「PS5」の定価は税込¥60,478!【2022年9月値上げ】

「PS5」の定価は、通常版が¥60,478(税込)、デジタル・エディションが¥49,478(税込)となっています(22年10月9日時点)。

2020年11月に、ソニーの家庭用ゲーム機「PlayStation 5 (プレイステーション・ファイブ)」が発売されました。

それが、2022年9月15日より値上げが行われて、両モデルともに従来よりも¥5,500高くなりました(参考: 一部の国・地域におけるPlayStation®5の希望小売価格改定に関するお知らせ – PlayStation.Blog 日本語)。

「PS5 通常版」の値上げ前の価格は定価¥54,978(税込)で値上げ後は定価¥60,478(税込)、「PS5 デジタル・エディション」の値上げ前の価格は定価¥43,978(税込)で値上げ後は定価¥49,478(税込)となっています。

そんなわけで今回は、「PS5の定価は税込¥60,478」について見ていきましょう。

「PS5」の定価は税込¥60,478!【2022年9月値上げ】

「PS5」の定価は¥5,500値上げ

定価(税込)
22年9月以降
定価(税込)
発売時
PS5 通常版¥60,478¥54,978
PS5 デジタル・エディション¥49,478¥43,978

「PS5」の定価は、通常版が¥60,478、デジタル・エディションが¥49,478となってて、価格差は¥11,000となっています(22年10月9日時点)。

「PS5」は、2022年9月15日より値上げが行われて、両モデルともに従来よりも¥5,500高くなりました。

ちなみに、値上げ前の発売時の定価は、通常版が¥54,978、デジタル・エディションが¥43,978となっていました。

競合他社との比較

定価(税込)
PS5 通常版¥60,478
Steam Deck 64GB¥59,800
Xbox Series X¥54,978
PS5 デジタル・エディション¥49,478
Nintendo Switch 有機EL¥37,980
Xbox Series S¥32,978
Nintendo Switch¥32,978
Nintendo Switch Lite¥21,978

続いては、「競合他社との比較」について見ていきます。

「PS5」をゲーム機の競合他社である「Nintendo Switch」、「Xbox」、「Steam Deck」と価格を比べてみました(22年10月9日時点)。

「PS5 通常版」と「Steam Deck 64GB」が約6万円でほぼ同じ値段となっています。

「Steam Deck」は、「PS5」や「Xbox Series X」にはスペックが劣りますが携帯モードで遊べるのが魅力なので、好きな場所で遊びたい方には選択肢としてアリだと思います(参考: Steam Deck)。

「Xbox Series X」は「PS5 通常版」より少し安い約5.5万円となっていて、ディスクレスモデルの「PS5 デジタル・エディション」が約5万円となります。

ディスプレイが良くなった(処理能力はSwtichと同じ)「Nintendo Switch 有機EL」が約3.8万円で、「Xbox Series S」と「Nintendo Switch」が約3.3万円で同じ値段となります。

▼「Nintendo Switch 有機ELモデル スプラトゥーン3版」はこちら

created by Rinker
任天堂
¥38,980 (2022/12/05 02:54:35時点 Amazon調べ-詳細)

「Xbox Series S」は4Kには非対応なものの、「Xbox Series X」と同じゲームソフトが遊べるため、コストパフォーマンスが高い製品となっています。

携帯専用の「Nintendo Switch Lite」が約2.2万円で現行のゲームハードでは最も安価となっています。

▼「Nintendo Switch Lite」はこちら

created by Rinker
任天堂
¥21,000 (2022/12/05 02:54:36時点 Amazon調べ-詳細)

安さ重視なら「デジタル・エディション」もオススメ

「PS5 通常版」は、値上げされた結果約6万円と購入しづらい値段になってしまいました。

ここでオススメになってくるのが、ディスクレスモデルの「PS5 デジタル・エディション」です。

「PS5 デジタル・エディション」は、「PS5 通常版」と全く同じ処理能力ですが、ディスクドライブが非搭載で¥11,000安くなっています。

「PS5 デジタル・エディション」では、ディスク版ソフトを遊ぶことができないので、「PS Store」でダウンロード版ソフトを買って遊んでいるユーザーにおすすめになります(参考: 最新情報 | 公式PlayStation™Store 日本)。

ダウンロード版ソフトは、ディスクを入れ替えなくていい、旧作がセールで安く買えるといったメリットがあって、すでにダウンロード版ソフトの方が利用者が多いという話もあります(参考: 「PS5」のダウンロード版のメリット・デメリット!どっちが良い?)。

最近人気を集めている「Steam」もディスク版が存在せずダウンロード版のみの販売なので、今後はゲームソフトはダウンロード版が主流になっていくのではないでしょうか。

▼「PS5 通常版」はこちら

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥60,478 (2022/12/05 02:54:37時点 Amazon調べ-詳細)

▼「PS5 デジタル・エディション」はこちら

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥49,478 (2022/12/04 22:49:16時点 Amazon調べ-詳細)

最後に

今回は、『「PS5」の定価は税込¥60,478!【2022年9月値上げ】』についてご紹介しました。

このように、「PS5」の定価は通常版が¥60,478(税込)、デジタル・エディションが¥49,478(税込)となっています(22年10月9日時点)。

「PS5 通常版」を、競合他社の「Nintendo Switch」、「Xbox」、「Steam Deck」と比較すると、高額な部類に入っています

そのため、「PS5」を購入予定の方は、より安価な「デジタル・エディション」の購入を検討してみるのもアリだと思います。

皆さんも、「PS5」を定価でゲットして、快適に遊んでみてはいかがでしょうか。