Amazonの「スマートテレビ」のオススメ11選!ネット動画を楽しもう【2022】

今回は、「Amazonのスマートテレビのオススメ」についてご紹介します。

最近は、YouTube、Netflix、Amazon Prime Video、Disney+、Hulu、などといった、動画配信サービス(ビデオストリーミング)を楽しんでいる方も増えていると思います。

そんな動画配信サービスは、スマホ、タブレット、PCでも視聴できるのですが、せっかくならテレビの大画面でも楽しみたいところです。

そこでオススメになるのが、テレビで動画配信サービスを視聴できる、いわゆる「スマートテレビ」というものです。

この「スマートテレビ」を使うことで、テレビで動画配信サービスを楽しむことができます(ネット接続が必要です)。

そこで今回は、Amazonで販売されているスマートテレビのオススメについて見ていきましょう。

Amazonのスマートテレビのオススメ11選

Amazonのスマートテレビのオススメ1. ソニー – ブラビア

1台目のAmazonのスマートテレビのオススメは、「ソニーのブラビア」です。

「ソニー (SONY)」の販売する4Kテレビ「ブラビア (BRAVIA)」では、「Android TV OS」、または「Google TV OS」が搭載されていて、さまざまな動画配信サービスに対応しています。

「ソニーのブラビア」では、主に以下の動画配信サービスに対応しています(2020年モデル以降)。

  • YouTube (ユーチューブ)
  • Netflix (ネットフリックス)
  • Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)
  • Disney+ (ディズニープラス)
  • TVer (ティーバー)
  • Apple TVアプリ(iTunesの映画)
  • Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)
  • Hulu (フールー)
  • dTV (ディーティーヴィー)
  • DAZN (ダゾーン)
  • ABEMA (アベマ)(旧AbemaTV)
  • U-NEXT (ユーネクスト)
  • TSUTAYA TV (ツタヤ・ティーヴィー)
  • Rakuten TV (楽天ティーヴィー)
  • dアニメストア
  • DMM.com (ディーエムエム・ドットコム)
  • FOD (フジテレビ・オンデマンド)
  • などなど

このように、「ソニーのブラビア」ではYouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどの主要な動画配信サービスに対応しています。

「ソニーのブラビア」はAndroid TV OSを搭載し「Google Play」に対応しているので、さまざまなアプリを追加インストールできます。

また、4K HDRに対応しているので、YouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどで対応コンテンツを楽しむことができます。

そして、「ソニーのブラビア」には、リモコンにYouTube、Netflix、Hulu、U-NEXT、TSUTAYA TV、ABEMAボタンが搭載されていて、リモコンから一発で起動できます。

さらに、「ソニーのブラビア」はiPhone、iPad、iPod touch、Macなどからワイヤレスで写真・動画を映したり、ミラーリングができる「AirPlay (エアプレイ)」にも対応しています。

このように、Amazonのスマートテレビのオススメの1つに「ソニーのブラビア」があります。

▼「ソニーのブラビア X80K」はこちら

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥118,709 (2022/08/12 09:23:58時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonのスマートテレビのオススメ2. ハイセンス – スマートテレビ

2台目のAmazonのスマートテレビのオススメは、「ハイセンスのスマートテレビ」です。

「ハイセンス (Hisense)」の販売する4Kテレビでは、独自OSの「VIDAA」が搭載されていて、さまざまな動画配信サービスに対応しています。

「ハイセンスのスマートテレビ」では、主に以下の動画配信サービスに対応しています(2020年モデル以降)。

  • YouTube (ユーチューブ)
  • Netflix (ネットフリックス)
  • Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)
  • Disney+ (ディズニープラス)
  • Paravi (パラビ)
  • ABEMA (アベマ)(旧AbemaTV)
  • Hulu (フールー)
  • dTV (ディーティーヴィー)
  • U-NEXT (ユーネクスト)
  • DMM.com (ディーエムエムドットコム)
  • スカパーオンデマンド
  •  TSUTAYA TV (ツタヤ・ディーヴィー)
  • ひかりTV4K
  • アクトビラ
  • などなど

このように、「ハイセンスのスマートテレビ」ではYouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどの主要な動画配信サービスに対応しています。

また、4K HDR対応テレビでは、YouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどで対応コンテンツを楽しむことができます。

さらに、「ハイセンスのスマートテレビ」には、リモコンにNetflix、YouTube、Amazon Prime Video、Hulu、AbemaTV、U-NEXTボタンが搭載されていて、リモコンから一発で起動できます。

「ハイセンス」のテレビには、東芝の映像エンジンが搭載されているので、画質面の評価も高いです。

このように、Amazonのスマートテレビのオススメの1つに「ハイセンスのスマートテレビ」があります。

▼「ハイセンスのスマートテレビ E6G」はこちら

created by Rinker
Hisense(ハイセンス)
¥50,580 (2022/08/12 09:47:54時点 Amazon調べ-詳細)

▼「ハイセンスのスマートテレビ A40G」はこちら

created by Rinker
Hisense(ハイセンス)
¥33,800 (2022/08/11 17:30:19時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonのスマートテレビのオススメ3. Apple TV 4K

3台目のAmazonのスマートテレビ のオススメは、「Apple TV 4K」です。

「Apple (アップル)」の販売する「Apple TV 4K (アップル・ティーヴィー・よんケー)」は、テレビと接続することでテレビで動画配信サービスが楽しめるデバイスです、

「Apple TV 4K」には、tvOSが搭載されていて、さまざまな動画配信サービス、アプリ、ゲームなどに対応しています。

「Apple TV 4K」では、主に以下の動画配信サービスに対応しています。

  • Apple TVアプリ(iTunesの映画)
  • Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)
  • YouTube (ユーチューブ)
  • Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)
  • Netflix (ネットフリックス)
  • Disney+ (ディズニープラス)
  • Hulu (フールー)
  • ABEMA (アベマ)
  • DAZN (ダ・ゾーン)
  • U-NEXT (ユーネクスト)
  • dTV (ディーティーヴィー)
  • などなど

このように、「Apple TV 4K」ではYouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどの主要な動画配信サービスに対応しています。

また、「Apple TV 4K」では、「Apple TVアプリ(iTunes)」の映画や、「Apple TV+」、「Netflix」、「Amazonプライム・ビデオ」などで4K HDR対応コンテンツを視聴できます(参考: 「Apple TVアプリ(iTunes)」の4K HDR対応映画!作品の一覧【随時更新】)。

※「TVer」は非対応です(22年7月24日時点)。

また、iPhoneやiPadと同じプロセッサである「A12 Bionicチップ」を搭載しているため、他のスマートテレビ系デバイスと比べて群を抜いて処理能力が高くヌルヌル・サクサクと動作します。

さらに、iPhone・iPad・Macなどから写真・動画を映したり、ミラーリングができる「AirPlay (エアプレイ)」に標準対応しています。

また、アップル製品同士の連携にも優れているので、「AirPods」や「HomePod」などを簡単に接続できます。

このように、Amazonのスマートテレビのオススメの1つに「Apple TV 4K」があります。

さらに詳しくはこちら: 「Apple TV」って何ができるの?4つの機能を大紹介!

▼「Apple TV 4K」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥24,758 (2022/08/11 22:11:57時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonのスマートテレビのオススメ4. LG – スマートテレビ

4台目のAmazonのスマートテレビのオススメは、「LGのスマートテレビ」です。

LG (エルジー)」の販売する4Kテレビでは、webOSが搭載されていて、さまざまな動画配信サービスに対応しています。

「LGのスマートテレビ」では、主に以下の動画配信サービスに対応しています(2019年モデル以降)。

  • YouTube (ユーチューブ)
  • Netflix (ネットフリックス)
  • Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)
  • Apple TVアプリ(iTunesの映画)
  • Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)
  • Disney+ (ディズニープラス)
  • DAZN (ダゾーン)
  • U-NEXT (ユーネクスト)
  • TSUTAYA TV (ツタヤティーヴィー)
  • Hulu (フールー)
  • などなど

このように、「LGのスマートテレビ」ではYouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどの主要な動画配信サービスに対応しています。

LGのスマートテレビでは、独自のアプリストアである「LG Content Store」に対応し、さまざまなアプリを追加インストールできます。

また、4K HDRに対応しているので、YouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどで対応コンテンツを楽しむことができます。

さらに、「LGのスマートテレビ」には、リモコンにNetflix、Amazon Prime Videoボタンが搭載されていて、リモコンから一発で起動できます。

さらに、「LGのスマートテレビ」はiPhone、iPad、iPod touch、Macなどからワイヤレスで写真・動画を映したり、ミラーリングができる「AirPlay (エアプレイ)」にも対応しています。

「LGのスマートテレビ」は対応アプリが少ないのですが、有機ELテレビの画質は液晶テレビと比べても圧倒的に良いのでオススメです。

このように、Amazonのスマートテレビのオススメの1つに「LGのスマートテレビ」があります。

▼「LGの有機ELテレビ A2」はこちら

created by Rinker
LG
¥119,800 (2022/08/12 08:40:04時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonのスマートテレビのオススメ5. 東芝 – レグザ

5台目のAmazonのスマートテレビのオススメは、「東芝のレグザ」です。

「東芝 (TOSHIBA)」の販売する4Kテレビ「レグザ (REGZA)」では、独自のOSが搭載されていて、さまざまな動画配信サービスに対応しています。

「東芝のレグザ」では、主に以下の動画配信サービスに対応しています(2020年モデル以降)。

  • YouTube (ユーチューブ)
  • Netflix (ネットフリックス)
  • Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)
  • Disney+ (ディズニープラス)
  • TVer (ティーバー) ※アプデ対応
  • Hulu (フールー)
  • ABEMA (アベマ)(旧AbemaTV)
  • dTV (ディーティーヴィー)
  • DAZN (ダゾーン)
  •  TSUTAYA TV (ツタヤティーヴィー)
  • DMM.com (ディーエムエム・ドットコム)
  • などなど

このように、「東芝のレグザ」ではYouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどの主要な動画配信サービスに対応しています。

また、4K HDRに対応しているので、YouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどで対応コンテンツを楽しむことができます。

さらに、「東芝のレグザ」には、リモコンにYouTube、Netflix、Amazon Prime Video、Disney+、TVer、Hulu、ABEMA、U-NEXTなどのボタンが搭載されていてリモコンから一発で起動できます(2022年モデル)。

このように、Amazonのスマートテレビのオススメの1つに「東芝のレグザ」があります。

▼「東芝のレグザ Z870L」はこちら

created by Rinker
レグザ(Regza)
¥224,209 (2022/08/12 08:56:10時点 Amazon調べ-詳細)

▼「東芝のレグザ V34」はこちら

Amazonのスマートテレビのオススメ6. パナソニック – ビエラ

6台目のAmazonのスマートテレビのオススメは、「パナソニックのビエラ」です。

「パナソニック(Panasonic)」の販売する4Kテレビ「ビエラ (VIERA)」では、Firefox OSをベースにした独自のOSが採用されていて、さまざまな動画配信サービスに対応しています。

「パナソニックのビエラ」では、主に以下の動画配信サービスに対応しています(2019年モデル以降)。

  • YouTube (ユーチューブ)
  • Netflix (ネットフリックス)
  • Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)
  • dTV (ディーティーヴィー)
  • Hulu (フールー)
  • DAZN (ダゾーン)
  • ABEMA (アベマ)(旧AbemaTV)
  • Paravi (パラビ)
  • U-NEXT (ユーネクスト)
  • テラサ (旧ビデオパス)
  • アクトビラ
  • ひかりTV
  • Rakuten TV (楽天ティーヴィー)
  • TSUTAYA TV (ツタヤ・ティーヴィー)
  • DMM.com (ディーエムエム・ドットコム)
  • スカパーオンデマンド
  • などなど

このように、「パナソニックのビエラ」ではYouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどの主要な動画配信サービスに対応しています(参考: スマートTVアプリ)。

「Firefox OS」をベースにしたスマートテレビはパナソニックのビエラしかありませんが、パナソニックは独自のアプリストアである「アプリ・マーケット」を用意しているので、さまざまなアプリを追加できます。

また、4K HDRに対応しているので、YouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどで対応コンテンツを楽しむことができます。

さらに、「パナソニックのビエラ」には、リモコンにNetflixボタンが搭載されていて、リモコンから一発で起動できます。

このように、Amazonのスマートテレビのオススメの1つに「パナソニックのビエラ」があります。

▼「パナソニックのビエラ JX750」はこちら

Amazonのスマートテレビのオススメ7. シャープ – アクオス

7台目のAmazonのスマートテレビのオススメは、「シャープのアクオス」です。

「シャープ (SHARP)」の販売する4Kテレビ「アクオス (AQUOS)」では、Android TV OSが搭載されていて、さまざまな動画配信サービスに対応しています。

「シャープのアクオス」では、主に以下の動画配信サービスに対応しています(2019年モデル以降)。

  • YouTube (ユーチューブ)
  • Netflix (ネットフリックス)
  • Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)
  • Hulu (フールー)
  • dTV (ディーティーヴィー)
  • ABEMA (アベマ)(旧AbemaTV)
  • U-NEXT (ユーネクスト)
  • TSUTAYA TV (ツタヤティーヴィー)
  • TVer (ティーバー)
  • などなど

このように、「シャープのアクオス」ではYouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどの主要な動画配信サービスに対応しています。

「シャープのアクオス」はAndroid TV OSを搭載しGoogle Playに対応しているので、さまざまなアプリを追加インストールできます。

また、4K HDRに対応しているので、YouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどで対応コンテンツを楽しむことができます。

さらに、「シャープのアクオス」には、リモコンにYouTube、Netflixボタンが搭載されていて、リモコンから一発で起動できます。

このように、Amazonのスマートテレビのオススメの1つに「シャープのアクオス」があります。

▼「シャープのアクオス BH1」はこちら

created by Rinker
シャープ(SHARP)
¥64,800 (2022/08/12 00:46:44時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonのスマートテレビのオススメ8. TCL – スマートテレビ

8台目のAmazonのスマートテレビ のオススメは、「TCLのスマートテレビ」です。

「TCL (ティーシーエル)」の販売するスマートテレビでは、Android TV OSが搭載されていて、さまざまな動画配信サービスに対応しています。

「TCLのスマートテレビ」では、主に以下の動画配信サービスに対応しています。

  • YouTube (ユーチューブ)
  • Netflix (ネットフリックス)
  • Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)
  • U-NEXT (ユーネクスト)
  • Hulu (フールー)
  • dTV (ディーティーヴィー)
  • ABEMA (アベマ)(旧AbemaTV)
  • Rakuten TV (楽天ティーヴィー)
  • などなど

このように、「TCLのスマートテレビ」ではYouTube、Netflixなどの動画配信サービスに対応しています。

このように、Amazonのスマートテレビのオススメの1つに「TCLのスマートテレビ」があります。

▼「TCLのスマートテレビ P715」はこちら

▼「TCLのスマートテレビ S5200」はこちら

Amazonのスマートテレビのオススメ9. フナイ – Fire TV搭載スマートテレビ

9台目のAmazonのスマートテレビ のオススメは、「フナイのスマートテレビ」です。

「フナイ (FUNAI)」の販売するスマートテレビでは、「Fire OS」が搭載されていて、さまざまな動画配信サービスに対応しています。

「フナイのスマートテレビ」では、主に以下の動画配信サービスに対応しています。

  • YouTube (ユーチューブ)
  • Netflix (ネットフリックス)
  • Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)
  • Disney+ (ディズニー・プラス)
  • ABEMA (アベマ)(旧AbemaTV)
  • Apple TVアプリ(iTunesの映画)
  • Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)
  • DAZN (ダゾーン)
  • dTV (ディーティーヴィー)
  • U-NEXT (ユーネクスト)
  • Paravi (パラビ)
  • TVer (ティーバー)
  • などなど

このように、「フナイのスマートテレビ」ではYouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどの主要な動画配信サービスに対応しています。

さらに、「フナイのスマートテレビ」には、リモコンにAmazon Prime Video、Netflixボタンが搭載されていて、リモコンから一発で起動できます。

このように、Amazonのスマートテレビのオススメの1つに「フナイのスマートテレビ」があります。

▼「フナイのFire TV搭載スマートテレビ」はこちら

created by Rinker
FUNAI Fire TV搭載スマートテレビ
¥52,800 (2022/08/12 09:47:53時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonのスマートテレビのオススメ10. Amazon – Fire TV Stick

10台目のAmazonのスマートテレビ のオススメは、「AmazonのFire TV Stick」です。

「Amazon (アマゾン)」の販売する「Fire TV Stick (ファイア・ティーヴィー・スティック)」は、テレビと接続することでテレビで動画配信サービスが楽しめるデバイスです、

「Fire TV Stick 4K」には、Fire OSが搭載されていて、さまざまな動画配信サービスに対応しています。

「Fire TV Stick 4K」では、主に以下の動画配信サービスに対応しています。

  • YouTube (ユーチューブ)
  • Netflix (ネットフリックス)
  • Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)
  • Disney+ (ディズニー・プラス)
  • ABEMA (アベマ)(旧AbemaTV)
  • Apple TVアプリ(iTunesの映画)
  • Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)
  • DAZN (ダゾーン)
  • dTV (ディーティーヴィー)
  • U-NEXT (ユーネクスト)
  • Paravi (パラビ)
  • TVer (ティーバー)
  • などなど

このように、「Fire TV Stick 4K」ではYouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどの主要な動画配信サービスに対応しています。

Fire TV Stick 4Kでは、独自のアプリストアを用意しているため、さまざまなアプリを追加インストールできます。

また、4K HDRに対応しているので、YouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどで対応コンテンツを楽しむことができます。

さらに、「Fire TV Stick」には、リモコンにAmazon Prime Video、Netflix、DAZN、ABEMAボタンが搭載されていて、リモコンから一発で起動できます。

このように、Amazonのスマートテレビのオススメの1つに「AmazonのFire TV Stick」があります。

▼「AmazonのFire TV Stick 4K Max」はこちら

▼「AmazonのFire TV Stick」はこちら

Amazonのスマートテレビのオススメ11. Google – Chromecast with Google TV

11台目のAmazonのスマートテレビ のオススメは、「GoogleのChromecast with Google TV」です。

「Google (グーグル)」の販売する「Chromecast with Google TV (クロームキャスト・ウィズ・グーグル・ディーヴィー)」は、テレビと接続することでテレビで動画配信サービスが楽しめるデバイスです。

「Chromecast with Google TV」には、「Google TV OS」が内蔵されているので、「Google Play」からさまざまなアプリをインストールできます。

「Chromecast Ultra」では、主に以下の動画配信サービスに対応しています。

  • YouTube (ユーチューブ)
  • Netflix (ネットフリックス)
  • Amazon Prime Video (アマゾン・プライム・ビデオ)
  • Apple TVアプリ(iTunesの映画)
  • Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)
  • Hulu (フールー)
  • DAZN (ダゾーン)
  • dTV (ディーティーヴィー)
  • GYAO (ギャオ)
  • U-UEXT (ユーネクスト)

このように、「Chromecast Ultra」ではYouTube、Netflix、Amazon Prime Videoなどの動画配信サービスに対応しています(スマホからのキャストが必要です)。

このように、Amazonのスマートテレビのオススメの1つに「GoogleのChromecast with Google TV」があります。

▼「GoogleのChromecast Ultra」はこちら

created by Rinker
Google(グーグル)
¥7,400 (2022/08/12 08:51:18時点 Amazon調べ-詳細)

結局スマートテレビはどれを買えばいいの?

ここで、「結局スマートテレビはどれを買えばいいの?」と迷うところだと思います。

どの「スマートテレビ」を買うべきかはユーザーの目的によって異なるのですが、いくつかオススメをご紹介していきます。

まずは、「高くてもいいので良いのものが欲しい」という場合は、「ソニーのブラビア」をオススメします。

「ソニーのブラビア」は、主要な動画配信サービス全てに対応していることに加えて、アップルの「AirPlay (エアプレイ)」にも対応しています。

「ソニーのブラビア」は価格が高いのですが、その分評価も高いので迷ったら「ソニーのブラビア」を買っておけば間違いはないと思います。

次に、予算はなるべくセーブしつつも画質の良いスマートテレビが欲しい場合は、「ハイセンスのスマートテレビ」をオススメします。

「ハイセンスのスマートテレビ」は価格が安いのですが、東芝レグザと共同開発したエンジンを搭載しているので画質面も安心できますし、地デジ周りも使いやすいです。

次に、「今使っているテレビをさらにアップグレードしたい」という場合は、「Apple TV 4K」、「Fire TV Stick 4K Max」、「Chromecast with Google TV」をオススメします。

「Apple TV 4K」は、「A12 Bionicチップ」を搭載しているので、他社のスマートテレビ系デバイスと比べて性能が群を抜いて高く、サクサク使えて安定度も高いのがメリットになりますが、値段が高いのがデメリットです。

「Apple TV 4Kは高すぎる」という場合は、「Fire TV Stick 4K Max」、「Chromecast with Google TV」辺りを検討してみましょう。

他には、「最高の画質をなるべく安価に手に入れたい」という方にはLGの有機ELテレビがオススメになります。

ただし、LGのテレビは地デジ周りが全くやる気がなくて使いづらいので、ネット動画やゲーム専用機器として使うのがオススメです。

このように、どの「スマートテレビ」がいいかは、お使いのシチュエーションに合わせて選択しましょう。

▼「SONY BRAVIA A90K」はこちら

▼「LG 有機ELテレビ A2」はこちら

created by Rinker
LG
¥119,800 (2022/08/12 08:40:04時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『Amazonの「スマートテレビ」のオススメ11選!ネット動画を楽しもう【2022】』についてご紹介しました。

このように、Amazonで販売されているスマートテレビには、「ソニーのブラビア」、「ハイセンスのスマートテレビ」、「Apple TV 4K」、「LGのスマートテレビ」、「東芝のレグザ」、「パナソニックのビエラ」、「シャープのアクオス」、「TCLのスマートテレビ」、「フナイのFire TV」、「AmazonのFire TV Stick」、「GoogleのChromecast with Google TV」といった製品があります。

そして、どのスマートテレビを選択すればいいかは、無難なのは「ソニーのブラビア」、コスパ重視であれば「ハイセンスのスマートテレビ」、価格を抑えつつ最高画質が欲しい方は「LGの有機ELテレビ」がオススメになります。

皆さんも、お使いのシチュエーションに合わせて最適なスマートテレビを選択し、快適に使ってみてはいかがでしょうか。