「Apple TV」とは何?Apple TV 4K、Apple TVアプリ、Apple TV+(プラス)の3種類がある【2024】

Apple TV (アップル・ティーヴィー)」とは何なのでしょうか。

結論から言うと①「Apple TV 4K」、②「Apple TVアプリ」、③「Apple TV+」の3種類があります。

①「Apple TV 4K (アップル・ティーヴィー・よんケー/フォーケー)」は、テレビに接続して使うストリーミング端末で、「Amazon Fire TV」や「Chromecast with Google TV」のような製品です。

②「Apple TVアプリ (App)」は、「iTunes映画」の購入・レンタルや「Apple TV+」、「MLS Season Pass」が視聴できるアプリです。

③「Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)」は、アップルの定額制動画配信サービスで、オリジナルの映画、ドラマ、ドキュメンタリーなどが視聴できます。

そんなわけで今回は、「Apple TVとは何?」について見ていきましょう。

「Apple TV(アップルティーヴィー)」とは何?

① Apple TV 4K

1つ目のApple TVは「Apple TV 4K」です。

「Apple TV 4K (アップル・ティーヴィー・よんけー/フォーケー)」は、テレビに接続して使うストリーミング端末です。

「Apple TV 4K」では、

  • Apple TV+
  • Apple Music
  • Apple Arcade

といったアップルのサービスに加えて、

  • YouTube
  • Netflix
  • Amazon Prime Video
  • Disney+
  • U-NEXT
  • ABEMA
  • hulu
  • WOWOWオンデマンド

などの動画配信サービスを視聴できるほかに、「App Store」のアプリやゲームなどを利用できます。

「Apple TV 4K」のメリットは、iPhoneと同じ「A15 Bionic」などのチップが搭載されているので、処理能力が高いです。

デメリットとしては、性能の高さの割にできることが限られていることです。

「TVer」などの人気アプリに非対応なのは正直クソですし、ゲームアプリもiPhone/iPadに比べて全然ありません。

ですが、「tvOS 17」のアップデートで「FaceTime」に対応するなど着実に進化しているため、今後のアップデートに期待したいところです。

▼「Apple TV 4K 有線LANモデル」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥22,838 (2024/02/24 05:13:25時点 Amazon調べ-詳細)

▼「Apple TV 4K Wi-Fiモデル」はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥19,000 (2024/02/24 08:03:01時点 Amazon調べ-詳細)

② Apple TVアプリ

2つ目のApple TVは「Apple TVアプリ」です。

「Apple TVアプリ (Apple TV App)」は、アップルの動画配信サービスが視聴できるアプリケーションです。

「Apple TVアプリ」は、iPhone、iPad、Mac、Apple TV 4K、Apple Vision Proといったアップル製品の他に、Fire TV/Google TV、スマートテレビ、PS/Xboxなどに対応しています。

「Apple TVアプリ」では、「iTunes映画」の購入・レンタル、「Apple TV+」、「MLS Season Pass」が視聴できます。

「Apple TVアプリ」のメリットは、4K HDR対応に力を入れていることです。

「iTunes映画」では、4K HDR10、Dolby Vision、Dolby Atmos対応作品が1,000本以上配信されていますし、「Apple TV+」ではほぼ全ての作品が4K Dolby Vision、Dolby Atmosに対応しています。

こちらの記事もオススメです: 「Apple TVアプリ(iTunes)」の4K HDR対応映画!作品の一覧【随時更新】

③ Apple TV+

3つ目のApple TVは「Apple TV+」です。

「Apple TV+ (アップル・ティーヴィープラス)」は、アップルの定額制動画配信サービスです。

「Apple TV+」は、月額¥900、または「Apple One」に加入することで(24年2月時点)、アップルの製作するオリジナル作品が見放題で視聴できます。

「Apple TV+」のメリットは、オリジナル作品の製作数の多さとクオリティの高さがあります。

「Apple TV+」には毎月新作が追加されることに加えて、高予算で製作された作品が多く、エミー賞を受賞した「ザ・モーニングショー」、「テッド・ラッソ」、「セヴェランス」の他にも、「ファウンデーション」、「ハイジャック」、「サイロ」といった人気作品が続々と登場しています。

デメリットはオリジナル作品しか見れないことで、アップルのオリジナル作品に興味がなければ加入しても見るものがない状態になってしまいます。

こちらの記事もオススメです: 「Apple TV+(プラス)」の作品一覧!見れるものは?【最新ラインナップ】

視聴はこちら: Apple TV+

▼4K HDR対応テレビ「ハイセンス E6K 43インチ」もオススメです

▼有機ELテレビ「LG C2 48インチ」もオススメです

最後に

今回は、『「Apple TV」とは何?Apple TV 4K、Apple TVアプリ、Apple TV+(プラス)の3種類がある【2024】』についてご紹介しました。

このように、「Apple TV」には①「Apple TV 4K」、②「Apple TVアプリ」、③「Apple TV+」の3種類があります。

ざっくりまとめると、「Apple TV 4K」はハードウェア、「Apple TVアプリ」はソフトウェア、「Apple TV+」は動画配信サービスとなります。

皆さんも、「Apple TV」の利用を楽しんでみてはいかがでしょうか。