映画「バズ・ライトイヤー」が4K HDR配信!Apple TVアプリ(iTunes)

映画「バズ・ライトイヤー (Lightyear)」が、4K HDRに対応して「Apple TVアプリ(iTunes)」で配信されていることが確認できました。

Apple TVアプリ(iTunes)の「バズ・ライトイヤー」は、4K DOLBY VISION(ドルビービジョン)、DOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)に対応しています。

映画「バズ・ライトイヤー」は、日本で2022年7月に劇場公開されました。

Apple TVアプリ(iTunes)の「バズ・ライトイヤー」は、2022年8月24日頃にリリース済みとなっています。

Apple TVアプリ(iTunes)の「バズ・ライトイヤー」には、英語音声、日本語音声・字幕が1本に収録されているため、再生中に言語を切り替えて視聴できます。

映画「バズ・ライトイヤー」は、4K Ultra HD Blu-ray版もリリースされる予定ですが、Apple TVアプリ(iTunes)版は価格面でお得となっています。

そんなわけで今回は、4K HDR対応でApple TVアプリ(iTunes)で配信される映画「バズ・ライトイヤー」について見ていきましょう。

購入・レンタルはこちら: バズ・ライトイヤー – Apple TVアプリ(iTunes)

映画「バズ・ライトイヤー」が4K HDR配信!Apple TVアプリ(iTunes)

映画「バズ・ライトイヤー (Lightyear)」は、ピクサー・アニメーション・スタジオの長編映画の第26作品目として製作され、ディズニーの配給で2022年6月にアメリカ、7月に日本で劇場公開されました。

映画「バズ・ライトイヤー」の上映時間は105分、レーティングはG(年齢制限なし)となっています。

監督は、「トイ・ストーリー・オブ・テラー!」、「ファインディング・ドリー」などのアンガス・マクレーンが務めています。

声優キャストには、クリス・エヴァンス、キキ・パーマー、ピーター・ソーン、タイカ・ワイティティ、デール・ソウルズ、ジェームズ・ブローリン、ウゾ・アドゥーバ、メアリー・マクドナルド=ルイス、イザイア・ウィットロック・Jr、アンガス・マクレーン、ビル・ヘイダー、エフレン・ラミレッツ、キーラ・ヘアーストンらが、日本語吹き替え版には、鈴木亮平、今田美桜、山内健司、三木眞一郎、磯辺万沙子、銀河万丈、りょう、沢城みゆき、間宮康弘、ケンコー、清水裕亮、小松史法、御園紬らが出演しています。

映画「バズ・ライトイヤー (Lightyear)」の、辛口レビューサイトであるロッテン・トマトズのオーディエンススコアは84%となっています(22年8月24日時点 参考: Lightyear – Rotten Tomatoes)。

このように、「バズ・ライトイヤー」は一度は見ておきたい映画となっています。

「Apple TVアプリ(iTunes)」で購入・レンタルした「バズ・ライトイヤー」を4K HDRの環境で再生するためには、対応するデバイスが必要になります。

Apple TVアプリ(iTunes)の4K HDR対応デバイスは、「Apple TV 4K」、2018年以降に発売された「Mac」、Apple TVアプリ(iTunes)に対応するソニー、LG、パナソニックなどの「スマートテレビ」、Amazonの「Fire TV Stick 4K Max」、ソニーの「PlayStation 5」、マイクロソフトの「Xbox Series X」、グーグルの「Chromecast with Google TV」などです。

また、iPhone 8以降、iPad Pro 2017年モデル以降では、HDR10DOLBY VISION(ドルビービジョン)での再生に対応しています。

購入・レンタルはこちら(iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Apple TV、Windows、スマートテレビ、Fire TV、PlayStation、Xbox、Chromecast with Google TV共通): バズ・ライトイヤー – Apple TVアプリ(iTunes)

▼「Apple TV 4K」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥24,758 (2022/09/28 11:29:04時点 Amazon調べ-詳細)

▼コスパ重視の方には「Fire TV Stick 4K Max」もオススメです

最後に

今回は、『映画「バズ・ライトイヤー」が4K HDR配信!Apple TVアプリ(iTunes)』についてご紹介しました。

このように、「Apple TVアプリ(iTunes)」では、映画「バズ・ライトイヤー」が4K HDR配信されているのでオススメです。

映画「バズ・ライトイヤー」をすでに見たこともある方にとっては、4K HDRの高画質で再び楽しむことができますし、まだ見たことがない方にとっても、作品自体を最初から最高の映像で楽しむことができると思います。

皆さんも、4K HDRに対応した「Apple TVアプリ(iTunes)」の映画「バズ・ライトイヤー」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

▼「Apple TVアプリ(iTunes)」では、「バズ・ライトイヤー」の他にも数多くの4K、HDR10、DOLBY VISON(ドルビービジョン)、DOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)対応作品が配信されているのでオススメです。

詳しくはこちら「Apple TVアプリ(iTunes)」の4K HDR対応映画!作品の一覧【随時更新】