「PS5」に外付けディスクドライブ登場の噂?2023年に一体型廃止か

2023年にディスクドライブが外付けになった、新しい「PS5」が登場するのではという噂が出ています。

「PS5」は現在、ディスクドライブ一体型の通常版と、ディスクドライブ非搭載のデジタル・エディションの2種類が販売されています。

それが、2023年9月頃にディスクドライブを外付けにして、一体型は廃止されるのではないかという情報があるようです。

情報ソースはソニーに詳しい匿名筋とされていて、ぶっちゃけデマの可能性もありますが、あながち有り得なくもない話ではあります(参考: 次期PS5は2023年9月ごろ発売?着脱式ディスクドライブ採用の噂も | Gadget Gate)。

そんなわけで今回は、「PS5に外付けディスクドライブ登場の噂?」について見ていきましょう。

※情報の信憑性は不明なので楽しむつもりでご覧ください。

「PS5」に外付けディスクドライブ登場の噂?

ディスクレスが標準になり、ドライブは外付け仕様に?

Insider Gamingの情報によると、2023年9月頃に「PS5」のモデルの刷新を行うようです(参考: Sony to Launch New PlayStation 5 With a Detachable Disc Drive, Sources Suggest – Insider Gaming)。

新しい「PS5」の通常版はディスクドライブが廃止されて、代わりにUSB-C接続の外付けディスクドライブが同梱されるようです。

現在は通常版とデジタル・エディションの2種類のモデルを作っているため、その分製造コストが増えている状況です。

これを、ディスクレスモデルを標準にして、ディスクドライブはオプションにすれば1種類のモデルで済むので合理的です。

また、ディスクドライブが故障した際は外付けのドライブだけ交換すればいいので修理が楽になるというメリットもあります。

デザインに関しては現在の「PS5 デジタル・エディション」に統一されるのか、それとも全く新しいデザインを採用するのかどうかは不明です。

ゲーム機の外付けディスクドライブに関しては、かつて「Xbox 360」が専用の外付けHD DVDドライブを発売していたこともあるので、十分にあり得る話と言えそうです。

ちなみに、「PS5」専用のディスクドライブしか動作しないと思われるので、市販されている外付けBDドライブには対応しないと見られます。

アメリカではダウンロード派が7割

なぜソニーが「PS5」のディスクドライブを廃止する方向に動いているのかと言うと、ダウンロード版ソフトの利用率が高くなってきていることが理由としてあります。

SIEの公式発表を見ると、「PlayStation」の主戦場であるアメリカではすでにダウンロード版ソフトが主流でPSユーザーの7割程度が利用しているようです(参考: 全世界のPSユーザーの動向とプレイ状況を俯瞰して各リージョンの流行を知る。F2Pやオンラインマルチは世界でも人気なのか【CEDEC2022】 | ゲーム・エンタメ最新情報のファミ通.com)。

また、日本でもダウンロード版ソフトの割合が増加していて、日本のPSユーザーのうち6割近くがダウンロード版ソフトを利用しているようです。

このように、「PlayStation」のダウンロード版ソフトの利用者が多数派になってきているので、「PS5」のディスクレスを標準にするのは自然な流れと言えます。

もちろん、ディスク版ソフトを買っているユーザーもまだまだいますし、過去に買ったディスク版ソフトを遊びたいという需要もあるため、オプションとして外付けディスクドライブを用意することは理にかなっていると言えます。

また、もしかすると既存の「PS5 デジタル・エディション」でも外付けディスクドライブが使えるようになる可能性もあるので、とりあえずディスクレスモデルを買っておいて必要になれば後から外付けディスクドライブ買うという選択もできるようになります。

いずれにしても、今後はダウンロード版ソフトの利用率は増えていくと予想されるので、「PS5」はディスクレスモデルに統一して生産を効率化するのが狙いのようです。

▼「PS5 デジタル・エディション」はこちら

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥43,978 (2022/09/28 22:13:45時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『「PS5」に外付けディスクドライブ登場の噂?2023年に一体型廃止か』についてご紹介しました。

このように、「PS5」は2023年にディスクドライブ一体型モデルが廃止されて、代わりに外付けディスクドライブが同梱されるようになるという噂があります。

ソニーが「PS5」のディスクレスモデルを標準にする背景には、ダウンロード版ソフトの利用率が過半数を超えてきていることが関係していると思われ、すでにアメリカでは7割、日本でも6割のPSユーザーがダウンロード版ソフトを利用しているそうです。

「PS5」をディスクレスモデルの1種類に統一することで生産性を上げつつも、オプションで外付けディスクドライブを用意することでディスク版ソフトの利用者にも対応していくのでしょうか。

果たして、「PS5」の外付けディスクドライブが登場し、ディスクドライブ一体型モデルは廃止されるのかどうか、今後も注目ですね。

動画版はこちら: