H(2022)と24A40G(2021)を違いは、「パネル」です。

ハイセンスの2022年モデルの「24A40H」と2021年モデルの「24A40G」では、パネルが変更されています。

「24A40H (2022)」ではVAパネルが採用され、「24A40G (2021)」ではADS(IPS)パネルが採用されていました。

VAパネルはコントラストが高いのがメリットで、「24A40H (2022)」のパネルコントラスト比は3000:1となっています。

ADS(IPS)パネルはVAパネルよりもコントラストが低く「24A40G」のパネルコントラスト比は1000:1となっています。

ところが、ADS(IPS)パネルはVAパネルよりも視野角が広いため、斜めから見ることが多い場合は「24A40G (2021)」の方がメリットがあるかもしれません。

逆に、テレビは正面から見ることが多い場合は、「24A40H (2022)」に搭載されているVAパネルの方がコントラストが高いため映画やドラマの暗いシーンなどが見やすくなります

このように、ハイセンスのテレビ24A40H(2022)と24A40G(2021)の違いの1つに「パネル」があります。

「24A40H」と「24A40G」の違い3. スピーカー

3つ目のハイセンスのテレビ24A40H(2022)と24A40G(2021)の違いは、「スピーカー」です。

ハイセンスの2022年モデルの「24A40H」と2021年モデルの「24A40G」では、スピーカーが変更されています。

「24A40H (2022)」は6W+6Wの12W、「24A40G (2021)」では4W+4Wの8Wとなっていました。

「24A40H (2022)」は、左右2Wずつ合計4W分良くなっているため、若干の音質の向上が期待できます。

とは言っても、12Wと8Wとでは劇的な違いは感じづらいかもしれません。

このように、ハイセンスのテレビ24A40H(2022)と24A40G(2021)の違いの1つに「スピーカー」があります。

大きな違いはなくマイナーチェンジ?

ここまで、ハイセンスのテレビ「24A40H (2022)」と「24A40G (2021)」の違いについて見てきました。

2022年モデルの「24A40H」と2021年モデルの「24A40G」で変わったのはデザイン、パネル、スピーカーの3つで、特に大きな変更点はありません

映像エンジンはどちらも同じ「NEOエンジン2Ksmart」を搭載していますし、対応する動画配信サービスや搭載するチューナー数なども同じです。

そのため、デザインやスピーカーにこだわりがなく、パネルも視野角の広いADS(IPS)パネルの方が良いという方は、価格が安くなっている2021年モデルの「24A40G」を選択するのもアリだと思います。

もちろん、カタログスペックには書かれてない部分(CPUのプロセッサなど)が向上している可能性もあるので、どちらでも大丈夫という場合はより新しい「24A40H (2022)」を選択するのがオススメです。

▼2022年モデルの「24A40H」はこちら

▼2021年モデルの「24A40G」はこちら

created by Rinker
Hisense(ハイセンス)
¥28,680 (2022/06/29 23:03:22時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『ハイセンスのテレビ「24A40H(2022)」と「24A40G(2021)」の違い!何が変わった?』についてご紹介しました。

このように、ハイセンスのテレビ「24A40H (2022)」と「24A40G (2021)」の違いには、①デザイン、②パネル、③スピーカーの3つがあります。

デザインはスタンドが左右の2本脚タイプに変更されているので、スッキリとした見た目になっています。

パネルはADS(IPS)パネルからVAパネルに変更されたことでコントラストが上がりましたが、視野角が下がっています。

スピーカーは、4W+4Wの8Wから6W+6Wの12Wへと向上しています。

全体的に「24A40H (2022)」と「24A40G (2021)」の違いは少なく、マイナーチェンジとなっているので好みで選択しましょう。

皆さんも、「24A40H (2022)」か「24A40G (2021)」かあなたに合った方を選択して快適に視聴を楽しみましょう。

動画版はこちら: