「Apple TV 4K」字幕の大きさを小さくする、色を変える方法!本体の「設定」から変更

今回は、「Apple TV 4K」の字幕の大きさを小さくする色を変える方法についてご紹介します。

「Apple TV 4K」の字幕は、日本語フォントに対応していてとても見やすいです。

そんな「Apple TV 4K」の字幕にも1つ気になる点があります。

それは、デフォルトでは文字サイズが大きすぎることです。

そこで今回は、「Apple TV 4Kの字幕の大きさを小さくする、色を変える方法」について見ていきましょう。

「Apple TV 4K」字幕の大きさを小さくする、色を変える方法

デフォルトでは字幕サイズが大きすぎる?

「Apple TV 4K」の字幕は、デフォルトでは「アウトラインテキスト」というものが適用されています。

「アウトラインテキスト」は、日本語フォントが使われていてクッキリと見やすいのが良い点です。

ちなみに、「Fire TV」や「Google TV」では、字幕に中華フォントが使われています。

そんな「Apple TV 4K」の字幕なのですが、「アウトラインテキスト」では文字サイズが大きすぎるのが気になります。

画面の大きさに対して文字が半分近く占めているため、登場人物の表情に重なってしまってイライラします。

そこで「Apple TV 4K」本体の「設定」から字幕の文字サイズを変更していきます。

本体の「設定」から変更

▲「Apple TV 4K」のホーム画面から「設定」を開きます。

▲「設定」を開いたら、「アクセシビリティ」を選択します。

▲「アクセシビリティ」を開いたら、「標準字幕とバリアフリー字幕」を選択します。

▲「標準字幕とバリアフリー字幕」を開いたら、「スタイル」を選択します。

新しい字幕の「スタイル」を作成

▲「スタイル」を開いたら、「スタイルを編集」を選択します。

▲「スタイルを編集」を開いたら、「新規スタイル」を選択します。

▲「新規スタイル」を開いたら、「① 説明」、「② サイズ」、「③ カラー」、「④ 不透明度」の4箇所を変更していきます。

① 説明

▲まずは、「説明」を選択します。

▲「説明」を開いたら、分かりやすいように名前をつけておきます。

今回は、「16:9」にしておきます。

名前を入力したら、「完了」を選択します。

② サイズ

▲次に、「サイズ」を選択します。

▲「サイズ」を開いたら、「」を選択しましょう。

▲「中」を選択したら、「スタイルよりビデオを優先」を「オフ」にします。

リモコンの「MENU」ボタンを押して前の画面に戻ります

③ カラー

▲次は、「カラー」を選択します。

▲「カラー」を開いたら、お好きな色を選択します。

※無難なのは「ホワイト」です。

色を選択したら、「スタイルよりビデオを優先」を「オフ」にします。

リモコンの「MENU」ボタンを押して前の画面に戻ります

▲次に、「不透明度」を選択します。

▲「不透明度」を開いたら、「0%」を選択しましょう。

リモコンの「MENU」ボタンを押して前の画面に戻ります

完了

▲これで、「Apple TV 4K」の字幕の大きさの変更が完了しました。

リモコンの「MENU」ボタンを押して前の画面に戻っていき、新しく作成した「スタイル」が選択されているか確認しましょう。

※今回の場合は「16:9」という名前が選択されていればOKです。

変更後の字幕のサイズ

▲字幕の文字サイズを変更した後に、「Disney+」で作品を再生してみました。

初期設定の「アウトラインテキスト」から少し小さくなって、ちょうどいい大きさになりました。

▲再びこちらが初期設定の「アウトラインテキスト」です。

こうして比較して見てみると、やはり「アウトラインテキスト」は文字サイズが大きすぎます。

Apple TVアプリ、Netflix、Disney+、Amazon Prime Video等に適応される

「Apple TV 4K」の「設定」から字幕の文字サイズを変更すると、「Apple TVアプリ」、「Netflix」、「Disney+、「Amazon Prime Video」等で適応されます。

※「Amazon Prime Video」はほとんどの作品が映像に字幕が焼き込まれているので、「CC」と書かれた作品のみ変更可能です。

「Apple TVアプリ」のシネスコは字幕が小さくなり過ぎる問題

字幕の文字サイズを変更することで、快適に視聴できるようになりました

ところが、「Apple TVアプリ (iTunes映画/Apple TV+)」でシネスコサイズの作品を視聴すると、文字サイズが小さくなりすぎる問題を確認できました。

「Apple TVアプリ (iTunes映画/Apple TV+)」では、なぜか16:9とシネマスコープで字幕の大きさが変わります

16:9のコンテンツでは文字が大きすぎるので「設定」から小さくするとちょうど良くなるのですが、そのままシネマスコープサイズのコンテンツを再生すると字幕が小さすぎて読みづらいです

「Apple TVアプリ」はなぜ「16:9」と「シネスコ」で文字のサイズを変えるんでしょうか?(イライラ)

シネスコ用の「スタイル」を作成

▲「Apple TVアプリ」のシネスコ用のスタイルを作成していきます。

「設定」→「アクセシビリティ」→「標準字幕」→「スタイル」から、「スタイルを編集」を開きます。

▲「スタイルを編集」を開いたら、「新規スタイル」を選択します。

▲「新規スタイル」を開いたら、「① 説明」、「② サイズ」、「③ カラー」、「④ 不透明度」の4箇所を変更していきます。

① 説明

▲まずは、「説明」を選択します。

▲「説明」を開いたら、分かりやすいように名前をつけておきます。

今回は、「シネスコ」にしておきます。

名前を入力したら、「完了」を選択します。

② サイズ

▲次に、「サイズ」を選択します。

▲「サイズ」を開いたら、「」を選択しましょう。

リモコンの「MENU」ボタンを押して前の画面に戻ります

③ カラー

▲次は、「カラー」を選択します。

▲「カラー」を開いたら、お好きな色を選択します。

※無難なのは「ホワイト」です。

色を選択したら、「スタイルよりビデオを優先」を「オフ」にします。

リモコンの「MENU」ボタンを押して前の画面に戻ります

④ 不透明度

▲次に、「不透明度」を選択します。

▲「不透明度」を開いたら、「0%」を選択しましょう。

リモコンの「MENU」ボタンを押して前の画面に戻ります

完了

▲これで、「Apple TV 4K」の字幕の大きさの変更が完了しました。

リモコンの「MENU」ボタンを押して前の画面に戻っていき、新しく作成した「スタイル」が選択されているか確認しましょう。

※今回の場合は「シネスコ」という名前が選択されていればOKです。

変更後の字幕のサイズ

▲字幕の文字サイズを変更した後に、「Apple TV+」でシネスコサイズの作品を再生してみました。

「16:9」用の文字サイズから少し大きくなって、ちょうどいい大きさになりました。

▲再びこちらが文字サイズを「中」にした「16:9」用の設定です。

こうして比較して見てみると、やはり文字サイズが小さすぎます。

アップデートで字幕の文字サイズを改善してほしい

結局のところ、「Apple TVアプリ (iTunes映画/Apple TV+)」の作品を見る際は、毎回「設定」から文字サイズを切り替える必要があります。

今回「16:9」と「シネスコ」の2つの文字サイズを作成したので、コンテンツに応じて選択しましょう。

しかしながら、毎回字幕のサイズを変更するのはかなり面倒です。

そもそもなぜ「Apple TVアプリ (iTunes映画/Apple TV+)」は「16:9」と「シネスコ」で文字サイズが違うのでしょうか?

これは単なるバグなのでしょうか?アップルの中の人は気にならないのでしょうか?

「Apple TVアプリ」の「16:9」と「シネスコ」で文字のサイズが変わらないように変更するだけで良いので、アップデートで改善してほしいところです。

▼「Apple TV 4K」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥22,838 (2024/02/21 22:07:15時点 Amazon調べ-詳細)

▼ドルビーアトモス対応の「DENON DHT-S217」はこちら

最後に

今回は、『「Apple TV 4K」字幕の大きさを小さくする、色を変える方法!本体の「設定」から変更』についてご紹介しました。

このように、「Apple TV 4K」の字幕の文字サイズを変更するには、本体の「設定」から行いましょう。

「設定」→「アクセシビリティ」→「標準字幕」→「スタイル」から、「スタイルを編集」を開くことで、新しい「スタイル」を作成できます。

「Apple TVアプリ (iTunes映画/Apple TV+)」では、「16:9」と「シネスコ」で文字サイズが変わるので注意しましょう。

皆さんも、「Apple TV 4K」の字幕の大きさを変更して快適に利用しましょう。